タグ:アンサンブル ( 92 ) タグの人気記事

小学校の音楽会



d0077106_22590471.jpg

姫路の小学校はこの時期、音楽会が集中しているようで、ほとんど毎週末どこかの小学校で音楽会をやっているみたいです。

近くの小学校でギター教室で教えている生徒さんが参加する音楽会があったので聞きに行ってきました。開場は8:30。開演は9:00。開演5分くらい前に会場に着きましたが、体育館の客席は子供さんやお孫さんの晴れ舞台を一目見ようと沢山のお客さんで埋まっていて、場所を見つけるのが大変でした。隙間から舞台を覗いて生徒さんが頑張っている様子を探したのだけれどもちょっと遠くて何処で歌っているのかがよく見えない…でも演奏は良かったです。子供の演奏を聴くと本当にほのぼのしてていい感じ。先生もこの日のために頑張って来たのが伝わって来ました。

自分が小学生の時も音楽会は大切なイベントで、その日のために頑張ってたのをちょっとだけ思い出しました。



[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-24 23:08 | 雑記 | Comments(0)
ストリングコンサート無事に終了しました!
今回は初めてのキャスパホールでの開催。普段やっているパルナソスホールに比べ色々と狭くなるので色々と心配事がありましたが、終わってみれば無事に開催する事が出来ました。このコンサートに向けてしっかりと打ち合わせをしてきたスタッフの皆様と参加者の皆さんがしっかりと自分たちのやるべき事を把握出来ていたからだと思います。お疲れさまでした。

d0077106_00212378.jpg


ギター教室は藤井敬吾さんの”シャボン玉変奏曲”を演奏しました。本番までどうなるものかと心配事はつきませんでしたが、終わってみれば本番が一番良かったと思います。みんな本番に強いな(笑)


d0077106_00223731.jpg


昨年に引き続き、全体合奏の指揮も振らせてもらいました。拙い指揮にも関わらず、エンターテイナー、スパニッシュメドレー、共にみなさんノリノリの演奏をしてくれました。演奏が終わってからブラボーを聞いたのは初めてでした。
みなさんいい演奏をありがとうございました。とても楽しかったです。

この日は一切楽器に触っていないにも関わらずエネルギーを使い果たしてくたくたになりました…
でも心地よい疲労感でした。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-21 00:34 | Comments(0)

BWV998 fugue

d0077106_10221048.png

明日のストリングコンサートで演奏する、"シャボン玉変奏曲"の最終変奏部分がフゲッタ(小さなフーガ)になっているのですが、それを指導したり指揮してたらふと思いついたので譜面を作成してみました。BWV998のフーガのスコアです。もともとソロで弾く曲なのですが、それぞれのパートを分離して三重奏のスコアにしてみました。これいつかみんなでアンサンブルで弾いたら面白いかも。

おっと、まだコンサート終わっていなかった。今日が最終練習日。明日が本番です。頑張ります!

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-11-17 10:26 | おんきち | Comments(0)

ギター合奏練習

d0077106_15023807.jpg

昨日に引き続き合奏の練習です。
今日はギターだけの合わせ。普段は金曜にしてますが、平日に来れない社会人の方も来れるように土曜日に練習しました。初合わせの方も何人かいましたけど流石に経験値が多い分スムーズに音の中に入っていけたのではないかと思います。

大人と子供と一緒に合わせると子供は感覚的に音を合わせる人が多いのですが、大人は曲の仕組みを理解してから入っていく方が多くてこの辺の違いが興味深いです。

普段はソロの練習をしているメンバーとアンサンブルの練習をするといつもと違う様子が見えて面白いですね。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-28 15:10 | おんきち | Comments(0)

全体合奏合わせ

d0077106_23080254.jpg
今日はストリングコンサートのフィナーレを飾る全体合奏の練習でした。
久々に弦楽器の皆さんとピアノとも一緒に弾けて楽しかったです。
指揮は……………… なかんじでしたけれども。

合奏練習後、バイオリン、ヴィオラ、チェロの皆さんがボウイングの合わせをする練習を始めていて、それも少し見学させてもらいましたがとても参考になりました。

最近、コンサートでもピアノや弦楽器と合わせる機会がありますが、彼らの普段から感じているテンポ感はギタリストよりずっと早いんじゃないかと思います。それはプロであるとかないとかそういう段階でなく、もう楽器を習い始めて直ぐにそういうテンポの世界に放り込まれて鍛えられているからじゃないかなと。

私みたいなのんびりしたギタリストがのんびりとしたやり方で教えているのに、今日いきなり弦楽器メンバーにもまれながら演奏してくれた生徒さんの皆さん。本当にお疲れさま出した。多分そうとう面食らったのではないかと思います。

でもこうやって他の楽器の音色、音量、そしてスピード感に慣れておくのは、今後ソロやギターのアンサンブルをやっていく中でも役に立つとても良い勉強になると思います。本番まであと少し、一緒に頑張りましょう。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-27 23:18 | おんきち | Comments(0)
d0077106_12502303.jpg


今年もこの季節が近づいてきました。
姫路の弦楽器を演奏する団体が集まっての一大イベントストリングコンサートです。
教室としての参加はどれくらいになるのかなと思って数えてみると…

ストリングコンサート終了

これが初回ですね、2011年だからもう7回目、教室としての参加は6回目になりますね。
もうこんなに長い時間参加してたのですね…

気がつけば毎年の恒例行事になっていますが、こういう異種交流のコンサートは自分にも生徒にも大きな勉強の場になっています。有り難い事です。

今年は会場がいつものパルナソスホールが改修中で使えないので、姫路駅前のキャスパホールになっています。キャスパホールは交通のアクセスはいいのですが、この規模のコンサートを開催するには少しキャパが狭い。パルナソスは音響は抜群ですがアクセスが不便で少し大き過ぎる。うーん、悩ましいところですね。

[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-10-24 12:59 | Comments(0)

An Wasserflüssen Babylon



バッハのコラールも5曲目になります。
この曲は各声部をしっかりと歌い込んだので、録音の出来も良くなった気がします。楽器を以前の楽器に戻したのですが、録音してみると録音レベルを全く変えてないのに波形と大きさが全然違うのでビックリしました。至近距離で録音するとコッチの方が圧倒的に波形が小さいんですよ… でもこれが遠くになると全然聞こえ方が違ってくるので面白いですね。



[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-02-16 12:30 | Recording | Comments(0)

トリアングロ

この二週間で、短期間に本番が4つほど重なってバタバタしてましたが、ようやく一段落つきました。でもまだこれから大きいのが控えているのでそれに向けて準備に入ります。
d0077106_11252512.jpg

近所を奥さんと子供と散歩してたら掲示板に見た事ある顔が出て来てビクってしました。
2/5、今度の日曜日に姫路市文化センターで行なわれるトリアングロの宣伝チラシでした。
ギタリストの金さんとは自分が学生の頃からの知り合いです。東京国際ギターコンクールの常連でよく本選まで残っていた凄腕ですが、話をするととってもお茶目なギタリストです。ギターケースに張っているアポヤンドステッカーも金さんが発案したもので、直接本人から頂いたものです。

バンドネオン、バイオリン、ギターでのトリオってなかなか珍しい編成です。まずバンドネオンがそういないですからね。この組み合わせで聞く本格的なタンゴ、とても楽しみです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-01-30 11:35 | 雑記 | Comments(0)
明けましておめでとうございます。(少々遅れましたが…)
本年も宜しく御願い致します。

早速ですが、間近に迫ったコンサートのお知らせです。どちらも1/22です。

d0077106_13511590.jpg

小さな絵本の音楽会
毎年恒例になってきました。年齢制限の無い0才〜 入場可能なコンサートです。
会場は冷えるので温かい格好でご来場下さい。

d0077106_13512379.jpg

熊本地震支援チャリティーコンサート
熊本の震災への支援のコンサートです。
入場料はありませんが、会場での募金にご協力頂ければ幸いです。
会場はカトリック姫路教会。初めて演奏しますが天井が高く、ギターがとてもよく響きます。

どちらも入場無料で、時間帯も被ってないので(どっちも出るので当然ですが)両方のコンサートに参加する事も可能ですよ。皆様のご来場を御待ちしております。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2017-01-20 14:01 | Concert information | Comments(0)

Es ist das Heil uns kommen her


久しぶりにバッハのコラールの録音です。
今までの録音はソプラノとアルト、テノールとバスをそれぞれ一本のギターでまとめて二重奏で弾いていましたが、やってみると結構難しいところも出てくるのでそれじゃいっそのこと全部バラバラにして四重奏で録音してみようか、パート毎は簡単だし上手くいくだろうと思ったのですが、甘かったです…

最初はバスだけを録音して、それを聞きながらソプラノ、アルト、テノールと録音していきましたが全部合わせるとバラバラ…特に真ん中の二パートが全く合っていなかったのです、仕方が無いのでバスとソプラノを合わせたものを聞きながらテノール、アルト、とひとつずつ重ねていきました。結構手間がかかりました。それでもやっぱり合わせ切るのは難しかったです。
d0077106_15035940.png
録音に編集にと大活躍のガレージバンド。

こうして聞いてみるとソロとアンサンブルのそれぞれの利点がハッキリしてくるなと思いました。

よく、ソロはアンサンブルの様に、アンサンブルはソロのように弾けるといい。といいますが、ソロだと統一感が出易い、アンサンブルだとそれぞれの声部がしっかりと分かるという利点があります、逆もまた然りですが。

でもこうやって録音してみる事で初めて分かる事も結構多いですね。バッハのコラール、まだまだ先は長いですが、これからも続けていきたいと思います。

d0077106_15144191.jpg
最後に、この録音でリペア中のメイン楽器に代わって頑張ってくれた楽器。メイプルで軽い音が出るのですが、思った以上に低音がよく鳴ってくれました。


[PR]
by onkichi-yu-chi | 2016-12-27 15:11 | Recording | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31