人気ブログランキング |

タグ:クラシックギター ( 264 ) タグの人気記事

みなさんあけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

生徒さんの中には医療従事者や、高齢者の介護施設等で働く方もいて、まずはこのコロナ騒ぎが落ち着くことを第一に願うのですが、個人として今年の目標は。

・昨年断念したコンサートを開催する。
・youtubeに動画を52本以上アップする。

にしようと思います。

また、今までやらなかった事柄に出来るだけ多く取り組んでみたいとも考えています。2021年を振り返った時、やり残したことが何もない一年だったと思えるよう、全力で走り抜けます。

ついでに今年最初の動画を紹介します。カルカッシの練習曲op.60-12。ようやく中間地点かと思いきや、全部で25曲なのでまだ折り返しにもきてなかったのでした。

できれば今年の前半中に終わらせたいのですが後半は結構しんどいのもあるんですよね…

ニ長調、転回形を多用して和声を繋いでいくとても綺麗な曲です。練習曲ですけどカルカッシの自由な発想を感じます。



by onkichi-yu-chi | 2021-01-07 15:11 | 雑記 | Comments(0)
今年のストリングコンサートが終わってそろそろ一ヶ月になります。時の経つのは早いです、今年は特にそれを感じることが多かったです。

このコロナ禍の中今年も開催するべきなのかどうなのか、参加する団体が皆悩みました。それでも参加したいという団体が集まって、ギリギリまで協議をして、入場制限、参加者、入場者の検温、会場の消毒等出来る限りのコロナ対策も実施してなんとか開催できました。

いつもと異なる雰囲気、少ない観客、恒例の大合奏もないという少し寂しい状況ではありましたが、そんな中でもコンサートが出来ることは大きな喜びでした。

今年は指揮者ではなく演奏者として生徒の皆さんと同じ舞台にたちました。その様子を動画にしたのでご覧ください。

今年は大きなコンサートはこれだけになりましたが、来年こそはまたソロのコンサートも再開しようと思います。





by onkichi-yu-chi | 2020-12-16 11:51 | 雑記 | Comments(0)

"せんせーのyoutube知らない曲ばっかりだから、知ってる曲弾いて?"
との学生の生徒さんのリクエストにお答えして弾いてみました。映画”鬼滅の刃”より”炎/LiSA”

鬼滅の刃、原作は大好きなのですがまさかここまでのヒットをするとは思いもよりませんでした。
先日、騒ぎもひと段落したようで家族で見に行ってきました。客席も流石に落ち着いていて空席もありましたので落ち着いてみることが出来ました。面白かったです。

by onkichi-yu-chi | 2020-11-21 00:59 | Recording | Comments(0)

カルカッシ op.60-7



カルカッシ op60-7。6番と同じくコンクールの課題曲の定番です。冒頭のトレモロから始まって、豊富なフィンガリングパターンのアルペジオが織り込まれているいい練習曲ですが、なかなかに手強いです。実際コンクールでも痛い目にあった曲でした…

なかなか納得のいくものが取れなかったですが、録音中も録音後に動画の確認作業でも自分のクセが分かるとても勉強になる曲でした。

by onkichi-yu-chi | 2020-08-14 00:08 | Recording | Comments(0)

バッハのコラール BWV38より Aus tiefer Not schrei ich zu dir。
前回は生徒さんに手伝ってもらいましたが今回は一人での多重録音。
左側が1stと2ndを右側が3rdと4thを演奏したもので、バラバラに演奏した動画を合成しました。

コラールも渋くてかっこいいのですが、BWV38全体がすごく印象深い音楽です。
バッハは毎週の日曜礼拝の為に合唱団の指導をしながら曲を書いていたと言われています。
中には昔の曲の使い回しをしていたということも言われていますが、日々の雑務に追われる中いわゆる流れ作業の中でこういう音楽をサラッと書いていたと思うとやはりすごい作曲家です。



by onkichi-yu-chi | 2020-08-12 21:09 | Recording | Comments(0)

Spiegel im Spiegel


久しぶりに動画作成で夜更かしです。一つの動画の中に複数の動画を入れ込むことが出来ることが最近判明して色々と実験してました。スペックギリギリのmacbookをブオンブオン唸らせながらなんとか完成しました。

毎年秋に開催されているストリングコンサート、今年は開催が危ぶまれてはいますがまだ開催の予定で進んでいます。そのコンサートで演奏できないかなと思ってアルヴォペルトの ”鏡の中の鏡” をギター3台用にアレンジして弾いてみました。

何人かの人に見てもらうと ”音が少なすぎて逆に恐ろしい…” と言う方もいれば、 ”あ、これいけそうですね。” という反応もあり様々でした。音が少なすぎて怖いというのもよくわかります。実際録音するときはかなり緊張するのかなと身構えていましたが、不思議なことにあまり緊張せず、気がついたらかなりの時間が経っていて時間感覚の変化に驚きました。座禅を組んでいる時のような感覚に近い音楽かもしれません。

by onkichi-yu-chi | 2020-08-02 01:54 | Recording | Comments(0)

7/28はバッハの命日らしいです。
教室の若者三人に協力してもらって、バッハのコラールを録音しました。

それぞれ違う場所で録音したものを合成したので、いろんな生活音が混ざったりずれている部分もありますが、これはこれで味のある録音と言えなくもないかな。協力してくれたみんな、どうもありがとう。

by onkichi-yu-chi | 2020-07-28 01:36 | Recording | Comments(0)

カルカッシ op60-6


カルカッシop60-6です。

60-1と同じくハ長調で上下の声部の対話と共通点が多いですが、スケールで進行して上下が交互に進行していく60-1とは違って、この曲は1対4の対位法で進行して途中で上下がひっくり返る構成になっていて、対話する曲でも違うタイプの曲にしているところに工夫を感じます。

今も昔もコンクールの課題曲になることが多くて、大学時代にテープ審査の為に録音したのを思い出して懐かしかったです。

by onkichi-yu-chi | 2020-07-22 12:12 | Recording | Comments(0)

カルカッシ op60-5


カルカッシop60-5

カルカッシのこの練習曲集は技術的なポイントに焦点をあてて、ワンアイデアで統一されて書かれている曲が多です。この曲は右手の親指とそれ以外の指で交互に弾く練習曲のようですが、少し毛色が違って色々なアイデアが混在している感じです。弾きにくいところもありますが、弾いていて楽しい曲でした。

終盤にD46→D7→Tという動きが二回出てくるのですが、その前の和音が一回目はC#Dim、二回目はA7第二転回形-5の和音と少しずつ和音の形を変えているところに工夫を感じます。

by onkichi-yu-chi | 2020-07-16 12:07 | Recording | Comments(0)

カルカッシ op60-4


カルカッシop60-4

スラーの練習曲ですが、移動がかなり大きいのでポジション移動の練習にもいいです。というかそっちの方が主眼になってるのかなこれ。

いい練習になるんですけど、あんまり他人が弾いているの聞いたことないですね。

by onkichi-yu-chi | 2020-06-24 12:04 | Recording | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31