タグ:クラシック ( 5 ) タグの人気記事

d0077106_20162848.jpg

あっついですね。ちょっと部屋を閉め切って外出して帰ってきたら室温が35℃を超えてました。
むわ〜んとした熱気が襲ってきて倒れそう…


今日はパルナソスホールで行われたピアノスクールを聴講してきました。
今年で11回目となるこのイベント。すっかり夏の名物イベントになってきた感があります。
人気も定着してきたようで、毎年全国各地から受講生や聴講生が集まってきています。

講師はパリのコンセルバトワールでも教鞭を執っている上田晴子先生
ミクロからマクロまでを俯瞰する解析力、多様な時代、地域の音楽に対する造詣の深さ、アイデアの豊富さ、それを実現する演奏の技術とアイデア、室内楽の超一流の名手と渡り合ってきた経験値、どれをとっても圧倒的でその音楽の素晴らしさにあっという間に時間が過ぎていきます。

受講されている方々もかなりレベルが高く、高度な要求にも直ぐに反応してどんどんと音楽が変化していく様はとても感動的でした。

目の前で繰り広げられる高密度なレッスンに時間を忘れて久々に純粋に音楽を楽しみました。
あと24,25,26の三日間行われるようです。まだ聴講は席が空いているようなので興味がある方は是非問い合わせてみては如何でしょう?


ギターにも色々と通じる部分が多くて勉強になりました。
以下、気になった部分をメモ。


今日良く聞いたのはボールをプールに沈める例え。

鍵盤や音をドスーンと下に落とすのではなく、水の上に浮くボールを水中に押し込めるような浮力を感じながらタッチする。(クレッシェンドをかけるときに良く言われていたようです。)
これを意識する事によって音がポーンと孤立して存在する事なく、周りの音の世界に上手く溶け込ませていたように思いました。発音のシステムが違うとはいえギターにも共通するような感覚だと思いました。

ピアノから様々な楽器の音をイメージさせたり、音の動きを様々な現象や心の動きに例えたり、とにかく音のイメージが豊富でなおかつその場にピタリとあった例えを引出していたのが印象的でした。


あと身体を柔らかく使うように指示していたの面白かったです。
一音をタッチするのに背中から腕の動きを連動させて円を描くようにタッチし、腕や指の筋肉ではなく重さで弾く。それが出来ていた音は同じピアノでも音の芯の有る無しが明らかに違いました。

そのために脱力するように顔やあごの力まで脱くように指示していたのですが、逆に身体のくにゃくにゃした動きはあまり歓迎せず、演奏中に身体が動きだした時は肩を軽く押さえて動きを止める時が多かったです。脱力しながらも重心はしっかりとキープしてその重心から音を出すのが理想的なイメージの様に感じました。

この辺りもいろいろと試してみようと思います。

d0077106_2051373.jpg

夏の入道雲は何か圧倒的な迫力がありますね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-07-23 20:54 | おんきち | Comments(0)

初夏なのに「冬の旅」

NHKつけたらやってました。
ヘビーなコンサート聞き終わった後だというのに聴いてしまったよ・・・
ゲルハーエル、シューベルトの三大歌曲のCD全部持ってます。
思ったより男前でした。


面白かったです。なにが面白いって歌詞の訳が素晴らしい。
もちろんゲルハーエルの卓越した歌唱力があったからですが。

膨れ上がった自我が自分自身を苛む自虐の歌。
今の時代にこそふさわしい歌かもね。


それで、終ったと思ったら今度は無伴奏チェロのコンサート。。
ちょっともう無理です・・・

ぐーてんなはと。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-05-17 00:05 | おんきち | Comments(0)

傑作の森「4、5、6番」

d0077106_2048432.jpg

先週に引き続き、西宮の兵庫県立芸術センターです。今日は素晴らしい天気でした。

「会場に到着したときのワクワクする感情の目覚め」

6番がプログラムに入ってたからではないんですがw
本当に会場に着いた時になんとなくそんな予感しました、
今日は素晴らしいコンサートになるのではないかと。


d0077106_20544417.jpg第4番、第5番「運命」、第6番「田園」とベートーヴェンの中でも特に人気の高い曲が集っていたせいか会場はほぼ満員です。平日の昼にもかかわらずこれはスゴイ。

演奏も素晴らしかった。特に「運命」!

これはちょっと言葉にできない程の素晴らしい体験でした。何故古今東西の素晴らしい音楽家が繰り返し「運命」に挑戦するのか、何故この楽曲がクラシック屈指の名曲と言われているのか。その本当の理由がようやく分かった様な気がします。ハンマーで扉をたたき壊す様な衝撃的な「運命」でした。

勿論、有名極まりない曲なのでCDやらテレビで繰り返し何度も聴いていたんだけど、恥ずかしながらライブで聴いたのはこれが初めて。やはり音楽は生でないと伝わらない事があるんだな、って改めて思いました。

「運命」に入る前、オーケストラのメンバーにものスゴい緊張感が漂っていました。最初から最後まで一切気を抜く事の許されない大曲に全力で取り組んだ姿勢が素晴らしかった。これからは襟を正して聴かないといけないなあ。

4番、6番もとても良かった。改めて聴いてみると4番はすごくポップで分かりやすい曲だなと感じました。(演奏するのはなかなか大変そうだが)もう少し演奏機会が多くてもいい曲だと思います。

指揮者も相変わらず絶好調です。あまりにも好調で6番の指揮中に踊り始めたので思わず笑ってしまった。

あっという間に終ってしまった素晴らしい回でした。
さて、今回で折り返し地点。次回は7番、8番と三重協奏曲です。
楽しみです!



そういえば、「運命」に関して指揮者の井上道義さんが女子供はおよびでない「漢」の音楽だといってました。正にそういう曲だしそういう演奏だった。と感じたんですが、ふと考えた。

もし女の人だけでオケを作って「運命」演奏したらどんな演奏になるんだろ?
指揮者は勿論西本智実さんで。どっかでやってくれないかな。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-05-16 21:26 | おんきち | Comments(0)
d0077106_23534215.jpg兵庫県立芸術文化センター大ホールにて1ヶ月に渡って繰り広げられるベートーヴェン祭り。

その名も井上道義のベートーヴェン!4回のコンサートでシンフォニーの1番〜8番、ミサソレムニス、3重協奏曲をやってしまうという贅沢なお祭りです。9番はあまりに振り過ぎたから今回は外したとのこと。

あだ名はミッチーではなくミッキーらしい。
何故だろうと思いながら見ていたら、なんとなく納得しました。指揮を振る姿がなんとなくミッキーっぽい。楽しそうです。

平日の昼間に見に行ったんですが、熱心なファンであの大きな会場の7割がた埋まってました。

しかし井上道義かっこいい。あの大きな会場を一人で圧倒する存在感。すごく面白かった。初めて聞いた1番がとても楽しめた、2番はちょっとホルンが震えたか?演奏前に解説したからかなw

あと3番の葬送行進曲が素晴らしかった!
d0077106_021272.jpg

それで、これは一週間前の記録という事で、先週書いとけよって話ですが写真撮り込むのがなんとなくめんどくさくて次の公演の前日に更新となってしまいました。

明日は「傑作の森」4番、5番、6番の三連発です。しっかり体力温存しておこう。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-05-15 23:52 | おんきち | Comments(0)

神戸にて

d0077106_1365845.jpg先週の事になるんですが、神戸周辺でチラシを配りに行ってきました。

いつもお世話になっている神戸のロッコーマンに県民会館、元町のヤマハとか。県民会館のアーティストサロンで登録もしてきました。その内に演奏依頼が来るかも知れない。何時かは分からないけど気長に待とう。

チラシ見ても来てくれる人なんてそうはいないし、そもそも見てくれないかも知れない。でもひょっとしたら名前くらい覚えてくれるかも知れないし、そのうち何か仕事に繋がってくれるかも。今はじっくりと宣伝に廻ろう。

写真はその日最後に寄った元町のクラシック喫茶アマデウス。元町駅からアーケードを西に歩くこと約15分のところにあります。この辺り、人通りは少なくなってきてるんだけど、寂れている感じは不思議としない。一つ一つの店が貫禄があるというか、どっしりしている。流石に伝統を感じます。

店内に入ると、落ち着いた雰囲気で、ものスゴくいいスピーカーからモーツァルトの弦楽四重奏が流れている。アマデウスというだけあって、店内に流れる音楽はモーツァルト、本棚にはオペラ鑑賞ガイドとか、クラシック名曲選などなど。コーヒーを飲みながらしばし休憩。あー、時間が許せばここでコーヒー飲みながらゆっくり読書がしたい・・・しかし、この日は用事がありチラシを置かせてもらい渋々店を後にしました。

この店では定期的にクラシックのライブを開催しています。そのうちライブに参加させてもらおう。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-05-24 02:03 | 雑記 | Comments(1)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31