タグ:アンサンブル ( 92 ) タグの人気記事

神戸館ライブ終了!

d0077106_2233225.jpg久々の更新です。

12月も半ばと成り冷え込んでいますが、昨日はボサノバ生誕50周年と銘打って神戸館でフルーティストの田代依里さんとボサノバを中心としたライブを行いました。
プログラム

イパネマの娘/ジョビン
一つのワルツと二つの愛/レイス(Gソロ)
カーニバルの朝・オルフェのサンバ/ボンファ(Gソロ)
ブラジル組曲(マカド)


改めてプログラムを見るとオールブラジルだったw
レイスの曲はギタリスト以外にはあまり知られてないかも、小品が多いのですが短くても洒落た曲が多いです。この「一つのワルツと二つの愛」はもっと多くの人に演奏されて欲しいですね。

新聞での宣伝効果のおかげか、特に15:00からの演奏には多くの人が集ってくれました。ご来場下さった皆様ありがとうございました。

今年は何回かこの神戸館さんで演奏をさせて頂く機会があり、その度に色々とお世話になりました。ありがとうございました。
d0077106_2226270.jpg
頂いたお花の写真。
今年、いろいろな機会でお花を頂く機会がありました。しかし世話が下手なのか長持ちしない事が多い・・・

ちょっとネットで調べてみると

鉢の中に少量の砂糖を入れると長持ちする。
鉢にちょっと防腐剤をまくと細菌の増殖が抑えられて長持ちする。
鉢に氷をいれると殺菌効果があり長持ちする。

う〜ん、氷に砂糖とは意外でした。
こういう花ってしっかり管理するとどれくらい持つんでしょう?
ちょっと注意深く見てみます。


追伸
彼女から連絡があり、砂糖を入れる、氷を入れる、どちらもあまりいい影響が出なかったらしいです。長持ちさせたいなら栄養剤を入れるのがいいとのこと。あと殺菌作用を出すために10円玉を入れると効果があるそうです。なるほど〜。

とりあえず鉢に10円玉を投入、日中は柔らかい日光が当たる少し寒い所に花を置いてみる事にします。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-12-15 22:35 | おんきち | Comments(0)
ギタリスト金谷幸三氏を迎えてのジョイントコンサート無事に終了しました。ちょうど今の季節、姫路は祭りのシーズン真っ盛り。さらに姫路音楽祭の期間と思いっきり被るというタイミングの悪さがあり、(大いに反省しています・・・)お客さんが来てくれるのかなとかなり心配になりましたが、有難いことに多数のお客様が来てくれました。
d0077106_22563346.jpg
プログラム

ロンドン交響曲第一楽章/ハイドン
スペイン風三つの小品/ロドリーゴ(金谷ソロ)
ブエノスアイレスの冬/ピアソラ(金谷ソロ)
セビリアの理髪師/ロッシーニ

休憩

サーカスミュージック/ドメニコーニ
プラテーロとわたしより/テデスコ(渡辺ソロ)
幻想曲/ソル

アンコール
三つの秋の小品よりセンテナリオ通り/プホール


サーカスミュージックは正に綱渡りの連続でヒヤヒヤモノでしたが、会場からは笑いもとれたので一安心です。ソルは本番の出来がいままでで一番よかった。

御来場下さった皆さん、コンサートを後ろから支えてくれたスタッフの皆さん、不出来な弟子を叱咤激励しながら引っ張ってくれた金谷師匠、本当にありがとうございました。

以下は反省

やっぱプログラムがマニアックという意見が・・・
これはこれからもずっと考えないといけないことですね。
ポピュラリティーってのは難しい。

あと音響。
昨年のソロに続いてイーグレのアートホールで行ったんだけど、響きがデッド過ぎて音の返りが全くないのがツラ過ぎる。クラシックギターの響きを最大限に生かすためにはもう少し音響面を考えないといけない。
パルナソスの響きは素晴しいのだけど、あそこはちょっとでか過ぎるし・・・
神戸のロッコーマンホールみたいなホール、広島の東区民センター。あんな感じの大きさも音響も丁度いいホールが姫路にあればいいんだけど。

さてと次は何をしようかね。
考えねばねば。
d0077106_22372632.jpg

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-10-19 22:36 | おんきち | Comments(0)

朗読会終りました。

d0077106_22385195.jpg夜なのにあまりに外が明るいのでちょっと散歩。
見上げると雲一つない空に蒼白く輝く月。
周囲はすっかり蒼白く染められて
足下には影が出来るほど。

「それにしても、この月はいつもひとりで空にいる。
 夢でなければ、誰一人、落ちる姿は目に出来ぬ・・・」

ヒネメスもこんな月を眺めながら詩を書いていたのかな。


「プラテーロとわたし」朗読とギターのコラボレーション、無事に終了しました。当初は小さい会議室で50名程の定員で行うつもりのイベントでしたが、応募者が多いため急遽会場をあいめっせホールに移動、当初の予定を大幅に越える150名ものお客様にご来場頂きました。本当にありがとうございました。

後半はややスタミナ切れしてしまいましたが、朗読との共演というあまり無い機会を観客と一緒に楽しむことが出来たと思います。

一生懸命練習した「プラテーロとわたし」より、ほとんど即興で行った「ことばあそびうた」の方が面白かったという意見もあり、嬉しかったり残念だったり。いろいろ勉強になりました。

プラテーロはまだまだやってみたい曲が多いし、まだ勉強しないといけないなと感じる部分も多かった。是非またやってみたい曲ですね。

来場されたみなさんに感謝。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-09-17 22:58 | おんきち | Comments(0)

Summer Salon Concert

d0077106_22172733.jpg

Summer Salon Concert

渡辺悠也(クラシックギター) 
田代依里(フルート)
日時:7月27日(日)
場所:神戸館
神戸館ホームページ
時間:14:00〜 16:00〜 
二回公演(入れ替え制)
料金:1000円(コーヒー付き)

プログラム
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
イベール:間奏曲
マカド:ブラジル組曲
アサド:夏の庭より(ギターソロ)  他




いつもお世話になっている神戸館でサロンコンサートを開く事になりました。
7月の終りという事で暑さも本格化してくる時期ですが、ギターとフルートによる夏の音楽をお楽しみ下さい。

席数が40程しかなく混雑が予想されます。
お早めのご予約をお願いします。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-06-25 22:19 | Concert information | Comments(2)

小さな音楽会

参加してきました。
子供とお母さんのための《小さな》音楽会でしたが、中々の盛況振りで会場は子供と母親が会わせて200人程で、当初予定していた人数を大幅に越えてました。主催したお話グループのネットワークの広さは本当にたいしたモノだなと改めて再確認。

今回は「こすずめのぼうけん」という絵本と谷川俊太郎のことば遊び歌に自作の曲を付けて朗読に続いて演奏するという、今まで経験した事の無いことにチャレンジしました。作曲する事自体いままでほとんどやったことがないのでどうなることかかなり心配でしたが、楽しみながら挑戦する事が出来たと思います。作曲も勉強しないとなあ。

歌との合わせも中々にスリリングで面白かったです。歌との合わせはまた他の楽器とは違った難しさがあります。音だけでなく言葉にも揺さぶられてしまう。二重に頭に響いてくるせいなのか、なんでだか分からないのですが無性に不安になってしまう瞬間があります。歌の力強さに対してなんだかギターが弱々しいものに感じてしまうのだろうか。

色々と不安もあったけど歌とのコラボも楽しかった。当初は一番難しくて合わせが困難だった武満の「○と△の歌」」が一番のりよく演奏出来たと思う。演奏終了後、子供が歌手の所に来て歌詞を聞きに来てたなあ、子供にもこの曲人気がありそうだ。

帰りはその「○と△の歌」を口ずさみながら帰りました。

チキュウハマルイゼ〜♪
リンゴハアカイゼ〜♪
ロシアハヒロイゼ〜♪
ピラミッドハサンカクダゼ〜♪

歌ってるとクセになる歌です。

そういえば、何故だか知らないけど参加者に高校生に間違えられました。
流石にそれは喜んでいいのか・・・
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-04-03 22:40 | おんきち | Comments(0)

Spring concert 2008

d0077106_23551727.jpg
先日、姫路の南風会サロンにおいて、バイオリニストの中西ターニャさんとともにコンサートを開催しました。

当日の天気は生憎の雨模様でしたが、そんな中でも多数のお客さんにご来場頂いて本当にありがとうございました。大学時代の懐かしい友人も訪れてきてくれて嬉しかったです。

プログラム

ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲
モリコーネ:ニューシネマパラダイス
横尾幸弘:さくら変奏曲(ギターソロ)
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲

休憩

ディアンス:サウダージNo.3(ギターソロ)
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハNo.5アリア
ビゼー:ハバネラ
ピアソラ:タンゴの歴史より
ボルデル1900 カフェ1930 ナイトクラブ1960

アンコール
パガニーニ:カンタービレ
モンティ:チャルダッシュ


バルトークはピアノ譜から編曲し直しました。ギターであまり弾く機会の少ない大作曲家を改めて勉強するいい機会になりました。ギターとバイオリンの譜面も売ってましたが、なにせ高い・・・6分位の小品に3000円はちょっと。

楽譜の値段ってどうやって決めているのか謎ですね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-03-31 22:00 | おんきち | Comments(0)

Spring concert 2008

d0077106_22481217.jpg 外に出ると優しい風が吹いていました。まだまだ寒い季節が続いていますが、春はもうすぐ近くまで来ているなと実感しました。

気温があがってきたせいか、ギターの鳴りも良くなってきています。春の訪れを楽器も感じているようです。

これから5月くらいまでがギターにとっても嬉しい季節です。だんだん暖かくなってくると楽器にも指にもうれしいですね。しかし日本には梅雨があるので有難い季節もそんなに長く続きません。今のうちに張り切って練習しよう。

姫路駅から徒歩5分、フォーラスの裏手の南風会サロンにてバイオリニストの中西ターニャさんを迎えてスプリングコンサートを開催する事になりました。ギターとバイオリンの組合わせと聞くとみんな珍しいのか、ピアノは入らないの?ってよく聞かれますが、ギターとバイオリンのみです。この組合わせとても相性がいいんですよ。

日時:3月30日(日曜日)
場所:南風会サロン(藤原歯科2F)
ホームページはこちら
開場:13:30 開演14:00
一般2000円 高校生以下1000円

プログラム
ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲
横尾幸弘:さくら変奏曲
ピアソラ:タンゴの歴史  他


お問合せやチケットの予約は隣のメールフォームからお願いします。
春の一時をギターとバイオリンのハーモニーでお楽しみ下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-02-20 23:09 | Concert information | Comments(2)

徒然日記

久しぶりの更新になります。

最近は歌との合わせがあり、そのために編曲してる時間が長かったです。
子供と親御さんのためのコンサートで、ジブリとかサウンドオブミュージックとかみんなが知っていて分かりやすい曲が中心になってます。この辺の曲はコードもシンプルで伴奏も楽だけど、一緒に演奏する武満徹の「songs」がややこしいです、とっても面白いんだけど。

あと詩や絵本に伴奏や曲を付けてみたりと今までやった事の無い事に挑戦します。さてどういう結果になるのか。

歌の方に借りた「ソル」の歌曲集を今聞いています。ギターやった事無い人ならまず聞いた事の無い作曲家だと思いますが、これがかなりいいです。いつかこれもやってみようっと。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-02-11 11:19 | 雑記 | Comments(0)

Live告知2/14

d0077106_2334384.jpg寒い日が続いています。自転車で走り回るのがツライです、何がツライって耳が痛いのが嫌です。

2/14(木)のバレンタインの日に神戸のアマデウスでライブを開きます。今回はバイオリニストの中西ターニャさんとの共演になります

プログラムはヴィヴァルディにモリコーネ、ピアソラとなってます。ここにパガニーニも入れてイタリア色強調しようかなと思いましたが、ピアソラが結構なボリュームになるので今回はパス。

バレンタインらしくロマンティックなプログラムになったと思うけどどうでしょう?

19:30スタートで料金は500円+飲み物代です、お得です。平日でお忙しいと思いますが、お時間のある方は是非ご来場下さい。
アマデウスホームページ
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-01-25 23:21 | Concert information | Comments(0)

図書館ホール

d0077106_17232822.jpg今日はNew Year Charity Classic Concert in 2008に参加してきました。会場は姫路市立広畑図書館ホール。スーツとギターケースを抱えながら家から自転車をかっ飛ばすこと10分。ちょっと息が切れた。

この図書館は二階は普通の図書館なんですが、三階は会議室や学習ルームになっていて選挙の時は投票所に早変わり。四階はトレーニングルームそして五階はコンサートホールと様々な施設が詰め込まれています。ホールは一度ピアノコンクールの予選を聞きにきた時以来ですね。

今回はフルートとの共演で、グルックの「精霊の踊り」を演奏しました。譜面はピアノ譜からギター用に編曲、有名なLentの部分はギターにピッタリあっていてそれほど苦労も無く編曲出来たんだけど、それに続いてるメヌエットは意外としんどかった。ヘ長調って結構いやらしいし、昔聞いたCDにはメヌエットなんて入ってなかったしw
今回は既製の譜面は使わなかったけど、他の人がここをどういう風に編曲しているのか一度見てみたい。

ホールの響きは余り良いとは言えず、またピアノ伴奏の迫力あるオペラ歌曲の次だったのでちゃんと聞き取ってもらえるかが心配でしたが、人がいっぱい入った本番でもちゃんと会場に響いてくれていた様です。

満員の会場で演奏する機会を与えてくれたフルーティストの田代さんと関係者の皆様に感謝。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-01-06 18:03 | おんきち | Comments(2)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31