人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ツバメ

ツバメ_d0077106_14143588.jpg

今日はプラテーロの初合わせでした。朗読の方と合わせのタイミングを測りながら三曲ほど合わせました。楽しくてあっという間の時間でした。

3曲めに弾く”ツバメ”は技術的に難しくて、不安が多かったのですが、朗読の声を聴きながらそれに寄り添う様に合わせていくと弾き方が分かってよりリラックスして楽に弾ける様になってきた気がします。

”春が来たと思い、ツバメたちは期待しながら飛来してきた。しかしその春は気まぐれでまた冬の寒さに逆戻り、ツバメたちはなすすべも無く立ち往生し、やがて凍えて死んでしまうだろう…”
まるで今の世相を表現しているかの様な曲だと思います。

# by onkichi-yu-chi | 2021-04-18 14:13 | おんきち

カルカッシ op60-25


最近ちょっと空きましたけど、カルカッシのop60-25、ラストです。

流石に最後の一曲だけあって中々の難曲ですが、今まで弾いてきた要素が散りばめられていて、あーラストなんだなという感じがありますね。それでも終始ギターを弾く楽しさに溢れていて、中間部から再現部に戻る強引な転調は正にカルカッシイズムというか、楽しければいいんだよ!と言わんばかりでなんだかとても嬉しくなる曲です。

最近は子供の新学期が始まって録音する時間が取れなかった、難しくてすぐに弾けなかった、というのもあるのですが、終わってしまうのがもったいないから少し時間をかけたかったというのもありました。最後の方にところどころ傷あるけど、楽しく弾けたと思います。

この曲集をアップしている時に、”動画をみて励みになった、刺激を受けた、自分も練習しようと思った。”というコメントをいくつか頂きそれがとても嬉しかったです。自分にとっても技術的にも音楽的にも色々と発見することがありとても楽しい試みでした。また違う作曲家の練習曲で続けたいと思ってます。お聞きくださりありがとうございました。

# by onkichi-yu-chi | 2021-04-15 14:11 | Recording

浜スタ阪神戦

ちょっと苦手なガキ大将っぽい子が、約束もしてないのに勝手に家に上がり込んで、好き勝手遊んで、冷蔵庫から勝手におやつ引っ張り出して食い散らかして帰っていく。あとに残されたおもちゃやゴミを一人で黙々と片付ける。
浜スタの阪神戦は例えるならそんな感じです。

# by onkichi-yu-chi | 2021-04-10 14:09 | 雑記

エヴァンゲリオン破

最近ちょっと疲れてます。特に今日(もう昨日か)は酷くて、足上げるのも億劫なくらいで完全にバッテリーが上がった状態でした。なんでこんなに疲れてるんだろうと色々と理由を考えてみました。

1.様々な別れがあったこと。
2.新学期に向けておこるであろう様々な出来事に対する不安。
3.コンサートを控えて、やらないといけないことが山積みなこと。
4.この頃気候の変動が激しく、体が対応できないこと。
5.久々にエヴァみて頭の中がすっかりエヴァ一色になって生活リズムが崩れたこと。
6.プロ野球が開幕したはいいものの、横浜が負け続けていること。
7.コロナが一向に収まる気配を見せないこと。

パッと考えつく理由を上げるとこんなものかと思います。こんな糞も味噌も一緒にするなと言われそうですが、考えてみればどれもこれも大なり小なり負担になり、それが全て絡み合って一気に覆いかぶさってきたのかなと思います。

特に昨日の午前から午後は本当にカラッカラの状態で全く動けなかったのですが、レンタルで借りてたエヴァ”破”を見ることにしました。本当は見ないで返そうかとも思ったのですけどね。

最近はあらゆる映画を見るのにちょっと覚悟がいるなと思うようになりました。その映像と音楽と世界観にハマってしまうと元に戻るのに数日かかってその間がガス欠状態になることが多いからです。なのでこれは見るかどうか本当に悩みました。こんなもの見てる場合じゃないだろと思いながらもショック療法で刺激になって動けるようになるかなと思い切って見ました。

結果的に見てよかったです。またあとでダメージが出るかもしれませんが。

映像がとにかくかっこよかったし、全体に明るい。
それに何よりいろんな登場人物がこんなに人間っぽかったかなと思うぐらい、いい人になってる気がしました。こんなまともっぽい人たちだったっけ?もっと色々壊れた方が多くなかったかな、それともこっちが大人になって見方が変わったんだろうか?

ちょろっとメモすると、アスカが早々に退場したのは優しいなと思いました。旧作ではあまりに酷い終わり方だったので。それとも今回から入ってきた新キャラのためにスペースを開けたのかな?なんにしろ次のQで何かわかるんだろうか。わかんないんだろうなあ…

あと、途中で使われた”今日の日はさようなら”と”手のひらを太陽に”がアレンジがなんか軽くて、どちらも非常に重いシーンが少し軽く感じました。これも意図的なものだと思うんですけど、やっぱり少し優しくなったのかな庵野監督。

そしてエンディングの宇多田ヒカルの歌がよくあってる。かけてるものに対して希望するものがあまりに些細で悲しすぎる。本当にこの作品のためにあつらえたような歌。

あとは問題作と名高い"Q"そして”シン”の二つです。そしていつか旧作のアニメと旧劇場版も見直さないとなと思いました。これは本当に重いので相応の覚悟と時間が必要ですけど。

# by onkichi-yu-chi | 2021-04-03 14:04 | 雑記

今日は高校生の女の子のレッスンで、この曲の話になりました。Official髭男dism のPretender。その子曰く映像がとってもエモいとのこと。二年ほど前に作られた曲でかなりヒットしているようです。カッコいい曲なので好きは好きなんだけど前々から歌詞の内容がちょっと気になっていたのでその子に聞いてみました。

”でもこの歌、「付き合う前から多分君とは合わないだろうと思ってたけど、付き合ってみたらやっぱり合わんかったわ。君はとっても魅力的だけど元々高嶺の花だし、シンドイ思いして相応しい男になるなんて気はないわ。グッバイ」って言ってるんだけど、それは女の子的にどうなん?もうちょっと頑張ってほしいなって思わん?相手を無視した一方的な敗北宣言じゃんコレ。”

って聞いたら、そんな風に考えたことはなかった、でもそんなこと言ってますね〜(笑)と笑ってました。

その子の言う通り映像も音楽もとてもエモい。歌い方も切なくて世界観をうまく表現してる。でも中身はかなり現実的というか冷めている。サビに ”僕にとって君は何?” って言葉が出てくるんですけど、最初は逆で ”君にとって僕は何” って言ってるのかと思ってたんですよ。それだったら失恋の歌っぽいなと。

でも違うのですね、最初から相手がどう思ってるかは関係なかった。"自分にとって相手は何なのか?" と言っておいて、その答えは "わからないし、わかりたくもない。"

振られた訳でもなく、自分が先に降りる。I love youは存在せず、ただ君はキレイだで終わる。結局ただの観客なんだと。従来のラブソングへのアンチテーゼとして作られたであろうこの歌(2番の歌詞なんか特に顕著。)がヒットしたのは時代を反映していて面白いなと思いました

# by onkichi-yu-chi | 2021-04-01 14:02 | 雑記

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31