最近読み始めた曲

d0077106_11595426.jpg

最近読み始めた曲集です。
といってもそれぞれの楽譜の中の一曲ずつですが。

伊福部昭と武満徹、どちらも日本を代表する作曲家です。

武満徹の"森のなかで"は彼の最晩年の作品で、もう繊細の極みの様な曲です。伊福部昭の曲は初めて弾きますが、武満と打って変わって原始的で力強い。ちょっと暴力的でさえあります。流石にゴジラの作曲家ですね。弾くにあたって色々と他の楽器の伊福部作品を聞いていますが、どの作品も聞いて一発で分かる伊福部印がガッツリと押してあります。

この中で"ギターのためのトッカータ"という曲を練習しているのですが、普段滅多に押えない低音弦のハイポジションがガンガン出て来て、それはまあ押えられるのですが、押えた弦の裏側が共鳴してビリビリ言ってます…人前で演奏する時は状態のいい弦じゃないとヤバい事になりそうです。これはちょっと心配。でも伊福部さんの作風だったら許容されそうな気もするし。さてどうなるかなっ。練習練習♪

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-10-26 12:17 | おんきち | Comments(0)
d0077106_12502303.jpg


今年もこの季節が近づいてきました。
姫路の弦楽器を演奏する団体が集まっての一大イベントストリングコンサートです。
教室としての参加はどれくらいになるのかなと思って数えてみると…

ストリングコンサート終了

これが初回ですね、2011年だからもう7回目、教室としての参加は6回目になりますね。
もうこんなに長い時間参加してたのですね…

気がつけば毎年の恒例行事になっていますが、こういう異種交流のコンサートは自分にも生徒にも大きな勉強の場になっています。有り難い事です。

今年は会場がいつものパルナソスホールが改修中で使えないので、姫路駅前のキャスパホールになっています。キャスパホールは交通のアクセスはいいのですが、この規模のコンサートを開催するには少しキャパが狭い。パルナソスは音響は抜群ですがアクセスが不便で少し大き過ぎる。うーん、悩ましいところですね。

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-10-24 12:59 | Comments(0)
d0077106_13465564.jpg
この二年くらいずっと練習して来たジャズソルフェージュの本。目標の一つであった無伴奏チェロ組曲をソルフェージュで歌うという段階にようやく辿り着きました。
練習してみると、とてもソルフェージュの訓練に向いていて、尚かつ巧妙に転調が盛り込まれているのでどこで中心音を切り替えるかという試行錯誤がとても面白いです。これからしばらく(かなりの時間?)楽しめそうです。

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-10-05 13:50 | おんきち | Comments(0)

夏の想い出

d0077106_13354477.jpg
レッスン場の近くにある自動販売機で1000円札一枚で100円の麦茶を買った時のおつり。
自動販売機も疲れてたんだと思う。

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-09-04 13:34 | 雑記 | Comments(0)
d0077106_12455930.jpg

マルコメローニマスタークラス、受講してきました。二年ぶりの受講でしたがちゃんと顔覚えててくれて嬉しかったです。

今回はダウランドのファンシーで受講。タブラチュアから楽譜に移したものを演奏する際の注意点などを指摘してくれて、分からないけれどなんとなく弾いていた部分の謎がスイスイと解けていきました。

これも嬉しかったのですが今回はアーティキュレーションの部分でとても勉強になりました。対位法的な部分でここはちょっと切った方がいいという話になった時に

”ここは切る、ここは切らないという一般的なルールというのは存在するのですか?”

と質問すると、

”それは難しい質問で色々と意見はある。自分の場合、先生から引き継いだやり方でやっているけど。”

と前置きした後に

”例えば二つの部屋があってそれぞれの部屋に君と私がいるとする。全く同じ調度品があるとしても君と私では部屋の調度品の配置は全く変わってくるだろう。それは本棚にしても同じでどの本をどのように配置するかは人によって違う。問題はそこに自分が納得出来るルールがあるかどうかなんだ。”

と言われた話はとても納得がいくものでした。アーティキュレーションは自分の中では少し曖昧にしてあって手をつけられずに置いておいた部分ではあったのですが、今回のレッスンを受けて自分でもやっていけそうだし、もっと積極的に勉強ができるという自信がつきました。

実際マルコのやったようにアクセントを付けて弾くと非常に分かり易かったし、それをもとに次はどういう風に付けていけばいいかというのも発想が色々と沸いて来て面白かったです。レッスンの中でも言われていたけどアーティキュレーションは正に話術のようで人それぞれ違っていていいんですね。

あっという間のレッスンでしたが本当に楽しく充実した時間を過ごせました。今日のコンサートを聞きにいけないのが本当に残念でしたが、”またあいましょう”と言われたので次の機会を楽しみに待っておきます。

それとイタリア語、フランス語の他にスペイン語もいけるという事が判明したので、次はスペイン語でちょっとでも会話出来るようにスペイン語の勉強も頑張りたいと思います。


[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-08-25 12:47 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30