タグ:コンサート ( 72 ) タグの人気記事

Live宣伝

こんにちは、少しコンサートの宣伝をさせていただきます。
といっても自分のやつではないです、そちらは今計画中なのではっきりと固まり次第お知らせします。


金谷幸三 クラシックギター ライブ

2010年7月19日(祝)午後2時半スタート

場所:神戸ロッコーマン・ホール

2010 年7月25日(日)午後6時スタート

場所:大阪 FANA店


2ヶ所いずれも当日券のみ2500円

プログラム

J.S.BACH.....
Praeludium BWV1010
Fuga BWV1000
Allemande BWV1012
Ciaccona BWV1004

A.BARRIOS MANGORE.....
La Catedral
Madrigal
Mazurka Apasionata
El Ultimo Tremolo
Vals No.4

And Others.....
The Koln Concert/ Cavatina/ Invierno Porteno/
Toccata "in Blue"



国内外の数々のコンクールで入賞歴を持つ金谷幸三氏のコンサートです。
腕の故障によりしばらくコンサート活動から離れていましたが、今回、満を持して活動を再開されます。

プログラムを見ると、バッハの作品集やバリオス、キースジャレットのケルンコンサートなど相変わらず濃密で興味深いプログラムが並んでいます。チケットは当日券のみということです。

興味のある方は是非会場まで足を運んでみてください。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-06-23 13:44 | Concert information | Comments(0)

和辻哲郎展に寄せて

お久しぶりです。
5/13に姫路文学館において姫路文学館友の会総会・記念行事が行われるのですが、
その会で演奏する機会を頂きました。


「ギターでめぐるヨーロッパの旅 - 「和辻哲郎展」に寄せて」

日時:平成22年5月13日(木) 午後1時30分〜(演奏は午後2時20分頃から)
場所:姫路文学館講堂(北館3階)

プログラム:

シチリアーナ/イタリア伝承曲
アラビア風奇想曲/フランシスコ タレガ
プラテーロと私より「夕べの鐘」/カステルヌーヴォー テデスコ
魔笛の主題による変奏曲/フェルナンド ソル
ソナタ3番よりシャンソン/マヌエル マリア ポンセ
さくら変奏曲/横尾幸弘


この会は姫路文学館の友の会の会員の方のための行事ですが、もし演奏を聴きたい方がいれば入場する事も出来るとの事なので、興味のある方は是非ご連絡下さい。

毎度、宣伝が遅くなってしまって申し訳ありません…


先日、会の打ち合わせで姫路文学館まで伺って打ち合わせをした後に文学館の建物を見学させて頂き、「和辻哲郎展」も見させて頂きました。中には関係資料があり和辻本人の直筆の手紙の他に交流のあった夏目漱石や芥川龍之介、島崎藤村などなど日本文学のオールスターともいうべき人達からの手紙がありそれを見ているだけで面白かったです。

ドイツ語の原書に入念、丁寧な書き込みがあり、研究熱心で知性的な感じを受けましたが、和辻の文字自体は優しく柔らかみがあり今まで勝手に描いていた堅くて難しい感じのイメージとは違う人なのかなと思ったりしました。

芥川の字はものすごい達筆、漱石も達筆でしたが文字からユーモアが感じられます。この手紙を見るだけでも行く価値があると思いますよ。

姫路在住ながら恥ずかしながらあまり知る事の無かった和辻哲郎の姿が少し見えた様な気がします。これから色々と読んでみようと思います。


あと文学館を色々と見せて頂いて写真も何枚か撮らせてもらったので載せようと思っていたのですが、携帯のSDカードが無くなってしまったので掲載する事が出来ません…またの機会に載せようと思います。カッコいいんですよ、姫路文学館。

しかし何処でカードがなくなったのやら?
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-05-10 22:27 | Concert information | Comments(0)
d0077106_745243.jpg

2/7に茨木市生涯学習センター内にあるきらめきホールで行われたギタリスト北口功氏のコンサートを聴きに行ってきました。このホールで4年連続(しかも無料で!)で行われているコンサートと聞いていましたが、実際に聞きに行くのは初めてでした。


今回はサントス・エルナンデスとドミンゴ・エステソという二台の歴史的な銘器を前半と後半に分けて使いわけるという贅沢なコンサート。今回のコンサートのためにわざわざ茨城の(茨木ではなく)ギター文化館からこの銘器を保険をかけてまで借りて臨んだとの事で氏のこのコンサートに向ける意気込みの強さが伺えます。


当日のプログラム
ソル/第七幻想曲
シューベルト/セレナーデ(メルツ編)
バッハ/テンポ・ディ・ボレアとドゥーブル
(無伴奏バイオリンのためのパルティータ第一番より)
ヴィラロボス/プレリュード第一番
武満徹(編曲)/「12の歌・地球は歌っている」より
早春賦、ロンドンデリーの歌

休憩

タレガ/アデリータ、涙
アルベニス/アストゥリアス
ポンセ/南のソナチネ
(田園/唄/祭り)
シューマン/まどろみの歌(タレガ編曲)
バリオス/森に夢みる
アルベニス/セビーリャ(リョベート編曲)

アンコール
シューマン/トロイメライ(バリオス編曲)
バリオス/ディノーラ



バラエティに富んだプログラムですが、第七幻想曲や、バッハ、アルベニスやポンセといった曲は入っているものの、パッと見た感じでは小品を中心にしたプログラムにも見えます。これだと少し食い足りないかな・・・などとプログラムを見た時には不遜にもそんなことを思ったりしたのですが、そんなことは全くなかったです。


どんな小品でも細部まで磨きをかけた美音で丁寧にしっかりと歌い上げてくるので一つ一つの作品が想像以上にボリュームがあり、コンサート終了時にはすっかり満腹になりました。技術的には比較的簡単に思われるタレガの小品集などもマスターピースとしてコンサートのプログラムにしっかりと納まっていたのが凄い。弾く事も聞く事も多い曲ですが、ああいう演奏にはなかなか巡り会えるものではないです。


ギターの性格の違いを活かした選曲も見事でした。前半のサントスは重厚でなおかつバランスを伴った響きでソルやバッハの対位法や武満のギターを共鳴させる独特の音響世界を見事に支え、後半のエステソは華やかな高音でスペインの香りのする作品群のカラーにこちらも上手くフィットしていました。


個人的に特に良かったな、と思ったのが前半のバッハと後半のアストゥーリアス。バッハは暴風雨の様な音の洪水の中からしっかりとポリフォニーとそれに伴うポリリズムが浮き上がってきてまるで現代の複雑なミニマルミュージックを聞いているようでカッコ良かったです。アストゥーリアスはよく弾かれている編曲とは異なり(自編かな?)音数を減らして少しドライにも感じる表情の中からしっかりとサパテアートの靴の響きが鳴り響くような好演でした。どちらの曲も銘器の響きに甘える事なくしっかりと曲の構造を浮き彫りにしようとする演奏者の姿勢が印象的でした。


音楽祭などで何度か顔を合わせる機会があり、その度にお話をうかがう機会があり色々とアドバイスを聞いたりしているのですが、あまり多くを語らず寡黙な方という印象があります。ただ一つ一つ吟味して丁寧に分かりやすく伝えようとしてくれるので非常に重みのある言葉となって心の中に残っています。今回のコンサートも人にも音楽にも誠実に接しようとする氏の人柄が良く伝わる素晴しいコンサートでした。


エネルギー頂きました。ありがとうございました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-02-08 08:12 | おんきち | Comments(0)

3/9 Teatime Concert

d0077106_18325394.jpg


コンサートのお知らせです。


Teatime Concert

日時:3/9(火) 13:00〜15:30
会場:コーヒーロースト
姫路市白鳥台1丁目22-15 
tel 079-266-3283

伊藤恵美(朗読)
渡辺悠也(ギター)

プログラム
朗読:
 樋口一葉 「たけくらべ」 
 茨木のりこ 「寄りかからず」
 
ギターソロ
 さくら変奏曲 早春賦 他

チケット:1200円(コーヒー、ケーキ付き)


先日ご一緒した朗読の伊藤さんとのコンサートです。
ご希望される方は3/5までにお申し込み下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-01-29 18:43 | Concert information | Comments(0)

ベガムジークコンサート

d0077106_17353980.jpg


写真は梅田のスカイビルです。
帰り道に立ち寄って写真撮ってきました。


ベガ・ムジークで主催している定例コンサートのゲストに呼ばれて阪急川西能勢口駅前のアステ 3階にある日本料理の「松本」というお店で演奏してきました。

ベガ・ムジークは堤純子さんという方が主催されていて、大阪を中心に様々なコンサートやイベントを企画、開催し、プロアマを問わず多くの音楽家の交流の場所となっています。以前からその活発な活動は目にしていたので是非一度参加してみたいな〜と考えてました。


当日演奏曲

ミラン:二つのパヴァーヌ
ヴァイス:パッサカリア
ソル:魔笛の主題による変奏曲
武満徹編・ギターのための12の歌より:早春賦/星の世界
ブローウェル:悲歌〜武満徹の思い出に
ポンセ:プレリュードホ長調/主題と変奏・終曲


1時間くらいのプログラムでしたが、結構遊び無しのハードプログラムでした。
今季はこの辺りの曲を中心に一度しっかりしたコンサートをやってみたいなと考えてます。


当日は他に11組の方の演奏を聴かせて貰ったのですが、演奏方法も音楽も個性的で最後まで興味深く楽しく聴かせて頂きました。本当にギターに熱心に楽しく取り組んでいるのがすごく伝わってきてとても勉強になり、もっと頑張らないといけないな・・・と思う事しきり。いっぱいエネルギー頂きました。みなさんどうもありがとうございました!


おまけ

d0077106_17491016.jpg


大阪駅前の「ヨドバシカメラ」内のソフトバンク。
大阪ではソフトバンクもタイガースカラー?
他でもそうなのかな?

d0077106_17505014.jpg


お土産。
演奏ではなくパソコンに取り込んでからの編集用です、ねんのため。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-01-22 17:52 | おんきち | Comments(0)
d0077106_1840913.jpg


国内最大級のプラネタリウムを備えた姫路科学館に、

d0077106_18405135.jpg


天体望遠鏡と宿泊施設のある星の子館。


1/24のコンサートの打ち合わせで出掛けてきました。
昨年行ったコカリナ&ギター&朗読のメンバーでミニコンサートを行います。


小さな音楽会

1月24日(日)10:30∼12:00/星の子館なか よしホール

小樽由布子(コカリナ)
渡辺悠也(ギター)
伊藤恵美(朗読)


入場料無料です。
今回はコカリナの伴奏の他にギターソロや「てぶくろ」という絵本に伴奏をつけます。
昔から好きなお話だったけどロシアの話だったというのは初めて聞いた。
道理でマトリョーシカ人形みたいなお話だと・・・人形とは違って小さい方から大きい方に向かって行くんだけど。そう考えると音楽のイメージもつきやすい。


この日は自転車で行ったんですが一キロ手前くらいから坂道になってるので結構キツかった。
いい運動になりました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-01-18 18:49 | 雑記 | Comments(0)

祝!100日連続投稿

d0077106_747439.jpg


5月から投稿を重ねて、とうとう100日連続の投稿に成りました!
3ヶ月続ければ習慣に成るとはよく言いますけど、なかなかそれでも難しかった。
とりあえず投稿するというだけでほとんど内容のない記事ばかりでしたが、それでも続ける事が出来たということが嬉しい。


写真は「びっくりドンキー」の「ペッパーバーグステーキ」です。
何故だか分からないですが、100日目はこれにしようと決めてました。
この店に行くといつも注文する大好物です。オススメです。


昨日はキャスパホールで行われたヤングコンサートを聴きにいってきました。
沢山の若手の方の演奏を聴けて楽しかったのですが、いちばん良かったのがラストのドビュッシーとリストのラ・カンパネラ!

素晴しい演奏でした、まだ頭の中に夢のような残響が鳴り響いています。

素晴しい演奏とそうでない演奏の境目というのはホントに微妙なところで、いったい何がそれの境界線に成るのかは未だにハッキリと分かりません。ただ、いい演奏にするためには演奏者が一歩踏み込む必要が有るのかなと思います。演奏者と聴衆という垣根を飛び越えるために。

簡単に一歩といいましたが中々そこを踏み込むのが難しい。
その一歩を踏み込める人というのはホントに素晴しいなと改めて思いました。


さて、ちょっと2日程神戸に出掛けてきます。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-08-13 08:02 | 雑記 | Comments(4)
d0077106_21564387.jpg


以前紹介した京都で活動するシラクルによる講習会も全てのレッスンが終りとうとうガラコンサートを迎える事に成りました。


日本を代表するギタリストとレッスンを終了し一回り大きくなった若き音楽家達のコンサート。
とても面白いものに成ると思います。チケットを預かっていますのでもし興味の有る方がございましたらご連絡下さい。チケットを少し安くお譲りできます。


以下、コンサート概要。




シラクル・ミラクル ガラ・コンサート2009


8月22日(土)

府民ホールALTI

開場 18:00 開演 18:30
TEL 075-384-8011
MAIL sis.loux@gmail.com

前売 4000円 当日 4500円

演奏

・受講生より数名

・岩永善信(10弦ギター)

C.サン=サーンス 動物の謝肉祭より白鳥、序奏と獅子王の行進曲
A.ピアソラ ブエノスアイレスの夏      
E.グラナドス 物乞う人、スペイン舞曲第6番(ホタ)   

・松永一文、エリカ・シュトローブル

マシモ.D.プジョール 3つの秋の歌               
A.ピアソラ アディオス・ノニーノ           

・渡部延男

M.M.ポンセ ソナタ・クラシカ

お問い合わせ : CIRCLE(シラクル)
tel:080-5710-9526 代表: 木曽尾好美
メールアドレス:circle2008@excite.co.jp
web:http://circle2008.exblog.jp
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-08-10 21:55 | おんきち | Comments(0)

明日ハ雨カナ、曇リカナ

晴れという選択肢がない今日この頃。

梅雨明けは8月にずれ込むようですね、昔一度だけ梅雨が明けなかった夏があったけど今回もひょっとしたらそうなるのかな。

どんよりとした天気の中、歌との合わせに出掛けました。
姫路文化センターを通過する頃に自転車の後輪ががたがたと言い出す。
恐る恐るタイヤを見る・・・やっぱりパンクしてた(´_`)

先日ムサシで空気を入れて貰った時に後輪がそろそろ交換しないとヤバいと言われていたのである程度予想が出来ていた事だったんだけど。


仕方なく付近の自転車店で後輪を取り替える、4000円かかってしまった。
この自転車の修理費で同じ自転車が10台は買えただろうな、仕方ないけど。
自転車の余りのボロボロ振りが可哀想になったのか、サービスでサドルのスプリングを交換してもらった。

乗り心地が段違いです。ありがとうございました。


______


今日は武満のアレンジを一緒に演奏してもらった。
アレンジと言ってもベースラインと簡単な和音を書いた楽譜だったけど、思ったより上手く行きました。よく考えたら通奏低音とかわらんなコレ。数字付きの低音を読むのとコードを読む作業はほとんど同じ作業だし。

アレンジする前はなんかスゴいものを作りたいとか壮大な事を考えて、結局自分の期待値の方が大きくなり過ぎて手がでなくなるという事がよくある。

・どんなシンプルな物でもとりあえず形にする。
・現場に引っ張りだして実際に音にする。

単純だけど本当に大切な事だと改めて思う。


本当は武満とソルだけをやるつもりだったけど、結局候補に挙げた曲をほとんど演奏する事になる。他の曲は練習してなかったので、ほぼ初見の状態で次々と合わせていく。ちょっと疲れた〜。

でもどの曲もこれで感じがつかめたので、このコンサートの件はあまり心配せずに行けそう。

「考える前に行動」だよな、やっぱり。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-28 21:48 | 雑記 | Comments(2)
d0077106_2054396.jpgもはやムキになってキュウリの写真押しで4日めです。


d0077106_20542454.jpg上も下も結構なサイズになりました。これまでは少し大きくなり過ぎてから収穫してたので明日には穫ろうかなと思います。


d0077106_20551778.jpg今日の家庭菜園からの収穫品です。ナスにピーマン、トマト。コントラストがいいですね。




____



d0077106_2111216.jpg今日は先日お誘いを受けたピアノの吉田先生の菜園にまた遊びに行ってきました。様々な野菜が並んでいて目でみていても面白い畑です。トウモロコシやサニーレタス、枝豆等の野菜が収穫時期を迎えて賑やかです。


d0077106_211426.jpg接写した枝豆の写真です。うーん、美味しそう。収穫のお手伝いをしていたら近所のおじさんが、

「兄ちゃん、野菜作るのうまいのう。どうやって作るんか教えてくれへんか?」

いやいや、自分はただ手伝いに来ただけですよ。




中央の雑草が茂っている部分に耕耘機をいれてまた新たな野菜を作るらしいです。
色々と工夫をしながら楽しそうにこれからの畑の計画を話している吉田先生はホントに楽しそうでした。

最近自分でもやってるのでなんとなく分かるのですが、小さな芽からだんだんと成長して実りをもたらしてくれる植物を見守るのはなんともいえない充実感があるんですね。出来た野菜はおいしく頂けるし。


今日はほんのちょっとだけお手伝いをしただけなのに色々とお野菜を頂いてしまいました。
ありがとうございました。すでに幾つかは美味しくお腹の中に納まりました。
また機会があれば是非お誘い下さい!



P.S

その吉田先生、明日はパルナソスホールでご自身の門下生と共にコンサートを開かれるようです。

吉田裕文と門下生による
リトルコンサート


時間は14:00〜16:00で入場料は無料。
お時間のある方は足を運んでみては如何でしょうか。


しかし門下生とのコンサートでパルナソスホールっていうのはスゴい。
いつか自分の生徒達とパルナソスでコンサートをしてみたいです、でもギターには少し大き過ぎるんですね、あのホール。
d0077106_2121987.jpg

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-07-03 21:37 | Comments(2)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30