タグ:喫茶店 ( 8 ) タグの人気記事

打ち合わせで

d0077106_1632857.jpg
姫路にある喫茶店「カフェ ラ ダダ」で打ち合わせをしてきました。

「キッチンダダ」というジャンボパフェが名物の喫茶店があったんですけど、
そのダダと同じ店なのかな?こんな上品な店構えではなかった気がするんですが。


高校の時はよくこの付近に来てました。とはいっても目当ては付近に多数点在していたゲームセンターだったんですが。当時は「ストツー」だの「KOF」だの対戦格闘ゲームの全盛期でゲーセンには学校帰りと思われる学生達が溢れて日夜熱い戦いを繰り広げていました。自分は下手だったのでそれほど入れ込む事はなかったんですが、上手い友人のプレイを見によく足を伸ばしてました。巧い人の周りには人だかりが出来ていてゲームセンター全体がなんだか異様な熱気に包まれていました。
その当時からするとこの辺りも随分寂しくなったもんだ。


今回は以前一緒にお仕事をさせて頂いた朗読の伊藤さんと再び仕事をする事になりその打ち合わせで集りました。前回は朗読とギターだけでのステージだったのですが、今回はコカリナ奏者の小榑由布子さんも交えてステージを創る事になりました。小榑さんはパルナソスホールで長年オルガン演奏をされていた方で、フランスシターの演奏もされるとのこと。なんとも多芸多才な方です。

d0077106_16461613.jpg写真撮らせて頂きました。

名前からオカリナに似た形の楽器を想像していたんですが、もっと小振りの可愛らしい楽器です。ピッチが中々不安定らしくて音作りに苦労するようですが逆に自分らしい音を創りだせる所がこの楽器の魅力らしいです。

自分の呼吸で音を創れる楽器っていいですね〜
いや、ギターも息使うんですけどね。


今回は朗読で中島敦の「山月記」谷川俊太郎の「じゅうにつき」をやることが決まりました。山月記は昔から好きな作品なのでどういう音楽を付けるか今からゆっくりと考えてみる事にします。
さてどんなステージになるかな。



おまけ
youtubeでコカリナを探してみました。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-05-23 16:59 | 雑記 | Comments(0)

神戸館ライブ終了!

d0077106_2233225.jpg久々の更新です。

12月も半ばと成り冷え込んでいますが、昨日はボサノバ生誕50周年と銘打って神戸館でフルーティストの田代依里さんとボサノバを中心としたライブを行いました。
プログラム

イパネマの娘/ジョビン
一つのワルツと二つの愛/レイス(Gソロ)
カーニバルの朝・オルフェのサンバ/ボンファ(Gソロ)
ブラジル組曲(マカド)


改めてプログラムを見るとオールブラジルだったw
レイスの曲はギタリスト以外にはあまり知られてないかも、小品が多いのですが短くても洒落た曲が多いです。この「一つのワルツと二つの愛」はもっと多くの人に演奏されて欲しいですね。

新聞での宣伝効果のおかげか、特に15:00からの演奏には多くの人が集ってくれました。ご来場下さった皆様ありがとうございました。

今年は何回かこの神戸館さんで演奏をさせて頂く機会があり、その度に色々とお世話になりました。ありがとうございました。
d0077106_2226270.jpg
頂いたお花の写真。
今年、いろいろな機会でお花を頂く機会がありました。しかし世話が下手なのか長持ちしない事が多い・・・

ちょっとネットで調べてみると

鉢の中に少量の砂糖を入れると長持ちする。
鉢にちょっと防腐剤をまくと細菌の増殖が抑えられて長持ちする。
鉢に氷をいれると殺菌効果があり長持ちする。

う〜ん、氷に砂糖とは意外でした。
こういう花ってしっかり管理するとどれくらい持つんでしょう?
ちょっと注意深く見てみます。


追伸
彼女から連絡があり、砂糖を入れる、氷を入れる、どちらもあまりいい影響が出なかったらしいです。長持ちさせたいなら栄養剤を入れるのがいいとのこと。あと殺菌作用を出すために10円玉を入れると効果があるそうです。なるほど〜。

とりあえず鉢に10円玉を投入、日中は柔らかい日光が当たる少し寒い所に花を置いてみる事にします。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-12-15 22:35 | おんきち | Comments(0)

ボサノバ誕生50年

12月14日(日)に神戸館でフルーティストの田代依里さんとボサノバを中心としたライブをやるのですが、その件で神戸新聞の地域ニュースの記事に載りました。

ボサノバはブラジルではお年寄りの音楽らしいのですが、日本では結構根強い人気を持ってます。ボサノバ系のBGMっていつでも何処でも流れてますし。
リズミカルだけど押し付けがましくない。親しみやすいようで複雑で繊細、微妙な陰影。どんな曲でも取り込んでしまう柔軟性。日本人の感性に馴染むんでしょうね。

12月14日のライブは15時からと16時からの二回、
それぞれ30分くらいです。
美味しい珈琲やケーキと一緒にお楽しみ下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-20 23:31 | 雑記 | Comments(0)

6勝目&神戸館ライブ

今日市内の喫茶店、神戸館に行って演奏してきました。喫茶室での30分程のライブです。コンサートと違い、来ているお客さんはみんな演奏を聞きにきているとは限らず、ただお茶を飲みながらお話をしたいというお客さんも当然います。そういう人達の邪魔にならず、また聞きに来ている人にはしっかり聞かせる、という領域はまだまだ遠い。

その場の雰囲気を見ながら演奏順番を入れ替えたり、弾く予定のない曲を急遽演奏してみたり。話をしながら場の雰囲気を読んでみたり(これが難しい)色々と対応力を付ける必要があるので勉強になります。


横浜6勝目&初の同一ゲーム勝ち越し。
未だに連勝が無いのが痛い所です。

なんと寺原がストッパーに回っている!
今期の横浜は固定された抑えが存在しなかったのですが、後ろをなんとか形にするために一番球に力がある寺原に白羽の矢が立った模様。
しかし貴重な先発の柱を後ろに回したものの、今の状態でストッパーまで回せるのか?
これが吉とでるか凶とでるか見物です。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-04-27 22:51 | Comments(0)

Live告知2/14

d0077106_2334384.jpg寒い日が続いています。自転車で走り回るのがツライです、何がツライって耳が痛いのが嫌です。

2/14(木)のバレンタインの日に神戸のアマデウスでライブを開きます。今回はバイオリニストの中西ターニャさんとの共演になります

プログラムはヴィヴァルディにモリコーネ、ピアソラとなってます。ここにパガニーニも入れてイタリア色強調しようかなと思いましたが、ピアソラが結構なボリュームになるので今回はパス。

バレンタインらしくロマンティックなプログラムになったと思うけどどうでしょう?

19:30スタートで料金は500円+飲み物代です、お得です。平日でお忙しいと思いますが、お時間のある方は是非ご来場下さい。
アマデウスホームページ
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-01-25 23:21 | Concert information | Comments(0)

神戸館Live

d0077106_19532844.jpg雨は夕暮れから雪へと変り・・・
こんな日に限って灯油の在庫がありません。寒い。寒すぎる。

今住んでいる家は、雨の日になると冷え込みます。晴れている日より気温が低いわけではないのに、何故か寒さが染み込んでくるんですよ。これは一体どういうことなんでしょう。

ただでさえ末端が冷え込みやすいというのにこれはキツい。
こんな日は風呂に入ってさっさと寝るに限ります。

今日は神戸館という喫茶店で映画音楽を中心に30分程のミニライブをやってきました。店には通常の喫茶ルームの他に20名程が入れる禁煙室があり、毎週日曜日に様々なライブが行われています。音響も程よく、クラシックギターでライブを行うにはかなりいい環境だと思いました。

また来月の10日にビートルズナンバーを中心にしたライブを行うことになっています。入場料無料ですのでお茶を飲みながら気楽にお聞き頂ければ幸いです。神戸館ホームページ
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-01-20 20:12 | おんきち | Comments(0)
 今日はバイオリンとの練習日で、ピアソラの「タンゴの歴史」を重点的に合わせる。学生時代からよく聞いていて思い入れのある曲なんだが、何故だか合わせる機会がなくいままでお流れになっていた曲。これをやりたかったからアンサンブルメンバーを探してた、というのは言い過ぎだけど、大きなモチベーションの一つになってたことは間違いないな。

朝も早くから「ボルデル」「カフェ」「ナイトクラブ」の練習をする。タンゴって夜の音楽のイメージが強いので朝っぱらからテンションを高めるのは結構しんどい(笑)
一番派手なイメージがあり、合わせに苦労すると思った「ナイトクラブ」を最初に練習するが、意外とすんなりと合わせる事が出来た。もちろんまだまだ詰めが甘い所はあると思うけど、この曲に対してはお互いの持ってるイメージが近いのかもしんない。

予想に反して難航しそうなのが「ボルデル」音型が飛んだりはねたりと技巧的にキツいのと落ち着きがなくあちらこちらに飛び回る奔放なイメージがなかなか捉え難い。

バイオリニスト曰く「ショスタコービッチやプロコフィエフ弾いてるみたい」とのこと。そんなイメージ今迄持った事なかったが、冗談なのか本気なのか分からないとこや、落ち着きなく揺れ動く雰囲気は確かに似通ったものを持ってるのかも。意外な所で南米とロシアの音楽の共通点を見た気分。

そしてもっとも手こずったのが「カフェ」
一番耳にする機会が多い曲なので正直楽勝かと思ったけど、とんでもなかった。とにかくフレーズの息が長く、伸ばすも縮めるもご自由にという感じなんだけど、逆にあまりの自由さに何処に曲の落としどころを作ればいいのかが難しい。これはじっくりと考える必要があるなあ。


さてといきなりですが、宣伝です。
明日、姫路市役所付近の喫茶「神戸館」という所で(ホームページはこちらです)午後の4時から20分程のショートライブを行います。入場料無しなので、お気軽にお越し下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-12-27 18:35 | おんきち | Comments(0)

バークリーライブ終了

d0077106_18533211.jpg
バークリーでのライブが終りました。急なライブだったのにも関わらず多くのお客さんに来場してくれて、感謝感謝です。

コンサートとは違い喫茶店でのライブという事で、演奏中もお客さんの出入りがあったりしましたが、熱心に聞いて頂いたのが嬉しかったです。

休む暇なく次の25日にレストラン&カフェ MOMAでミニライブをやります。次はアンサンブルではなくソロなのでまたネタの仕込み直しです。さてどうするかな〜

MOMAの場所はこちら
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-12-23 19:12 | おんきち | Comments(2)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31