人気ブログランキング |

タグ:アンサンブル ( 109 ) タグの人気記事

今年のストリングコンサートが終わってそろそろ一ヶ月になります。時の経つのは早いです、今年は特にそれを感じることが多かったです。

このコロナ禍の中今年も開催するべきなのかどうなのか、参加する団体が皆悩みました。それでも参加したいという団体が集まって、ギリギリまで協議をして、入場制限、参加者、入場者の検温、会場の消毒等出来る限りのコロナ対策も実施してなんとか開催できました。

いつもと異なる雰囲気、少ない観客、恒例の大合奏もないという少し寂しい状況ではありましたが、そんな中でもコンサートが出来ることは大きな喜びでした。

今年は指揮者ではなく演奏者として生徒の皆さんと同じ舞台にたちました。その様子を動画にしたのでご覧ください。

今年は大きなコンサートはこれだけになりましたが、来年こそはまたソロのコンサートも再開しようと思います。





by onkichi-yu-chi | 2020-12-16 11:51 | 雑記 | Comments(0)

バッハのコラール BWV38より Aus tiefer Not schrei ich zu dir。
前回は生徒さんに手伝ってもらいましたが今回は一人での多重録音。
左側が1stと2ndを右側が3rdと4thを演奏したもので、バラバラに演奏した動画を合成しました。

コラールも渋くてかっこいいのですが、BWV38全体がすごく印象深い音楽です。
バッハは毎週の日曜礼拝の為に合唱団の指導をしながら曲を書いていたと言われています。
中には昔の曲の使い回しをしていたということも言われていますが、日々の雑務に追われる中いわゆる流れ作業の中でこういう音楽をサラッと書いていたと思うとやはりすごい作曲家です。



by onkichi-yu-chi | 2020-08-12 21:09 | Recording | Comments(0)

Spiegel im Spiegel


久しぶりに動画作成で夜更かしです。一つの動画の中に複数の動画を入れ込むことが出来ることが最近判明して色々と実験してました。スペックギリギリのmacbookをブオンブオン唸らせながらなんとか完成しました。

毎年秋に開催されているストリングコンサート、今年は開催が危ぶまれてはいますがまだ開催の予定で進んでいます。そのコンサートで演奏できないかなと思ってアルヴォペルトの ”鏡の中の鏡” をギター3台用にアレンジして弾いてみました。

何人かの人に見てもらうと ”音が少なすぎて逆に恐ろしい…” と言う方もいれば、 ”あ、これいけそうですね。” という反応もあり様々でした。音が少なすぎて怖いというのもよくわかります。実際録音するときはかなり緊張するのかなと身構えていましたが、不思議なことにあまり緊張せず、気がついたらかなりの時間が経っていて時間感覚の変化に驚きました。座禅を組んでいる時のような感覚に近い音楽かもしれません。

by onkichi-yu-chi | 2020-08-02 01:54 | Recording | Comments(0)

7/28はバッハの命日らしいです。
教室の若者三人に協力してもらって、バッハのコラールを録音しました。

それぞれ違う場所で録音したものを合成したので、いろんな生活音が混ざったりずれている部分もありますが、これはこれで味のある録音と言えなくもないかな。協力してくれたみんな、どうもありがとう。

by onkichi-yu-chi | 2020-07-28 01:36 | Recording | Comments(0)

Nun lob, mein Seel, den Herren


こんな機会もあまりないと思うので、以前からやっていたバッハのコラールの録音を再開することにしました。それも折角だから周りの人に協力してもらいながら。やり方としては

・4thだけを録音して、それを録音できる人に送る。
・録音してもらったパートを合成して次の人に送る。

このやり方で完成を目指します。今回は私が4thと2ndを録音して1stと3rdを他の人に録音してもらいました。3rdはギターではなくマリアハープです。

まだまだ先は長い(300曲以上…)ですが、時間だけはありそうなので気長に続けていきたいと思います。これを見て興味のある方は是非ご連絡下さい、一緒にバーチャルアンサンブルを楽しみましょう。

by onkichi-yu-chi | 2020-04-20 06:58 | Recording | Comments(0)
第29回ストリングコンサート終了!_d0077106_00353240.jpg


ストリングコンサート、無事に終了しました。ギター教室が今年取り組んだ”ボヘミアンラプソディー”は今まで取り組んだ曲の中で一番完成度が危ない出来でした。なにせ当日までまともに通った感じがありません…

リハーサル時にも各パートがそれぞれボロボロでこりゃ本番どうなるものやらと思いましたが、本番までの時間でのみなさんの追い込みと土壇場での開き直り(この辺りは先生譲りだと思われます。)が功をそうして、贔屓目無しに本番が一番いい出来という結果を見事に呼び込みました。勿論アラはいっぱいあるんですけど、本番が一番音楽を楽しめていたようで終演後みんなが笑顔でした。それがとても嬉しいです。

全体合奏での指揮、今年は四回目を迎えましたがようやく指揮ってこんな感じなのかなという感覚を少しだけ味わえました。瞬間、演奏者の意思が一つに纏まった様な感覚とその時の音の余韻がまだ身体の中にじんわりと残っています。あれは一体なんだったのか、またゆっくりと消化したいです。とても貴重な体験をさせてもらったのだなと感じています。

嵐のような一週間でした。そして同じく嵐のようだったこの一年もようやく終わりを迎えようとしています。

by onkichi-yu-chi | 2019-11-18 00:34 | おんきち | Comments(0)
第29回ストリングコンサート_d0077106_01184975.jpg



気がつけばもう二日後に迫ってきました。今年もやりますストリングコンサート。
姫路市の弦楽器団体8団体+全団体合同の計9組の熱い演奏が繰り広げられます。

我らがギター教室YYストリングスは昨年大ヒットした映画”ボヘミアンラプソディー”よりタイトル曲、ボヘミアンラプソディーに挑戦します。

昨年かなり難しいと思われた”雨のあるキューバの風景”が弾けたので、これくらい楽勝だと思ってたらとんでもなかったです。今まで挑戦した曲の中でも最高難度といっても過言ではないです。メンバーの皆さん頭を抱えながらも果敢に挑戦してくれていますが、合奏の練習の度にとんでもない曲に手を出してしまったなあ…と思う事もしばしばでした。

しかし頑張りの甲斐あって、この最後の二週間ぐらいでアンサンブルの精度がぐっと高まってきました。こちらもみなさんの頑張りに応えられるよう、指揮台の上で最後まであがいてみようと思います。

第29回ストリングコンサート_d0077106_01271966.jpg


そして、全員での大合奏も今年はQueen! We are the Champions!
曲が曲だけにギターで全力で演奏してみたかった気もしますが、フレディーになったつもりで全身全霊でみんなの音を引き出してみたいと思います。

会場はパルナソスホール
13:00開場、13:30開演、入場無料です!

みなさまのご来場をストリングコンサートのメンバー一同お待ちしております。

by onkichi-yu-chi | 2019-11-15 01:32 | Concert information | Comments(0)

つまぶきゆみ

つまぶきゆみ_d0077106_13470662.jpg
10/27に参加する姫路ミュージックストリートの情報です。
今年はトリオ ”つまぶきゆみ” で参加する事になりました。自分の参加するグループに名前をつけたのは大学でボサノバのバンドを組んでから以来でしょうか…

フルート、ギター、チェロでアンサンブルをやってみるというのは長年の夢の一つでした。フルートとギター、チェロとギターという組み合わせは個別にやったことはありますが、高音域を自在に歌うフルート、中低音を支えながら、ソロにも回れる機動力のあるチェロ、それをギターで繋げられたらアンサンブルの可能性も飛躍的に広がるし、どんなにか面白いだろうなというのが思いつきの発端です。それぞれの楽器の音もとても好きですし。

今回は深江亮太さん、水野奈美さんという二人の素敵な演奏家が協力してくれる事になりました。お二人とも上手いし、なによりとても魅力的な音を持った音楽家です。

今日は初めての合わせの日でした。譜面もそろったばかりのほぼ初見大会…久しぶりに合わせる他楽器の、しかも同時に鳴るフルートとチェロのスピード感、音圧に圧倒されながら、それでもお互いにあーでもないこうでもないとアイデアを出しながらあっという間の4時間でした。楽しかったです。

当日はバッハ、ベートーベン、ジュリアーニ、サンサーンス、吉松、ムソルグスキーと盛りだくさんの内容でお届けする予定です。

ここ一ヶ月格闘を続けていた展覧会の絵は勿論、それぞれの楽器の一対一のアンサンブルも入ります。これだけ聞けて入場料は無料。大変お得なコンサートになっております。会場は今年特にお世話になっている姫路市立美術館、今回は二階にある講堂での演奏になります。会場のキャパは100人程と少なめなのが少し残念です。

ギターと他楽器のアンサンブルの好きな方もそうでない方も是非。

by onkichi-yu-chi | 2019-10-01 13:45 | Concert information | Comments(0)

展覧会の絵

展覧会の絵_d0077106_13433169.png
激闘146ページ。やっと終わった…

途中で何度もこれ終わるんだろうか…という不安に駆られましたが、ラベルの原曲へのリスペクトに溢れるオーケストレーションの巧みさ、なによりムソルグスキーの原曲の素晴らしさに助けられながらなんとか最後まで辿り着きました。しんどかったけど、楽しい仕事でした。展覧会の絵、本当に素晴らしい曲です。勿論言わずと知れた名曲ですし、聞いた事も数知れずです。でも実際に見てみるとこんなにスゴい曲だとは…譜面を見ながら身震いしたのは初めてかも知れません。
アレンジしながら何度もドビュッシーがムソルグスキーについて書いていた言葉が頭を過りました。

”私たちのうちにあるもっともよいものを、彼ほど優しく深みのある口調で話した者はいない。前例のないその芸術、ひからびたきまり文句のないその芸術によって、彼は独自だし、今度もまた独自であり続けるだろう。かってかくも洗練された感受性が、かくも単純な方法で翻訳されたためしはない。”

まだ譜面が出来ただけなんですけど、本当にいい勉強させてもらったなと思います。さて、問題はこれからなのですが…

by onkichi-yu-chi | 2019-09-28 13:42 | おんきち | Comments(0)

サマーコンサート vol.22


サマーコンサート vol.22_d0077106_12511364.jpg


生徒さんに”先生はいつも宣伝がギリギリですね〜”
と言われております、返す言葉もございません…

二日後の7/19(金)に姫路キャスパホールで開催されるサマーコンサートに出演します。今回は林裕美子先生と今年没後60年を迎えるヴィラロボスのブラジル風バッハと、ブラジルの子守歌、青い鳥をご一緒します。ブラジル風バッハはバイオリンやフルート、チェロとは何回かやったことがあるのですが、歌とは実はこれが初めての機会になり、とても楽しみです。

最後には他の出演者と一緒の大合奏に参加します。ピアノ、マリンバ、フルート、バイオリン、歌と一緒にギターで参加するというのはなかなか貴重な経験でこれもとても楽しいものになると思います。

会場:姫路キャスパホール
開演:18:30 開場(18:00)

まだチケットありますので、お時間のある方は是非お問い合わせ下さい。

by onkichi-yu-chi | 2019-07-17 12:52 | Concert information | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31