人気ブログランキング |

タグ:姫路 ( 183 ) タグの人気記事

姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15421643.jpg

兵庫県立姫路工業高校のデザイン科の作品展に言ってきました。
昔ギターを習っていた生徒さんがこの高校の在校生で今年で卒業になるので、ちょっと作品見てみようかなくらいの軽い気持ちで出かけましたが、気付けば3時間ぐらい中に入り浸っていました。その後用事がなかったらまだまだいたかもしれないです。本当にびっくりしました。姫路工業やるなあ〜。

姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15470629.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15464237.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15481771.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15480986.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_15474005.jpg

まず驚かされたのはレベルの高さとその展示量。展示内容を見るとその内容が非常に多岐に渡っているのがわかります。『平面、立体構成、CG、製図、CAD、3-Dプリンター、絵画、建築、染色、陶芸、皮革 等』
と書かれていたので、それぞれ自分がやりたい分野の作品だけをやっているのかと思いましたが、(おそらくですけど)全員が全部の課題をやらなければいけないようで、展示されている量が本当に膨大です。ここに載せている写真も本当に一部分だけです。

写真撮り損ねましたが、個人的には「点、線、面の配置」や「白から黒へのグラデーション」の課題が興味深かったです。点だったら点だけを配置してデザインするという非常にシンプルな課題なんですが、それだけに個人のセンスや技量が良く分かる面白い課題だなと思いました。絵は本当にからっきしなんですけど、こういう基礎的な部分をしっかりと時間をかけて教えてくれる環境があれば絵が面白くなったかもな、と思いながら見ていました。

そして展示のメインは3年生による卒業制作です。
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16024067.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16044434.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16052057.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16050606.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16055989.jpg
姫路工業高校デザイン科 作品展_d0077106_16052924.jpg


作品の横にレポートが添えてあり読めるようになってたのですが、これがとても興味深い内容でした。

デザイン課を志望した動機、自分の好きを形成し支えてくれた人、モノ、体験(この過密日程の中で部活動を謳歌する強者もかなりいて驚きました。)充実した学園生活への感謝、あるいは眩し過ぎるクラスメイトたちへのまなざし…(これは痛い程よく分かります…素直に表現出来ているのが本当に素晴らしいと思います。)そして好きな事をやっている自分を温かく見守ってくれる家族への感謝。

今年の卒業制作の課題は”ありがとう”ということで、確認した訳ではないですが、おそらく自分なりの”ありがとう”が表現されていれば何でも良い、という大喜利の様な課題だったと思われます。(中にはCGの紙芝居で平成を振り返るというのもあって面白かった。)

でもこの課題は抽象的で自由度が高く、何をやっていいのか正解が無いものなので、その分難しい課題だともいえます。生徒達は課題製作や進路の締切に追われる中で自分なりの”ありがとう”を探し出さなければ無かったはずです。

18年という人生を振り返り、自分はどういう風に生きてきたか、そしてどうなりたいのか、そして何に囲まれて、支えられて生きてきたのか、拙いながらも必死に答えを探している様子がレポートからそして作品からヒシヒシと伝わってきました。自分が同世代だった時を思い出して懐かしくも思いながら、これほど充実した時間を過ごしてきた彼らが本当に羨ましくなりました。指導された方も素晴らしいです。とてもいいものを見せてもらいました。

後、レポートに多く書かれていたのがデザイン課の尋常ではない課題の多さでした。もうほんとうにほぼ全員です(笑)課題が多過ぎて、みんな寝不足で徹夜気味で仕上げたとか…高校時代そんなに勉強した記憶がないですね…
で、その中でスケジュール管理、優先順位の付け方、そして体調管理の大切さを痛感したと書かれていました。それを身をもって体験、体得したというのは本当に素晴らしい。ある子は社会人になる前に体験できて良かったと書いてましたが、本当にその通りで、未だに身に付いてない者としては頭が下がります…
なによりも素晴らしい仲間たちと励まし合い、切磋琢磨しながら共に乗り越えてきたという体験が本当に得難いもので、生涯の宝になると思います。

こういう展示はあまり見に来る事はなかったのですが、また来年も時間を空けて見に行ってみようかなと思いました。いい刺激を頂きました。










by onkichi-yu-chi | 2020-02-14 02:20 | 雑記 | Comments(0)
第29回ストリングコンサート終了!_d0077106_00353240.jpg


ストリングコンサート、無事に終了しました。ギター教室が今年取り組んだ”ボヘミアンラプソディー”は今まで取り組んだ曲の中で一番完成度が危ない出来でした。なにせ当日までまともに通った感じがありません…

リハーサル時にも各パートがそれぞれボロボロでこりゃ本番どうなるものやらと思いましたが、本番までの時間でのみなさんの追い込みと土壇場での開き直り(この辺りは先生譲りだと思われます。)が功をそうして、贔屓目無しに本番が一番いい出来という結果を見事に呼び込みました。勿論アラはいっぱいあるんですけど、本番が一番音楽を楽しめていたようで終演後みんなが笑顔でした。それがとても嬉しいです。

全体合奏での指揮、今年は四回目を迎えましたがようやく指揮ってこんな感じなのかなという感覚を少しだけ味わえました。瞬間、演奏者の意思が一つに纏まった様な感覚とその時の音の余韻がまだ身体の中にじんわりと残っています。あれは一体なんだったのか、またゆっくりと消化したいです。とても貴重な体験をさせてもらったのだなと感じています。

嵐のような一週間でした。そして同じく嵐のようだったこの一年もようやく終わりを迎えようとしています。

by onkichi-yu-chi | 2019-11-18 00:34 | おんきち | Comments(0)
第29回ストリングコンサート_d0077106_01184975.jpg



気がつけばもう二日後に迫ってきました。今年もやりますストリングコンサート。
姫路市の弦楽器団体8団体+全団体合同の計9組の熱い演奏が繰り広げられます。

我らがギター教室YYストリングスは昨年大ヒットした映画”ボヘミアンラプソディー”よりタイトル曲、ボヘミアンラプソディーに挑戦します。

昨年かなり難しいと思われた”雨のあるキューバの風景”が弾けたので、これくらい楽勝だと思ってたらとんでもなかったです。今まで挑戦した曲の中でも最高難度といっても過言ではないです。メンバーの皆さん頭を抱えながらも果敢に挑戦してくれていますが、合奏の練習の度にとんでもない曲に手を出してしまったなあ…と思う事もしばしばでした。

しかし頑張りの甲斐あって、この最後の二週間ぐらいでアンサンブルの精度がぐっと高まってきました。こちらもみなさんの頑張りに応えられるよう、指揮台の上で最後まであがいてみようと思います。

第29回ストリングコンサート_d0077106_01271966.jpg


そして、全員での大合奏も今年はQueen! We are the Champions!
曲が曲だけにギターで全力で演奏してみたかった気もしますが、フレディーになったつもりで全身全霊でみんなの音を引き出してみたいと思います。

会場はパルナソスホール
13:00開場、13:30開演、入場無料です!

みなさまのご来場をストリングコンサートのメンバー一同お待ちしております。

by onkichi-yu-chi | 2019-11-15 01:32 | Concert information | Comments(0)

つまぶきゆみ

つまぶきゆみ_d0077106_13470662.jpg
10/27に参加する姫路ミュージックストリートの情報です。
今年はトリオ ”つまぶきゆみ” で参加する事になりました。自分の参加するグループに名前をつけたのは大学でボサノバのバンドを組んでから以来でしょうか…

フルート、ギター、チェロでアンサンブルをやってみるというのは長年の夢の一つでした。フルートとギター、チェロとギターという組み合わせは個別にやったことはありますが、高音域を自在に歌うフルート、中低音を支えながら、ソロにも回れる機動力のあるチェロ、それをギターで繋げられたらアンサンブルの可能性も飛躍的に広がるし、どんなにか面白いだろうなというのが思いつきの発端です。それぞれの楽器の音もとても好きですし。

今回は深江亮太さん、水野奈美さんという二人の素敵な演奏家が協力してくれる事になりました。お二人とも上手いし、なによりとても魅力的な音を持った音楽家です。

今日は初めての合わせの日でした。譜面もそろったばかりのほぼ初見大会…久しぶりに合わせる他楽器の、しかも同時に鳴るフルートとチェロのスピード感、音圧に圧倒されながら、それでもお互いにあーでもないこうでもないとアイデアを出しながらあっという間の4時間でした。楽しかったです。

当日はバッハ、ベートーベン、ジュリアーニ、サンサーンス、吉松、ムソルグスキーと盛りだくさんの内容でお届けする予定です。

ここ一ヶ月格闘を続けていた展覧会の絵は勿論、それぞれの楽器の一対一のアンサンブルも入ります。これだけ聞けて入場料は無料。大変お得なコンサートになっております。会場は今年特にお世話になっている姫路市立美術館、今回は二階にある講堂での演奏になります。会場のキャパは100人程と少なめなのが少し残念です。

ギターと他楽器のアンサンブルの好きな方もそうでない方も是非。

by onkichi-yu-chi | 2019-10-01 13:45 | Concert information | Comments(0)

展覧会の絵

展覧会の絵_d0077106_13433169.png
激闘146ページ。やっと終わった…

途中で何度もこれ終わるんだろうか…という不安に駆られましたが、ラベルの原曲へのリスペクトに溢れるオーケストレーションの巧みさ、なによりムソルグスキーの原曲の素晴らしさに助けられながらなんとか最後まで辿り着きました。しんどかったけど、楽しい仕事でした。展覧会の絵、本当に素晴らしい曲です。勿論言わずと知れた名曲ですし、聞いた事も数知れずです。でも実際に見てみるとこんなにスゴい曲だとは…譜面を見ながら身震いしたのは初めてかも知れません。
アレンジしながら何度もドビュッシーがムソルグスキーについて書いていた言葉が頭を過りました。

”私たちのうちにあるもっともよいものを、彼ほど優しく深みのある口調で話した者はいない。前例のないその芸術、ひからびたきまり文句のないその芸術によって、彼は独自だし、今度もまた独自であり続けるだろう。かってかくも洗練された感受性が、かくも単純な方法で翻訳されたためしはない。”

まだ譜面が出来ただけなんですけど、本当にいい勉強させてもらったなと思います。さて、問題はこれからなのですが…

by onkichi-yu-chi | 2019-09-28 13:42 | おんきち | Comments(0)
第44回GLC学生ギターコンクール_d0077106_13223127.jpg


少し前の話になりますが、当教室で学んでいる神田 陽さんが8/6(火)に豊洲シビックセンターホールにて開催された第44回GLC学生ギターコンクールの大学生部門に挑戦し、見事一位入賞しました。おめでとうございます!

学生ギターコンクールは村治佳織、木村大といった著名なギタリストも入賞者に名を連ねており、その入賞者の中には現在第一線で活躍している方が数多く見受けられます。このコンクールの歴史はそのまま日本のクラシックギターの歴史と言っても過言ではありません。

神田さんは高校時代からこのコンクールに挑戦して、二年前に三位、そして今回は一年がかりで入念に準備して見事に一位を獲得しました。音楽の他にもしっかりと学業に励みながら、この結果は本当に素晴らしいです。

私も大学時代に何度か挑戦しましたが、結局入賞する事は出来なかったですね…
でも丁度20年後にまさかこんな結果が出るとは思いませんでした。感慨深いです。

それで冒頭の写真です。最近は滅多に読む事もなくなった現代ギターなんですが、コンクールのレポートが載っているということで本当に久しぶりに購入してしまいました。久しぶりに読んでみると昔はチンプンカンプンだった理論とか音楽史がスゴく面白く読めるようになっていたのにちょっと驚きました。




by onkichi-yu-chi | 2019-09-24 13:36 | 雑記 | Comments(0)


カタルーニャのギター音楽〜二回目_d0077106_11465775.jpg


"カタルーニャのギター音楽" 二回目が終了しました。有り難い事に多数のお客様にご来場頂けました。ありがとうございます。
先ずはこの企画を提案して頂いた、姫路市立美術館と市の方々に心より感謝申し上げます。これだけスペイン、しかもカタルーニャにこだわったプログラムは初めてで、困難もありましたが、クラシックギタリスト冥利に尽きる仕事でした。

タレガ、リョベート、アルベニス、グラナドス、同時代にたまたま傑出した才能が集まっていた訳ではなかったのでした。美術で、建築で、演劇で、様々な才能がバルセロナに集まり、試行錯誤、切磋琢磨するなかで時代を動かす大きな流れが生まれて来たのだと思います、上にあげたギタリスト、作曲家達もその大きな流れや時代の熱、あるいはその裏に生じた影を感じながら活動していたに違いありません。

今回なによりも嬉しかったことは展覧会にコンサートを聞きに来場した何人もの方から、”コンサートも良かったし、内容が展示にとてもマッチしていて、展示も楽しめた”と仰ってくれたことです。

私自身、それほど美術に詳しい訳ではないですが、今回の展示は非常に興味深く、また何度でも見に行きたい、また違う種類の展覧会にも行ってみたいと強く感じさせてくれるものでした。

こうやって、これまでは関心を持たなかった新しいものへの興味を持つ橋渡しになれたなら、これに勝る喜びはないです。
改めてご来場された皆様、ありがとうございました。

とりあえず、今年の前半の大きな仕事が終わってホッと一息ついていますが、秋頃からもまた忙しそうです。
一休みして、充電しながら秋への準備に入って行きたいと思います。


カタルーニャのギター音楽〜二回目_d0077106_11471014.jpg

by onkichi-yu-chi | 2019-08-04 11:48 | おんきち | Comments(0)

サマーコンサート vol.22


サマーコンサート vol.22_d0077106_12511364.jpg


生徒さんに”先生はいつも宣伝がギリギリですね〜”
と言われております、返す言葉もございません…

二日後の7/19(金)に姫路キャスパホールで開催されるサマーコンサートに出演します。今回は林裕美子先生と今年没後60年を迎えるヴィラロボスのブラジル風バッハと、ブラジルの子守歌、青い鳥をご一緒します。ブラジル風バッハはバイオリンやフルート、チェロとは何回かやったことがあるのですが、歌とは実はこれが初めての機会になり、とても楽しみです。

最後には他の出演者と一緒の大合奏に参加します。ピアノ、マリンバ、フルート、バイオリン、歌と一緒にギターで参加するというのはなかなか貴重な経験でこれもとても楽しいものになると思います。

会場:姫路キャスパホール
開演:18:30 開場(18:00)

まだチケットありますので、お時間のある方は是非お問い合わせ下さい。

by onkichi-yu-chi | 2019-07-17 12:52 | Concert information | Comments(0)

カタルーニャのギター音楽〜初回_d0077106_12455082.jpg


"カタルーニャのギター音楽"一回目が無事終了しました。当日は多くの方にご来場頂き有り難うございました。

またもう一度、7/28に演奏機会があります。ご来場される方は室温がかなり低め(美術品を守るため温度はどうしても低くしないといけないらしいです。)ですので、ストール等一枚何か羽織るものを用意しておかれるといいかもしれません。

下の写真はカタログの表紙です。一部頂く事が出来ました。これが大型辞書のように分厚いのですが、カタルーニャの当時の政治の情勢、歴史、文化の流れを説明しながら作品について細かな説明があるのでとても面白く読み応えのあるものです。これにしっかり目を通して二回目に臨みたいと思います。

来てくれた方が、”芸術というのは個別に存在しているものかと思っていたが、それを育む歴史、文化が存在した上で、そこから産まれてくるというのがよく分かった。”
と有り難い言葉をかけて下さいました。

コンサートの日程が合わない方も、是非展示だけでも見に来て下さい。タレガやリョベートが過ごしたバルセロナの時代、その空気の片鱗を感じて頂けると思います。

カタルーニャのギター音楽〜初回_d0077106_12452306.jpg

by onkichi-yu-chi | 2019-07-08 12:42 | 雑記 | Comments(0)

カタルーニャのギター音楽_d0077106_15230190.jpg

今月の頭から姫路市立美術館で"奇蹟の芸術都市”バルセロナ”という展示が始まりました。このイベントの一巻として美術館内で、”カタルーニャのギター音楽”という内容でソルやタレガ、リョベート、アルベニス、グラナドスと言ったカタルーニャ縁の作曲家を集めたコンサートをすることになりました。

7/7と7/28の二日間、14:00〜15:00です。

美術館の入場料で鑑賞出来ます。
ピカソやガウディ、ミロにダリといった美術界のスーパースターの作品に囲まれて演奏する機会はもう人生で一度きりだと思います。身に余る光栄で、武者震いしてます。皆様もご都合がつけば是非姫路市立美術館まで足をお運び下さい。

カタルーニャのギター音楽_d0077106_15231060.jpg

by onkichi-yu-chi | 2019-07-05 15:24 | Concert information | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29