d0077106_14392181.jpg
久しぶりにバッハのコラールを分析したりしてみました。

素材となっているコラールはとてもシンプルで歌い易いです。
それをバッハが四声として編曲し直しているのですが、それぞれの旋律を如何に対位法的に成立させて尚かつ音楽的に歌い易いものにするか。そしてどれだけ和声を豊かで面白い物にするかという工夫が隅々まで凝らされていて、やっぱりバッハはスゴいなと思わされました。縦と横それぞれにしっかりと意図が張り巡らせれている感じがあって、それを受け止められるようになるともっと面白くなりそうです。

永らく止まってたけど、また再開してみようかなと思います。

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-11-30 14:48 | Comments(0)

小学校の音楽会



d0077106_22590471.jpg

姫路の小学校はこの時期、音楽会が集中しているようで、ほとんど毎週末どこかの小学校で音楽会をやっているみたいです。

近くの小学校でギター教室で教えている生徒さんが参加する音楽会があったので聞きに行ってきました。開場は8:30。開演は9:00。開演5分くらい前に会場に着きましたが、体育館の客席は子供さんやお孫さんの晴れ舞台を一目見ようと沢山のお客さんで埋まっていて、場所を見つけるのが大変でした。隙間から舞台を覗いて生徒さんが頑張っている様子を探したのだけれどもちょっと遠くて何処で歌っているのかがよく見えない…でも演奏は良かったです。子供の演奏を聴くと本当にほのぼのしてていい感じ。先生もこの日のために頑張って来たのが伝わって来ました。

自分が小学生の時も音楽会は大切なイベントで、その日のために頑張ってたのをちょっとだけ思い出しました。



[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-11-24 23:08 | 雑記 | Comments(0)
ストリングコンサート無事に終了しました!
今回は初めてのキャスパホールでの開催。普段やっているパルナソスホールに比べ色々と狭くなるので色々と心配事がありましたが、終わってみれば無事に開催する事が出来ました。このコンサートに向けてしっかりと打ち合わせをしてきたスタッフの皆様と参加者の皆さんがしっかりと自分たちのやるべき事を把握出来ていたからだと思います。お疲れさまでした。

d0077106_00212378.jpg


ギター教室は藤井敬吾さんの”シャボン玉変奏曲”を演奏しました。本番までどうなるものかと心配事はつきませんでしたが、終わってみれば本番が一番良かったと思います。みんな本番に強いな(笑)


d0077106_00223731.jpg


昨年に引き続き、全体合奏の指揮も振らせてもらいました。拙い指揮にも関わらず、エンターテイナー、スパニッシュメドレー、共にみなさんノリノリの演奏をしてくれました。演奏が終わってからブラボーを聞いたのは初めてでした。
みなさんいい演奏をありがとうございました。とても楽しかったです。

この日は一切楽器に触っていないにも関わらずエネルギーを使い果たしてくたくたになりました…
でも心地よい疲労感でした。

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-11-21 00:34 | Comments(0)

BWV998 fugue

d0077106_10221048.png

明日のストリングコンサートで演奏する、"シャボン玉変奏曲"の最終変奏部分がフゲッタ(小さなフーガ)になっているのですが、それを指導したり指揮してたらふと思いついたので譜面を作成してみました。BWV998のフーガのスコアです。もともとソロで弾く曲なのですが、それぞれのパートを分離して三重奏のスコアにしてみました。これいつかみんなでアンサンブルで弾いたら面白いかも。

おっと、まだコンサート終わっていなかった。今日が最終練習日。明日が本番です。頑張ります!

[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-11-17 10:26 | おんきち | Comments(0)

和声の歴史

d0077106_12345491.jpg


かなり長い年数、本棚の肥やしだった本。ようやく読み終えた。


和声がまだ和声として認識されず、線と線の関係の中で副次的なものとして捉えられていた時代から、ルネサンス、バロックと通奏低音の発展とともに次第に縦が意識され整頓されていき、その中からラモーの理論が生まれ、縦と横を完璧に融和させ様々な技法を高度に操ったJ.Sバッハの誕生。古典期以降、理論が整備され急速な発展を遂げながら、それ故に急速に崩壊への道を辿る和声の歴史を作者の豊富な知識と熱っぽい語り口で読ませる名著。後半になるにつれてぐんぐんと引き込まれてあっという間に読み切ってしまった。


語り口が上手いのでなんだかわからないうちに読み切ってしまったけど、読み終わってから改めてもっと楽しむためにもう一度和声を勉強し直そうと思いました。古典期、特にハイドンやシューベルトの和声はしっかりと勉強したいです。


何もなくても読めるけれど、色々と譜例がのっているので、目の前にキーボード等があると捗ると思います。ページ数は150ページくらいですが、高密度な内容の良書です。



[PR]
# by onkichi-yu-chi | 2017-11-16 12:48 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30