タグ:クラシックギター ( 230 ) タグの人気記事

発表会のお知らせ

d0077106_12495343.png
いつもギリギリになってしまいますが、教室の発表会のお知らせです。

6/17日)
会場:イーグレ姫路 地下アートホール
開場13:00 開演13:30


今回はゲストとして益田展行さんに来て頂きます。
ソロで数曲弾いて頂いてから、二重奏でソルのアンクラージュマンを演奏する予定です。

この日に向けて、生徒さんも皆さん一生懸命練習してきました。
本番にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、毎年楽しみです。

入場無料です。どなたでもご来場出来ますが、
ビデオの撮影や録音はご遠慮下さい。
皆様のご来場をお待ちしております。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2018-06-15 12:54 | Comments(0)
d0077106_15211501.jpg


コンサートのお知らせです。

今年は"ギターで奏でる 歌う 日本の歌"と題しまして、邦人作曲家の曲を集めてみました。
ギターソロの他、花の街や荒城の月などよく知られた日本の歌曲をソプラノの林裕美子先生とご一緒に。
またチェロの水野奈美さんも交えて、3人で武満徹のSONGSを一緒に演奏します。

皆様のご来場をお待ちしております。

ギター室内楽コンサート "ギターで奏でる 歌う 日本の歌"
日時:2018年5月20日(日) 
13:30開場 14:00開演
​場所:姫路キャスパホール
入場料:当日 2000円 前売り 1500円 高校生以下 1000円

プログラム        
中田 章:早春賦
團 伊玖磨:花の町
滝 廉太郎:荒城の月
伊福部 昭:ギターのためのトッカータ
武満 徹:SONGSより



主催 渡辺悠也ギター教室後援 姫路市・姫路市教育委員会・公益㈶姫路市文化国際交流財団
お問い合わせ先 info@himeji-guitar.com
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2018-04-24 15:26 | Concert information | Comments(0)

2018 

d0077106_12355674.jpg
新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

長い間やりこんでいたJazz Solfegeが終了した!と思っていたら第二巻が出ていることを知ったのでこっちの練習も始めてみました。前作の発展的なやつでこれもやってて面白いです、やり応えありますね。

それだけじゃちょっと物足りないかなと思ったので、チャーリーパーカーオンギターっていう本も買ってみました。有名なジャズトランペット奏者チャーリーパーカーの演奏をギターで弾けるように採譜し直した労作です。実際はこれをギターで弾くのでなく、最初のテーマとアドリブ部分をソルフェージュで歌う練習用に使おうと思ってます。覚えたら弾けるようになるでしょう、多分。

最近、ジャズ関係の本ばっかり集めている気がします。アドリブは全然出来ないし、やろうとも思ってないんですけどね(笑)



[PR]
by onkichi-yu-chi | 2018-01-11 12:41 | おんきち | Comments(0)
ストリングコンサート無事に終了しました!
今回は初めてのキャスパホールでの開催。普段やっているパルナソスホールに比べ色々と狭くなるので色々と心配事がありましたが、終わってみれば無事に開催する事が出来ました。このコンサートに向けてしっかりと打ち合わせをしてきたスタッフの皆様と参加者の皆さんがしっかりと自分たちのやるべき事を把握出来ていたからだと思います。お疲れさまでした。

d0077106_00212378.jpg


ギター教室は藤井敬吾さんの”シャボン玉変奏曲”を演奏しました。本番までどうなるものかと心配事はつきませんでしたが、終わってみれば本番が一番良かったと思います。みんな本番に強いな(笑)


d0077106_00223731.jpg


昨年に引き続き、全体合奏の指揮も振らせてもらいました。拙い指揮にも関わらず、エンターテイナー、スパニッシュメドレー、共にみなさんノリノリの演奏をしてくれました。演奏が終わってからブラボーを聞いたのは初めてでした。
みなさんいい演奏をありがとうございました。とても楽しかったです。

この日は一切楽器に触っていないにも関わらずエネルギーを使い果たしてくたくたになりました…
でも心地よい疲労感でした。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-21 00:34 | Comments(0)

BWV998 fugue

d0077106_10221048.png

明日のストリングコンサートで演奏する、"シャボン玉変奏曲"の最終変奏部分がフゲッタ(小さなフーガ)になっているのですが、それを指導したり指揮してたらふと思いついたので譜面を作成してみました。BWV998のフーガのスコアです。もともとソロで弾く曲なのですが、それぞれのパートを分離して三重奏のスコアにしてみました。これいつかみんなでアンサンブルで弾いたら面白いかも。

おっと、まだコンサート終わっていなかった。今日が最終練習日。明日が本番です。頑張ります!

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-17 10:26 | おんきち | Comments(0)

弦張り替え!

d0077106_14343649.jpg


普段はなかなか弦を張り替えなくて、生徒さんにも
”先生、それ そろそろ張り替えた方が良くないですか?”
なんて言われたりするくらいなんですが、二週間前に張り替えた弦を総取っ替えしました。
ギタリストによっては全然珍しくないペースでの張り替えですが、自分にとってはあまりないケースです。

張り替え当初から、ビンビンとうるさかったのを我慢して使ってたのですが、武満とかのキレイなpの和音なんかを弾いている時に後ろで”ビーン、ビーン”言ったりしてたのでもう我慢出来ずに張り替えました。張り替える前はひょっとしてギターの方に原因があったりするのかなとドキドキしてましたが、張り替えるとあれだけ五月蝿かった雑音がスッキリ消えたので一安心しました。

弦はいつも通信販売でまとめ買いしてそれを少しずつ使っています。そうすると最後に張る弦は購入してから半年後、なんてことも良くおこるのですが、どうも買った始めはあまり不良弦に当たらずに、後半になると不良弦に当たる確率が高くなっている気がします。そうすると購入してから使うまでの間に劣化しているということなのかな…

まとめ買いもちょっと考え直さないといけないかもしれません。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-10 14:43 | 雑記 | Comments(0)

ギター合奏練習

d0077106_15023807.jpg

昨日に引き続き合奏の練習です。
今日はギターだけの合わせ。普段は金曜にしてますが、平日に来れない社会人の方も来れるように土曜日に練習しました。初合わせの方も何人かいましたけど流石に経験値が多い分スムーズに音の中に入っていけたのではないかと思います。

大人と子供と一緒に合わせると子供は感覚的に音を合わせる人が多いのですが、大人は曲の仕組みを理解してから入っていく方が多くてこの辺の違いが興味深いです。

普段はソロの練習をしているメンバーとアンサンブルの練習をするといつもと違う様子が見えて面白いですね。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-28 15:10 | おんきち | Comments(0)

最近読み始めた曲

d0077106_11595426.jpg

最近読み始めた曲集です。
といってもそれぞれの楽譜の中の一曲ずつですが。

伊福部昭と武満徹、どちらも日本を代表する作曲家です。

武満徹の"森のなかで"は彼の最晩年の作品で、もう繊細の極みの様な曲です。伊福部昭の曲は初めて弾きますが、武満と打って変わって原始的で力強い。ちょっと暴力的でさえあります。流石にゴジラの作曲家ですね。弾くにあたって色々と他の楽器の伊福部作品を聞いていますが、どの作品も聞いて一発で分かる伊福部印がガッツリと押してあります。

この中で"ギターのためのトッカータ"という曲を練習しているのですが、普段滅多に押えない低音弦のハイポジションがガンガン出て来て、それはまあ押えられるのですが、押えた弦の裏側が共鳴してビリビリ言ってます…人前で演奏する時は状態のいい弦じゃないとヤバい事になりそうです。これはちょっと心配。でも伊福部さんの作風だったら許容されそうな気もするし。さてどうなるかなっ。練習練習♪

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-26 12:17 | おんきち | Comments(0)
d0077106_12502303.jpg


今年もこの季節が近づいてきました。
姫路の弦楽器を演奏する団体が集まっての一大イベントストリングコンサートです。
教室としての参加はどれくらいになるのかなと思って数えてみると…

ストリングコンサート終了

これが初回ですね、2011年だからもう7回目、教室としての参加は6回目になりますね。
もうこんなに長い時間参加してたのですね…

気がつけば毎年の恒例行事になっていますが、こういう異種交流のコンサートは自分にも生徒にも大きな勉強の場になっています。有り難い事です。

今年は会場がいつものパルナソスホールが改修中で使えないので、姫路駅前のキャスパホールになっています。キャスパホールは交通のアクセスはいいのですが、この規模のコンサートを開催するには少しキャパが狭い。パルナソスは音響は抜群ですがアクセスが不便で少し大き過ぎる。うーん、悩ましいところですね。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-24 12:59 | Comments(0)
d0077106_12455930.jpg

マルコメローニマスタークラス、受講してきました。二年ぶりの受講でしたがちゃんと顔覚えててくれて嬉しかったです。

今回はダウランドのファンシーで受講。タブラチュアから楽譜に移したものを演奏する際の注意点などを指摘してくれて、分からないけれどなんとなく弾いていた部分の謎がスイスイと解けていきました。

これも嬉しかったのですが今回はアーティキュレーションの部分でとても勉強になりました。対位法的な部分でここはちょっと切った方がいいという話になった時に

”ここは切る、ここは切らないという一般的なルールというのは存在するのですか?”

と質問すると、

”それは難しい質問で色々と意見はある。自分の場合、先生から引き継いだやり方でやっているけど。”

と前置きした後に

”例えば二つの部屋があってそれぞれの部屋に君と私がいるとする。全く同じ調度品があるとしても君と私では部屋の調度品の配置は全く変わってくるだろう。それは本棚にしても同じでどの本をどのように配置するかは人によって違う。問題はそこに自分が納得出来るルールがあるかどうかなんだ。”

と言われた話はとても納得がいくものでした。アーティキュレーションは自分の中では少し曖昧にしてあって手をつけられずに置いておいた部分ではあったのですが、今回のレッスンを受けて自分でもやっていけそうだし、もっと積極的に勉強ができるという自信がつきました。

実際マルコのやったようにアクセントを付けて弾くと非常に分かり易かったし、それをもとに次はどういう風に付けていけばいいかというのも発想が色々と沸いて来て面白かったです。レッスンの中でも言われていたけどアーティキュレーションは正に話術のようで人それぞれ違っていていいんですね。

あっという間のレッスンでしたが本当に楽しく充実した時間を過ごせました。今日のコンサートを聞きにいけないのが本当に残念でしたが、”またあいましょう”と言われたので次の機会を楽しみに待っておきます。

それとイタリア語、フランス語の他にスペイン語もいけるという事が判明したので、次はスペイン語でちょっとでも会話出来るようにスペイン語の勉強も頑張りたいと思います。


[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-08-25 12:47 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30