タグ:音楽 ( 128 ) タグの人気記事

子供は正直

d0077106_23504978.jpg
d0077106_23514342.jpg

子供の日に、夢前のお寺で子供たちを相手に演奏してきました。

前から出演依頼を受けていて、どんな曲を弾こうかなとずっと頭を悩ませていたのです。子供受けがいいかなと思ってアンパンマンとかトトロをメドレーにしてみたり、色々と考えてさてどうなるものかと思いながら本番を迎えました。

やってみるととにかく子供は反応が本当に正直でした。
生のギターの音を聴くのは初めての子がほとんどだったと思うけど、面白い弾き方をしてみたら雰囲気だけで笑い出したり、キレイな音がしたら素直に驚いてくれたり、ここはなんかクラシックっぽいね、なんて言い出したり… そして飽きてきたら遠慮なく騒ぎ出す(笑)
静かに最後まで聞いてくれる子もいたのだけど、幼稚園児から小学生まで幅広い年齢の子供がいたので反応も色々でしたね。

やっぱり知ってる曲だと反応が良くて歌い出したりするけど、歌が入ってない曲だとあまり興味を持ってくれない感じ、もっと全体で参加出来るような構成を考える必要がありますね。

素直で人懐っこい子供たちに囲まれて楽しい一日でした。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-05-06 23:43 | 雑記 | Comments(0)

ガレリアで

d0077106_11135816.jpg

ピアノの譜めくりをしに行ってきました。
とはいっても実際は特等席でライブを楽しんできただけなのですが…

うたとお話しは小川真澄さん、ピアノは吉田裕文さん。短い時間ながらも多様性にとんだプログラムで楽しめました。にいみなんきちの”てぶくろを買いに”は懐かしかったです、音楽を入れるとこんな感じに変わるのですね。
吉田さんのピアノは相変わらずカッコいい音でした。黒人霊歌の最後のところの和音がとても美しくてもっと余韻を聞いていたかったのでもうちょっと拍手待って欲しかったなあw。譜めくりになれてなくて何カ所か危なくなってしまって申し訳なかったですが、譜面をどういう呼吸で処理して行くのかというのを目の前で体験出来たのはとてもいい勉強になりました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-04-29 11:24 | おんきち | Comments(0)

弾くことと聞くこと

最近はアンサンブルのお仕事が続きました。初めてやる曲だったり難曲だったりで合わせには苦労したのですが、終わってみるととてもいい勉強が出来た期間でした。

難しくて弾けないな…と思うところがあってそれはなんでだろうかと考えてたのですが、よくよく考えるとそういう部分って相手のパートがどんな動きしているのか分かってなかったりしたのです。相手のパートを見たり歌ったりした後にそれにかぶせるつもりで弾くと不思議に弾けてしまうんですよね。これは本当に面白いなと思いました。アンサンブルに限らずソロでもそうかもしれませんね。



ちょっとスゴい動画を見つけたので張ってみます。ピアノソロでベートーベンのシンフォニーwww って思ってましたが、イントロ部分から鳥肌モノです。演奏者はシプリアン・カツァリス。ショパンが好きでよく聞いてたんですがこれもスゴいです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-04-25 16:42 | 雑記 | Comments(0)

和声と調性

le d'analyse du discours harmonique tonal
昨日の和声動画の関連から見つけたサイト。
フランス語だからさっぱり分からないけど面白そう。
時間見つけて翻訳しながら読んでみます。

顔の動画は感覚的にとても理解し易いものでした。
モーツァルトのレクイエムver

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-03-04 11:32 | おんきち | Comments(0)

Don't think,just feel



考えるな、ただ感じるのだ!

この動画は和声のいい表現法だと思います。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-03-03 14:43 | おんきち | Comments(0)

休符

d0077106_10342437.jpg

頭を悩ませる休符たち。どういう風に処理するか今日の課題です。

ポンセの南のソナチネ。人前で弾くのは随分久しぶりです。改めて読み直してるけど面白いですね、スゴく楽しい曲です。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-02-24 10:37 | おんきち | Comments(0)

木下牧子の世界

d0077106_11233082.jpg

ピアノとソプラノの歌曲から合唱曲、そしてオルガン付きまで。堪能してきました。

オルガンの迫力にビックリ。それよりもなによりも歌の力に改めて驚きました。
メロディーに言葉が乗るんだもんなあ…当たり前だけどスゴいことですよ。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2013-01-14 11:22 | おんきち | Comments(2)
d0077106_18381176.jpg

"君の音楽は繊細で美しい。それは素晴らしい美点だけどそれだけじゃ聞いてる方は眠くなる。音楽の中にはもっと活き活きとした輝くような瞬間があるんだ。それを見つけに行こう。"

五時間に及ぶマスタークラスを終えてピンピンしているイタリアの巨匠、ステファノグロンドーナ。音楽は勿論の事ですが、存在感がスゴくて何をやっても映画のワンシーンの様に絵になる方です。
方やこちらはたかだか一時間のレッスンでゲッソリです。超高密度のレッスンでしたが、とても楽しかった。

会うたびに音楽の深さに驚かされ、打ちのめされ、そして会うたびに音楽が好きになります。
ありがとうマエストロ!
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2012-12-06 18:44 | おんきち | Comments(0)
d0077106_1324745.jpg

参加してきました。

前年はマンドリンとの二重奏で参加しましたが、今年は教室として初参加しました。みなさんいい演奏をしてくれました。

パルナソスホールは姫路で一番キャパシティーが大きく響きの良いホールです。普段このクラスのホールで演奏出来る機会はなかなか無いのでこの場で演奏出来た事だけでもとても大きな勉強になりました。良いホールはそれだけで一つの素晴らしい楽器となるのですが生徒さんもその意味が良く分かったと思います。みなさん口々に響きの美しさに驚いていました。

当日は他の弦楽器団体の方と一緒にアンコールを演奏する機会があったのもとてもいい勉強になりました。ギターは撥弦楽器なので発音した瞬間がマックスですぐに音が減衰して行ってしまうため、どうしても長いフレージングが苦手な方が多い様です。直ぐに先に先に向かってしまうというか。
チェロやバイオリンの様に長く音を維持出来る楽器と合わせる事で普段とは違う音楽の呼吸を体験出来たのではないでしょうか。これは一人で演奏する時にもとても役に立つ感覚です。

個人的には演奏前に散々落ち着いて演奏しようといったのに最後の曲で降り始めを焦ってしまい早くなってしまったのが反省点です…ゴメンナサイ。

参加者のみなさんにも好評だったようでなによりでした。また参加したいですね。
当日とコンサートまでにお世話になった方々に感謝、ありがとうございました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2012-11-27 13:27 | Comments(2)
d0077106_9432487.jpg


日時:2012年12月2日(日)午後2時開演

場所:クレオ大阪東大阪市立男女共同参画センター東部館
電話06-6965-1200

入場料:前売り ¥3,000.-当日  ¥3,500.-
    小・中学生1人+大人1人 ¥5,000.-
    小・中学生2人+大人1人 ¥7,000.-

お問合せ:茨木六弦堂 電話072-646-9185

チケット販売
・ロッコーマン株式会社 078-333-9000
・株式会社フレット楽器オザキ 075-256-2072
・株式会社フレット楽器ヤマサキ 06-6948-8239
・おおの音楽事務所 06-6864-5775
・茨木六弦堂 078-646-9185

プログラム予定

・フローベルガー/ブランクロシェ氏に捧げるトンボー(グロンドーナ編曲)
・スカルラッティ/ソナタ ニ短調K.213(グロンドーナ編曲)
・武満徹/すべては薄明の中で~ギターのための4つの小品~
・グラナドス/献呈・ゴヤのマハ・スペイン舞曲第5番(グロンドーナ編曲)
・アルベニス/オリエンタル(リョベート編曲)
・アルベニス/伝説(セゴビア編曲)
・ファリャ[ドビュッシー生誕150周年]/讃歌:ドビュッシーの墓に捧ぐ
・アルベニス/カディス(タレガ編曲)
・アルベニス/朱色の塔(リョベート編曲)


マエストロ、ステファノ・グロンドーナの大阪公演です。
チケットの売れ行きは好調なようで、残席も少なくなっている様です。興味のある方は早めにご購入されることをお勧めします。

コンサートに先立って大阪の大野ホールで公開マスタークラスが開催されます。

大野ギター音楽院のページ

今回受講生としてレッスンを受ける事になりました。グロンドーナには過去3回レッスンを受ける機会がありましたが、いずれの機会も衝撃的でその後の音楽生活に大きな影響を受けています。期待と不安が入り交じりながらレッスンに向けて準備をしています。

レッスンの聴講をご希望の方は上の大野ギター音楽院のページからお申し込み下さい。聴講料は2000円です。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2012-11-21 09:30 | Concert information | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30