Oh,That's a ベイス★ボール

久々に野球中継を見る機会があると思えばまたこんなスゴい試合を見せ付けられるとは・・・


もう流石ですとしかいいようがありません。見事過ぎるマッチポンプ。
24年振りの福井での公式戦、終盤まで4点をリードされながら8、9回に怒濤の追い上げ、そしてサヨナラ逆転勝利とくれば球場に駆けつけた現地のジャイアンツファンの皆様はさぞかし満足だったと思います。(昔住んでたから分かるんですが、この辺りは7〜8割がGファン)
ただそれはベイスターズの華麗な演出があったからだということは忘れないで欲しいです。他のチームが相手ならまずこんなことはないですよ?


シーズンを闘ってればどうしても負けてはいけない試合というのがあって、その試合だけは何があったって勝たなくてはいけないものです。そういう試合をことごとく落とす、それも信じられない様な負け方で・・・これじゃ浮上出来る訳がない。


しかし三浦はジャイアンツ相手にここ4年間勝ち星が無かったんですね。長い長いジンクスを打ち破る絶好のチャンスだったというのに。エースの120球の力投を一瞬にしてふいにした木塚と加藤と真田と・・・あと内藤、番長にマジで謝って下さい。ホントに。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-03 14:14 | Comments(0)

激闘!甲子園

歴史に残る決勝戦でしたね。


今年も数々のドラマが生まれた甲子園もとうとう最後の一日を迎えました。
決勝に残ったのは戦前から評判の高かった古豪「中京大中京」と新潟から初の決勝進出となる「日本文理」。どちらも強力打線が売りもので、ともに並み居る強豪を猛打で退けての決勝進出。また打撃だけでなく守備力の高さも売りになっている点も似ています。伝統と名前の重さで中京有利かなと適当な予想をしながらの観戦。


序盤は互いの強力打線を守備のファインプレイで凌ぎ合う重苦しい展開でした。
中京の堂林は球威こそあまり無いものの低めを丁寧に突くピッチングで連打を許さず、バックの要所を締める守備で失点を防ぎます、一方立ち上がりこそ堂林の2ランを浴びて不安定だった日本文理の伊藤も回を追うごとに持ち味を発揮し中京の強力打線を上手くかわしていきます。


試合が大きく動いたのは6回、ここまでなんとか凌いできた伊藤と日本文理がエアポケットに嵌ったのか、四球に細かな守備の乱れ(結果は内野安打)で満塁のピンチ。ここで堂林に2点タイムリー安打を浴びてここまではまだ良かったんですが、次のピッチャーゴロでこのイニングも終了かと思われたところでなんとファーストがベースを空けるという信じられないエラー!これはもう甲子園の魔物が取り憑いたとしか言いようがない。これで緊張の糸が切れたのかこの後3点タイムリー安打を浴びてこの回6失点。


日本文理も8回までに2点を返しますが、堂林の後を引き継いだ森本を打ちあぐねます、一方中京は大量リードにも関わらず送りバントを多用して手堅くランナーを送り得点を積み重ねます。9回を迎えた時点でスコアは10対4、どう考えてもこの時点で勝負はついたと思われましたがここから日本文理が驚異の粘りを見せます。

2アウト、フルカウントの状況から

四球→タイムリー2塁打→タイムリー3塁打→四球→四球

で2点を返して更に一発が出れば同点という状況を迎えます。この時点で球場の雰囲気は完全に日本文理、次の打者伊藤に球場から津波の様な歓声が送られます。この声援に伊藤が見事に答えて2点タイムリー、更に続く代打石塚にもタイムリーが続きなんと7連続出塁で1点差!


続く打者はこのイニングの先頭打者の若林、3塁にいる伊藤を返せば同点という場面で放った痛烈な一打は吸い込まれる様にサードのグラブに・・・驚異の追い上げもあと一歩、あと一歩届かなかったか・・・ただこの最終回の攻撃は掛け値無しに素晴しかった。打席に臨むバッターはただ次の人に繋ぐ事を徹底する、最後の一人になるまで決して諦めないという日本文理の理想とする野球を最後に見事に体現してくれました。


優勝した中京の選手は号泣、そして惜しくも届かなかった日本文理の選手の顔に涙は無くみなが笑顔、これだけをみたらどっちが勝って負けたのか分からないです。
勝負ということで勝ちと負けははっきりと分かれますが、この試合はそれ以上に価値のある試合でした!負けてしまったけれどこれからも語り継がれる伝説のゲームを戦った日本文理の皆さん、ありがとうございました!そして優勝した中京大中京の皆さん、おめでとうございます!


そして今年も夏が終わります。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-08-24 22:54 | Comments(3)

とうとう止まった

連勝がとうとう止まりました。

競った試合展開なら悔しくもなるけど12対0なら笑うしか無いw
久々にベイス★ボールでした。

やっぱいいピッチャーからは中々点が取れないし、
強いチームは一瞬の隙を見逃さない。
実力差がハッキリと現れたゲームでした。

とはいえ今日は相手のチェンが良過ぎた。

2安打、無四球の完封。
打球がまともに前に飛ばないんだもんな、柔らかいフォームからキレのあるストレートと落差のあるカーブは昔ドラゴンズに所属していた今中のピッチングを彷彿とさせます。こういうしなやかなピッチングするピッチャーは最近中々見かけないな。

でもこんないいピッチャーがベイス戦以外一勝もしていないというのが信じられない。
そのうち球界を代表するような好投手に化けそうな予感がします。


今日は忘れて、あしたあした!


でも最近野球ネタばっかりだ。
録音もやってるんだけどなかなか上手くいかないし、
近いうちにまたアップします。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-17 21:12 | Comments(2)

5連勝!

今日も勝ってしまいました!

9回に一点のリードを守れずに追いつかれた時には、いつもの様にずるずると失点して負けるのじゃないかなと思いましたが、そこで踏ん張り逆転を許さずさらに得点して突き放す。以前のベイスからは見る事の出来なかったシーンですね。

これでなんと5連勝!

しかし前半戦最大の山場はここからの中日、巨人との6連戦。
この2球団には全くいい所無しに叩かれているので一矢報いて欲しいところ。

明日からの中日戦はチェン、吉見、川井というセリーグ屈指のローテピッチャーとの対戦が予想されます。今の勢いがホンモノか、それとも相手の不調に助けられただけなのか、真価の問われる闘いになりそう。この6連戦を凌ぐ事が出来たらそろそろ虎の尻尾が見えてきますね。

d0077106_645013.jpg


弦を補給しました。
この時期は弦の消耗が早いので纏め買いしています。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-16 22:58 | Comments(0)

2年ぶりの4連勝!

d0077106_21331225.jpg


蕩けるような暑さが続いてますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

基本的に夏は苦手で暑い日にはただダラダラとしてしまいがちなんですが、
暑い日は暑い日なりに楽しめる様になれればいいなと思います。

いつもこの季節がしんどい、あと半月もすれば慣れると思います。


今日もベイスが勝ってしまいました。
相手のカープの調子がどん底に落ちているという事もありますが、今季初の4連勝です。
そして、この4連勝はなんと2年ぶりということらしい。
去年は一回もしてなかったのね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

これで波に乗っていけるかも、なんて調子に乗れないのがベイファンの辛いところ。

「こんなに勝ってしまっていいのかしら」
「反動で10連敗くらいするんじゃないだろうか」

などといらん心配が尽きません。
これだけ何年もBクラスをうろうろしているとファンの間にもすっかり負け癖が染み付いてしまってます。とはいうもののこれだけ負けててもファンを辞めず、たまに勝つとそれだけでも嬉しいのがファン心理の不思議なところです。

明日もう一度、絶不調のカープとの試合が有ります、前半戦でこれだけ借金していればあともう一回くらい勝っても罰は当らないでしょう。ね?
明日の先発の大竹はいい時か悪い時かどっちの大竹が出てくるかな〜。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-15 21:45 | Comments(0)

ヤクルトキラー?

昨日のベイvsヤクルトは皇太子ご夫妻と愛子様が観戦に来ると言う準”天覧試合”

その大事な試合を0対1での劣勢で迎えた終盤戦にヤクルトの誇るリリーフ陣の五十嵐とイムからそれぞれ一点ずつを奪い取るという粘り強い戦いで2対1の逆転勝ち。

特にヤクルトのイムは今季の自責点が1点もなく、防御率は脅威の0.00!で当然無敗。
そんな鉄壁のストッパーから貧打の横浜が1点をもぎ取ったというのはもの凄い快挙です。
WBC以来内川のファンになったという愛子様の前できりっと引き締まった好ゲームでの快勝でした。


しかし、なんでこんなにヤクルトだけには強いんだろ?
ホントヤクルトファンの皆様に申し訳ない。


最近チーム状況が好転してようやく闘える状態になってきたとの声が聞こえてきます。
それは嬉しい事なんですけどよく考えれば去年も同じような事言ってたような・・・
ペナントから遠く置き去りにされて、どうあがいてもここからの逆転は無理という状況になってから帳尻を合わすかの様に調子を上げるのは如何なものか。今それが出来るんだったらなんで開幕から・・・と思いますよ。

首位の巨人からは22.5ゲーム、CSを狙える3位の中日とも16.5ゲーム、ここからメイクミラクルを起こしても届かないという絶望的なゲーム差、今季の横浜はこれから何をモチベーションにして闘うのか、今度こそ来年に繋がるような闘いを見せて欲しい。


d0077106_2052483.jpg

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-13 20:52 | Comments(0)

ウッチー大ジャンプ!

d0077106_10275696.jpg

芽がかなり成長してきたので日当たりのいいところに移しました。
乾き気味のところで日光に当てるとよいらしいです。
もうそろそろ植え替えの時期です。




横浜・内川、最悪の当たりが最高の結果に!

今季初のサヨナラ勝ち!

殊勲のサヨナラタイムリーを放った内川がベース上で飛び上がって喜んでいるんですが、その飛びっぷりが尋常じゃありませんw
空中で折れ曲がった膝が塁審の胸くらいの高さまで跳ね上がってるんです。それだけ嬉しかったという事なんでしょうけどハンパない跳躍力ですね、最初見たときは合成写真かと思っちゃいましたよw
流石はアスリートですね。


前日は楽天投手陣にほぼ完璧に押さえ込まれ、ノムさんに
「やっぱ巨人は強い。それに比べると横浜戦は楽だわ、失礼だけど。」
なんてほんとに失礼な事を言われてたので昨日はなんとしても勝って欲しかった。

昨日完璧に押さえ込まれた青山が出てきた時にはもうダメかなと思ったんですけど。
いやー嬉しいです。

田代監督代行になってからいままでとは打って変わって攻撃的な采配が目立つようになったベイスターズ。まだまだシーズンはこれからですよ〜。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-05-26 10:38 | Comments(0)

そして監督の首が飛んだ

大矢明彦横浜監督 成績不振で途中辞任、後任は田代富雄氏

とうとう監督が首になりました。
後任はシーレックス(ベイスの二軍)で指揮を執る田代監督。

昨年は記録的な大敗を喫して、今年も最下位をひた走るベイスターズ。
現場の最高責任者なのだからこの結果に対して責任があるのは当然ですが・・・

しかしここ数年の低迷で何度か監督が変ってるのに結果は好転せず。
フロントの責任の方が大きいのじゃないかなとつい考えてしまいます。

かつて野村監督が阪神の監督に就任した際にまずオーナーに
「失礼ですが、この低迷の原因はあなたにもありますよ。」

と言ったのは有名ですが、
フロントから意識を変えない限りこの負け犬体質は変わらないでしょう。

とはいえ熱狂的なファンを多数抱えて、負けてても黒字が出る阪神とは違い
赤字ばっかり膨らんでいるベイスターズ。
球団が存続しているだけでも感謝しないといけないのかな・・・

今年は細山田や石川等の若手が台頭して投手陣が整備され、昨年よりずっと期待の持てるチームへと変貌を遂げました。が、まだまだ勝負への意識の低さからか勝てる試合をぽろぽろ落としているのが痛過ぎた。これは決して監督だけの責任じゃない、チーム一人一人が意識を変えないといけない。

とりあえず大矢監督お疲れさまでした。
ゆっくり休んで下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-05-18 14:25 | Comments(2)

打てない

三連勝すれば最下位脱出のチャンスだったドラゴンズ三連戦。
結果は三連敗で最下位をがっちりとキープ。

29イニングで2点しか取れなかったら、そりゃ勝てないわw
ピッチャーはよく頑張ってると思うけど、なんでこんなにバランスが悪いんだろう。

最悪な形で交流戦への突入となりました。
果たしてどのような結末を迎えるのか。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-05-17 21:56 | Comments(2)

言葉

d0077106_916129.jpg


朝起きたら太陽の光に、自分の命に、自らの力に感謝すること
感謝する理由がみつからなければ落ち度はあなた自身にある。




最近読んだ本に載ってたインディアンの言葉です。
こんな感じだったと思う。

なんだかとっても心に残る言葉でした。
シンプルだけど力強い。
心の中にしっかりと留めておこう。


昨日は番長が見事にチーム初の完投・完封です。
流石エース頼りになります。
あとは打線がもっと打ってくれよ、というところですが相手もエースの安藤でしたからそう簡単にはいかないか。きっちりと仕事した内川がすごい。

最近のベイは一進一退の戦いを繰り返して、ほぼ5分の闘いっぷりで
悪夢の6連敗後は一度も3連敗以上はないんですね。
つまり3回闘えば1回は勝ってくれるということ。

3日に1回も喜ばせてくれるなんてベイスターズファンは何て幸せ者なんだ!


・・・・重傷ですかね
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-05-09 09:27 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30