タグ:姫路 ( 160 ) タグの人気記事

書写山にて 続き

d0077106_2226984.jpg
摩尼殿から奥に進む事10分、三つのお堂が見えてきます。大講堂、食堂、そしてこの常行堂です。

映画「ラストサムライ」や大河ドラマ「武蔵」のロケ地としても有名です。ドラマの中で武蔵が伝七郎と雪の中で戦ったお堂はここじゃなかったかな?

摩尼殿のインパクトもかなりの物ですが、こちらも全く引けを取りません。険しい山の中に突如出現する三つの巨大なお堂、そのお堂に切り取られた中央のスペースは建物以上に強烈なインパクトを与えてくれます。
d0077106_22533459.jpg
オカリナ奏者の宗次郎がここでコンサートを開いて以来、数々のイベントが行われたとか。ここでコンサートしたら雰囲気良さそうだな〜。武満の「海へ」とかすごくあいそう。フルートじゃなくて尺八でもいいなあとか妄想を膨らませてみる。
d0077106_23132796.jpg
書写山から眼下に広がる姫路の風景。天気がよかったので淡路島まで見る事が出来ました。これだけ眺めがいいのは月に一度あるかないかとか。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-11-22 23:15 | 雑記 | Comments(0)

書写山にて

d0077106_22283328.jpg元旦に書写山で行われるコンサートに参加する事になり、会場を見に行ってきました。

書写山は姫路城と並ぶ観光の名所で、様々なドラマや映画の撮影ロケになってる所です。天気も素晴らしく、紅葉も見頃だったのでしばらく散策する事に。

姫路在住ながら、書写山に登るのは恥ずかしながらこれが二度目。前に来たのは去年の正月だったかな。

余談ですが姫路の小学生は林間学校で必ず書写山に来るため、小学生時代に姫路に住んでた方は必ず書写山に登った事があるはずだとか。

d0077106_2237551.jpg
磨尼殿です。圧倒的な存在感。時を忘れてしばし見入る。

ここまで来るのに麓からのロープウェイで4分、その後に徒歩で20分くらい。日頃の運動不足のせいか若干息も切れ気味。

でも、これを見るためだけに登ってくる価値はあるでしょう。皆様も姫路にお越しの際は是非書写山に、と宣伝をしてみる姫路市観光協会の回し者。



d0077106_2253110.jpg

磨尼殿付近の紅葉と銀杏。

赤と黄色のコントラストが本当に美しいんですが、携帯のカメラではその美しさが十分に伝わらないのが残念。ちゃんとしたデジカメが欲しい。

まだ何枚か写真を撮ったのでまた明日にでもアップします。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-11-20 23:19 | 雑記 | Comments(0)

美術館にて


姫路ミュージックストリート無事に終了しました。前後半でのべ160人ものお客様が聴きにきてくれたようでありがたいことです。100人のキャパシティーの会場に立見まで出ました。会場内の音響もよく、マイクを通さなくても充分な音響を得ることが出来ました。ただ空調を効かせる事が出来ず大変暑くなってしまったので、来てくれたお客様には少し申し訳ないことになってしまいました。

演奏に関しては反省することも多かった。緊張感がなかなかほどけず後半になってもなかなか自由に演奏する事が出来なかった・・・曲の完成への持っていき方についても色々と考えさせられました。

とにかくご来場してくれたみなさんとこの場を与えてくれた市の方に感謝です。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-11-05 19:00 | おんきち | Comments(0)

姫路てんこもり市にて

d0077106_1922927.jpg今日はバイオリニストの中西ターニャさんとイーグレ姫路で行われた姫路てんこもり市で演奏してきました。

写真は会場となったイーグレ姫路の屋上から撮影した姫路城です。気持いい秋晴れでした。朝はかなり冷え込んだのでコートとマフラーして会場に出掛けたんだけど、始まる頃にはかなり暖かくなってきました。

野外での演奏という事もあり、風が吹いて楽譜が飛びそうになったり、日陰を作っているテントが吹き飛びそうになったりといろいろ大変だったけど、会場は熱気に溢れていて多数のお客さんから拍手を頂けました。特に子供が前に坐って熱心に聞いてくれたのがうれしかったです。

しかし野外で演奏するのはちょっと大変でした・・・
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-11-03 19:16 | おんきち | Comments(0)

ギタリストたちの饗宴

d0077106_23494842.jpg荘村清志、福田進一、鈴木大介に大萩康司、マリア・エステル・グスマン。知ってる人は知っているクラシックギター界のビッグネーム。これだけでもあり得ない程の豪華メンバーなのに、トドメにjazzギターの巨匠渡辺香津美。

スターそろい踏みでソロから5重奏、たっぷり三時間半にも渡る大立ち回り。遅れて来た真夏の夜の夢ならぬ初秋の昼の夢。しかしどんな経緯で姫路まで来てこのドリームマッチを開催することになったのかが未だによく分かりません。

記録のためにプログラム残しときます。

program

一部

ボッケリーニ:序奏とファンダンゴ(福田&荘村&鈴木&大萩)
トゥリーナ:セビリア風幻想曲(大萩)
ファリャ:スペイン舞曲第一番(鈴木&大萩)
アルベニス:椰子の木陰(鈴木&大萩)
チマローザ:2つのソナタ(荘村)
ヴィヴァルディ:コンチェルトグロッソ(福田&鈴木&大萩)
デュアート:アメリカーナ(福田&荘村&鈴木&大萩)

二部  渡辺香津美 オン・ステージ

マイルス:マイルストーンズ
ジャンゴ:ヌアージュ&マイナースイング
月の砂漠(だったよね)
渡辺香津美:血の逃亡
渡辺香津美:イベリコのホニャララ(忘れた)
禁じられた遊び(ゲスト福田進一)

三部

アルベニス:アストリアス(グスマン)
ブローウェル:ミクロピエサス(福田&大萩)
マラツ:セラナータ・エスパニョーラ(鈴木)
プーランク:エディット・ピアフ讃歌/シューベルト讃歌(荘村&グスマン)
ブローウェル:舞踏礼賛(福田)
武満徹:不良少年(福田&グスマン&荘村)
ディアンス:ハムサ(福田&荘村&鈴木&大萩)

アンコール

ヴィラロボス:ブラジル風バッハ5番よりアリア


正直行くかどうか直前まで悩んでました。この中の誰かのソロコンサートなら即予約してたと思います。これだけのメンバーが集ると逆にピントがボケてしまうんじゃないかという不安があったのですが、すっかり杞憂に終りました。3時間半に渡る長丁場を最後まで飽きる事なく聞かせたのは流石としか言いようがないです。

皆数々の大舞台を経験している強者ばかり。物腰は柔らかくても、大きな会場と満員の客を圧倒する雰囲気を醸し出していたのが印象的でした。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-09-29 23:00 | おんきち | Comments(0)
d0077106_23193963.jpg11月4日に開かれる姫路ミュージックストリートに参加する事になりました。

今回で10回目となるこのイベントは姫路城周辺の様々な会場で、クラシックからジャズ、邦楽、ゲンダイオンガクに到るまで、多種多様なジャンルの音楽を一度に楽しんでしまおうというイベントです。

今回は姫路市立美術館の講堂でソロギターによるコンサートを担当します。

日時:11月4日
場所:姫路市立美術館 講堂 
  ホームページはこちら
時間:14:00〜15:20

         〜プログラム〜

小さい秋見つけた/中田喜直
カバティーナ/マイヤーズ
もしも彼女がたずねたら/レイス
アルフォンシーナと海/ラミレス


出来るだけ親しみやすい曲を揃えてみました。

高校時代は姫路東高校に通学していたので、この美術館は毎日のように見ていたのですが、10数年後にまさかここでコンサートを開く事になるとは・・・全く想像出来なかったですね(笑)

このイベントは一日で全てやりきってしまうため、残念ながら他の会場のコンサートは見に行けないのですが、なかなか面白いイベントが揃っているようです。特に県立歴史博物館で上田希(クラリネット)・福井ともこ(作曲)のnext mushroom promotionの二人が開催するゲンダイ音楽のコンサートはかなり面白そうです。もし違う日にやってくれてたら絶対に聞きに行ったのですが。


あ、忘れてました。どの会場も入場料は無料なのでお時間のある方は是非お越し下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-09-18 23:30 | Concert information | Comments(0)

ミニコンサート

d0077106_15184828.jpg
昨日、姫路白浜のはちわかこどもクリニックにて、バイオリニストの中西ターニャさんとミニコンサートを開きました。ターニャさんはロシア出身のバイオリニストで、ホテルの専属演奏家として来日し、現在は姫路に拠点を移して活動しています。情熱的なバイオリンを演奏する方です。
今回、ターニャさんからお誘いがあり初めて共演しましたが、子供とお母さんのためのコンサートという事で選曲には色々と頭を悩ませました。

             〜プログラム〜
ヴィヴァルディ:春
モンティ:チャルダッシュ
モリコーネ:ニューシネマパラダイスより
ミッキーマウスマーチ
ジブリ映画より何曲か  他


出来るだけ聞きやすい曲ということでアニメ音楽とクラシックの有名曲を揃えてみたのですが、後半になってくると子供には少しキツかったかも知れないですね。もう少し考える必要アリです。最後に「となりのトトロ」をみんなで歌ったときが一番盛り上がりました。

でも、知っている曲を聴いているときは子供達も楽しそうにしてくれました。これを機会に音楽の事に興味を持ってもらえればいいですね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-09-02 15:31 | おんきち | Comments(0)

ギターリサイタル

ソロリサイタルを開くことになりました。

日時:6月2日(土)
場所:イーグレ姫路地下 姫路市民ギャラリー内アートホール
時間:午後2時開演 2時半開場
料金:当日2500円  前売り2000円  学生1000円

          〜プログラム〜

ポンセ:南のソナチネ
モンポウ:コンポステラ組曲
ソル:魔笛の主題による変奏曲 他


d0077106_18376.jpg最初は特に何も考えずに弾いてみたい曲を色々と集めてたのですが、蓋を開けてみると学生時代にコンクール用に弾いていた曲とか、なんだかんだと馴染みの曲がずらっと並んでます。

今まで学んで来たことを全て出し尽くせるように頑張ります。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-05-05 18:10 | Concert information | Comments(0)
d0077106_8324597.jpgに2ヶ月振りの更新です。放置プレイにも程がある・・・申し訳ありません。

NHKのスーパーピアノレッスンでお馴染みのジャン=マルク ルイサダのピアノリサイタルに出掛けてきました。

ショパンの曲が題材だったスーパーピアノレッスンでは生徒の演奏を聞いたあと、「大変素晴らしいですね!でも私ならここはこう弾きますね。」とか言って同じピアノを使っているとは考えられない程の多彩な音色を引き出していてビックリさせられました。

そんなお方が姫路までやってくることなんてそうはないことなのでこのチャンスを逃す訳にはいかず、自分のレッスンを終えた後、片道8キロの道をチャリでかっ飛ばして会場まで向かいました。

会場は姫路パルナソスホール。姫路市内では最も音響もよく、キャパシティーも大きく、クラシックのコンサートには最適なホールで、年に数回海外から一流の演奏家を招いてコンサートを開いています。

が、神戸や大阪程クラシックファンが多い訳ではない姫路でのコンサート、開いたはいいが閑古鳥が鳴いているなんて事もよくあります。3年程前、バイオリニストのカントロフがピアニストの上田晴子さんとコンサートを行いましたが、キャパ1000人弱のホールにお客さんは50人程。演奏は素晴らしかったのに・・・あれからカントロフはこなくなりました(当然か。)d0077106_23102041.jpg

今回のルイサダもカントロフの二の舞になるんじゃないかと心配しましたが、TVの影響か、それともやっぱりピアノは強いってことだろうか、ホールはほぼ満員で飛び込みで取った当日の席もほぼ売り切れ状態。このホールがMAX近くまで埋まったのは初めて見ました。公演予定を見ると関西での演奏は意外にもここ姫路だけ。京都や大阪から来た人もいるのかもしれないなあ。


本日のプログラムは

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ《悲愴》
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番

〜休憩〜

チャイコフスキー:無言歌ヘ長調、サロン風マズルカ
グラナドス:ロマンティックな情景よりマズルカ
ウェーバー:舞踏への勧誘
バルトーク:ルーマニア歌曲 第一番
プーランク:ワルツ ハ長調
ショパン:ワルツ第2番 変イ長調
     ワルツ第3番 イ短調
     ワルツ第4番 ヘ長調
プログラムにInvitation to the danceと銘打ってある通り、前半の二つのソナタを挟んだ後半は舞曲系の小品でのプログラミングになってます。

会場に現れて、ピアノに座るやいなや演奏開始、その一音ですーっと観客を引込む辺りが流石です。悲愴の出だしのgraveが素晴らしかった。パーンと音を放りだして、え?そこまで引き延ばすのってところまで音をキープした後にそこしかないというポイントに見事に着地する。どんなテンポルバートをとっても音楽的に正解というポイントは一点しかないとは言うけれど、これほど自由に歌いながらそのポイントをしっかり抑えてくるあたりが素晴らしい。

ピアノレッスンで取り上げていたショパンはより本人の気質にあっているんだろう、ピアノの上で表現される歌の素晴らしさにあっという間に時間がたってしまった。歌心ももちろんなんだけど、細部に渡る心配りも行き届いていて、埋もれがちな対旋律がハッキリと浮き上がって音楽の構造もはっきりと示されている。あんまり気持よすぎてうとうとしてしまったけど。

小品を集めた後半も一曲一曲の特徴をはっきりと掴みながら、洒落っ気にとんだ演奏でこれもまたあっという間に終了。時間の長さをほとんど感じさせなかったよ。アンコールにショパンのノクターン《遺作》他一曲を弾いてお開きになったんですが、面白かったのがこのあとでした。

まだアンコールをねだる観客に対してお辞儀をしてピアノを弾くようなそぶりを見せた後、椅子を楽屋にもって帰ってしまった。もういいでしょ、みたいな(w 

コンサート後のアンコールってなんか惰性で要求しちゃってるような感じを受ける時があるんですが、受けるも受けないも演奏者の自由だと思います。はっきりと断りながらも嫌な感じを与えずに笑いまでとってしまうあたりエンターテイナーですね、あれがエスプリってやつでしょうか。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2006-11-22 00:11 | おんきち | Comments(0)

これまでの活動

2014
◇2014/3/1 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
クラシックギターリサイタルvol.4

2013
◇2013/4/13 パルナソスホール
朝のハーモニー

◇2013/5/19 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
第ニ回教室発表会

◇2012/11/17 パルナソスホール
第23回姫路弦の会ストリングコンサート

2012
◇2012/4/14 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
クラシックギターリサイタル Vol.3

◇2012/5/14 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
第一回教室発表会

◇2012/6/25 島村楽器神戸三ノ宮店
クラシックギターフェスタ2012

◇2012/7/7 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
日本の夏、ギターの夏

◇2012/11/23 パルナソスホール
第22回姫路弦の会ストリングコンサート

2011
◇2011/2/19 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
クラシックギターリサイタル Vol.2

◇2011/3/24 Vega Musik サロン
VEGA120 〜 セゴビアレパートリーのソナタを中心に

◇2011/4/23 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
ギターとピアノのコンサート(ファンタジア)

◇2011/10/23 茨木六鳴館サロン
六鳴館サロンコンサート vol.3

2010
◇2010/1/21 川西アステ内日本料理屋「松本」
ベガムジーク定例コンサート

◇2010/1/24 星の子館
小さな音楽会

◇2010/3/9 コーヒーロースト
Teatime Concert

◇2010/5/13 姫路文学館
ギターでめぐるヨーロッパの旅 - 「和辻哲郎展」に寄せて

◇2010/9/8 ギャラリースペース草片
LIBRA コンサートシリーズ Vol.1TRIO CONCERT

◇2010/11/7 県立歴史博物館
第13回姫路ミュージックストリート

◇2010/12/12 イーグレ姫路 あいめっせホール
川地かおり×竹田加奈子 ピアノジョイントコンサート vol.5

2009
◇2009/6/13 姫路東高校創立百周年記念コンサート

◇2009/11/18 姫路市立美術館 講堂
第12回姫路ミュージックストリート

2008
◇2008/1/6 姫路市立広畑図書館ホール
New Year Charity Classic Concert in 2008

◇2008/3/30 南風会サロン
Spring concert 2008

◇2008/4/3 星の子館
朗読・歌・ギターの小さな音楽会

◇2008/7/27 神戸館
Summer Salon Concert


◇2008/9/16 イーグレ姫路3F あいめっせホール
プラテーロとわたし〜朗読とギターのジョイントコンサート

◇2008/10/18 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
Across The Strings〜ギタージョイントリサイタル

◇2008/11/16 姫路市書写の里・美術工芸館
書写の里・ギャラリーコンサート

2007
◇2007/6/2 イーグレ姫路市民ギャラリー内アートホール
ギターリサイタル

◇2007/7/22 神戸ロッコーマンホール
le petit concert a lapres midi Vol.3

◇2007/11/4 姫路市立美術館 講堂
第10回姫路ミュージックストリート
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2005-07-31 23:14 | Profile | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31