<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

アレテクメモ 9/30

今日は新しく体験の方が来られたので、最初の導入部分の復習の時間になりました。
いままで覚えていたようで忘れていた事を復習出来たのでよかった。
体験の方が短時間でどんどんと変化して行く様子を間近で見れるのはとても面白いです。


以下はレッスンのメモ
体験の方がこられた時はいつもここから始めるのですでに3回くらいは聞いている話なんですが、忘れている事が結構多かったです。


Q アレキサンダーは何処出身?

オーストラリア、それも本土ではなくてタスマニアの方だったらしい。
てっきりイギリスの人だと思っていました。


Q アレキサンダーは何を専攻していた?

朗誦 
詩句などを声高に読むこと。朗読。(三省堂 大辞林より)

シェークスピア等をやっていたようです。それでイギリスの方だと思っていました。


Q 自らの朗誦に問題があると感じていたアレキサンダーは問題を解決する為に何をしたのか?

まずは病院に行って原因を探したらしいです。ただそこでは問題点を発見する事は出来なかった。
そこで目の前に鏡を置いて朗誦を行いながら自らの問題点を探したようです。


Q そこでアレキサンダーは何を発見したのか?

自分の朗誦が上手くいかないときに

1 首の筋肉が収縮して頭が後ろに、下に移動していた。
2 呼吸が口呼吸になっていた。
3 頭が後ろ、下に動く事により喉の声帯を圧迫していることに気付いた。

この中で自力でなんとか出来そうだと考えたのが一番目にあげた首の筋肉の収縮だったとのこと。


ここでチェアワークを開始。

・先ずは体を動かさずに首を左右に振る。
 頭蓋骨と首との接点(AO関節)を意識する。

・上半身を股関節を意識して前に倒す。
・座骨の上に体重をのせる。


今まで何度も繰り返している動きなので大分スムーズになってきたと思う。
ただ、慣れてきたためか無意識に動いてしまっているとも感じた。
無意識で行動してしまうとそこから先には習慣しか現れない。そこで一時立ち止まる"抑制"が必要になる。


意識的に動かす為に

・自分を取り囲む空間を意識する。
・自分の身体の感覚を自覚する。


一番基本だけれど大切なことです。
何回言われていても意識から抜け落ちる時はあるんだなあと思いました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-30 22:30 | 雑記 | Comments(4)

今日の昼食

d0077106_656329.jpg


チンゲンサイとベーコンのパスタ。


基本はペペロンチーノと同じです。弱火で加熱したオリーブオイルでニンニクをじっくりと炒めて香りを移して(4分程)最初から炒めるとちょっと辛過ぎるのでその後に刻んだ唐辛子を加えます。ベーコンを入れてじっくりと炒めて、チンゲンサイを投下してさらに炒めます。パスタのゆで汁を加えてかき混ぜて最後に醤油を少したらして胡椒で味付けをしました。


最近作ったオイル系パスタの中では一番いい出来でした。
やっぱり醤油は最強の調味料ですね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-29 13:55 | 雑記 | Comments(0)

ヒールの鑑ですね。

場所前に調子が悪いと言ってる朝青龍ほど信用出来ないものは無いですね。
ほぼ完勝に近い内容で9月場所優勝してしまいましたよ。


場所前は稽古不足が指摘され、けいこ総見では5番程でスタミナ切れという散々な様子。
横審のうるさ方、内館牧子ややくみつるなども今度こそはダメだろうと内心喜んでいたんじゃないかと思っていたのですが、蓋を開けてみればあれよあれよと勝ち星を積み重ね、落とした試合は千秋楽の白鳳との一番のみ。相星決戦となった優勝決定戦では見事に白鳳を下しての優勝。
よくも悪くもこんなに場所を盛り上げる力士もいないですね〜


優勝決定戦の試合はTVで見れたのですが、やはりこの二人の力士の実力は他を圧倒していますね。
この一番以外は全て全力ではなかったのでは?と思う程動きの質が違うのです。この二人と対等に渡り合える日本人力士が出てくればもっと相撲も盛り上がると思うのですが・・・


今場所ではないですけど、この二人の優勝決定戦の動画があったので載せておきます。





相撲も極めればドラゴンボールになるという。
場所中はうかつに外出出来ませんねw


映像処理もスゴいんですが、この方本当に相撲が好きでよく見ているんだな〜と。どこに力がかかってどういう風に重心が移動しているのかというのをよく見ていて、力が入る部分を効果的に映像処理してスピーディで迫力のある動画に仕上がってます。まあ最後は行き過ぎですけどw


こういうの大好きですよ。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-28 06:48 | 雑記 | Comments(2)
d0077106_192373.jpg


歌の林裕美子さん、ピアノの丸山聡美さんと一緒に第3回城乾公民館オータムコンサートに参加してきました。

今回は林さんのお誘いでジブリ音楽と武満徹のSONGSを伴奏する事になっていたのですが、ソロを弾きたかったのでプログラムに一曲放り込んでもらいました。コンサートのタイトルは上記の通りなんですがそれとは全く関係なく「アルハンブラの思い出」を弾かせて頂きました。


長年練習してきたけど人前でしっかり弾いたのは今回が初めての様な気がします。間違いなく名曲ですが元々練習曲として書かれた曲、連続するトレモロはやっぱ緊張しますね・・・


当日は城乾小学校の運動会と日程が重なってしまいお客さんが来ないんじゃないかと心配していたのですが、蓋を開けてみれば会場は満員、終演後は暖かい拍手を頂きました。こうやって拍手を頂けると苦労が吹き飛びます。演奏家やってて本当に良かったなと思える瞬間です。


記録にプログラムを残します。

〜プログラム

花かげ                作詞:大村 主計   作曲:豊田 義一
月の砂漠               作詞:加藤 まさを  作曲:佐々木 すぐる
蛙の笛                作詞:斉藤 伸夫   作曲:海沼 実

歌の翼に               作詞:ハイネ     作曲:メンデルスゾーン
星の夜                作詞:T,バンヴェル  作曲:ヴィドール
月に寄す オペラ「ルサルカ」より              作曲:ドヴォルザーク
                              (以上ピアノ伴奏)

〜休憩〜


君をのせて "天空の城ラピュタ"    作詞:宮崎 駿    作曲:久石 譲
となりのトトロ "となりのトトロ"   作詞:宮崎 駿    作曲:久石 譲
もののけ姫 "もののけ姫"       作詞:宮崎 駿    作曲:久石 譲
いつも何度でも "千と千尋の神隠し"  作詞:筧 和歌子   作曲:木村 弓

アルハンブラの思い出(ギターソロ)             作曲:タレガ

小さな空               作詞・作曲:武満 徹 
翼                  作詞・作曲:武満 徹 

知床旅情               作詞・作曲:森繁 久彌
                              (以上ギター伴奏)

北上夜曲               作詞:菊池 規    作曲:安藤 睦夫

星に願いを              作詞:N,ワシントン  作曲:L,ハーライン
ムーンリバー             作詞:J,マーチャー  作曲:H,マンシーニ



アンコールに見上げてごらん夜の星を 上を向いて歩こうを会場の皆さんと一緒に歌いました。


〜〜〜


N響アワー -ヤンセンの華麗なチャイコフスキー〜バイオリン協奏曲を聴く〜-


裏でやってたONの番組も気になりましたがそっちはビデオに撮ってこれを見てました。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲は色々な協奏曲の中でもトップクラスに好きな曲なので楽しみにしてました。いやージャニーヌ・ヤンセン、スゴい演奏だった。

力強くオケをリードしながら、細かなオケとの掛け合いもしっかりしてるんですね。同郷の指揮者の
エド・デ・ワールトとしっかりと打ち合わせしてたんだと思います。オケ部分は普段余り気にならない曲なんですが、色々と細かな指示が行き渡っている様子が伝わってきて楽しく聴かせてくれました。

最初から高い集中力を切らせる事無く最後はオケを煽る様に力強くフィニッシュ。高い求心力で最後までオケをリードする名演でした。西村朗さんも興奮を抑えきれない様子でしたね〜、やっぱ協奏曲はこうでないと。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-27 22:07 | おんきち | Comments(0)

百貨店巡り

今日は大阪まで足をのばして百貨店巡りしてました。
阪急、阪神、大丸〜


シルバーウィークも最終日という事でどこも盛況だった様にみえました。
普段こういうところには足を運ぶ事が無いので見ているだけで面白かったです。
なかなか運動にもなったし。


会津屋のたこ焼きは天保山の方が美味しかったな〜。


d0077106_5524475.jpg



大丸でぺこちゃんに遭遇。
微妙に疲れが滲み出てます・・・
衣装を自分で直すのも難しいようで付き人みたいな人が衣装の直しをするようで、なかなかシュールな絵でした。マスコットも大変だ。


そういえば巨人が優勝しましたね。
CSの三位争いが激化しているのでついそっちの方に目がいきがちですが、気がつけばもうぶっちぎりの優勝でした。


巨人を支える主力の選手と言うと、小笠原、谷、ラミレス、グライシンガー、クルーンなどなど。
他チームからの移籍組に目がいきますが、今季はその選手達に加えて、坂本、松本、亀井、山口、越智、東野、脇谷・・・ベテランの脇を固める若手選手達の層の厚さが際立ちました。何気に育成も上手いですねこのチーム。


意外にもV3というのは伝説のV9期以来の快挙らしいですが、長嶋茂雄曰く今のチームはV9時期よりも強いんじゃないかとのこと。今の充実振りを見ているとその言葉にも納得がいきます。


こりゃ当分巨人の時代が続きそうだよ。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-23 22:41 | 雑記 | Comments(2)

今日の夕食 09/22

d0077106_5375860.jpg


ドライカレー。
学生時代からの定番メニューです。


野菜は頂き物のタマネギと、庭で穫れたピーマンとトマト。
トマトジュースとコンソメを入れて煮込みます。
時間をかけずに作れるので昔から重宝しているメニュー。


ただピーマンが赤かったので色合いが赤一色になってしまった。
最近庭で穫れるピーマンは赤ピーマンばかりです。美味しいから問題ないですが。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-22 20:35 | Comments(0)

今っ更のポニョ

上映時から1年、DVDが出てからも既に2ヶ月経って時期を外しまくりもいいところなのですが彼女さんが家に持ってきてくれた「崖の上のポニョ」を見ました。


既に国民的の域を軽く超えて世界的に注目されるアニメ界の巨匠「宮崎駿」が4年振りに世に送る作品ということで期待していたのですが、あまりにキャンペーン活動が激しかったので映画を見る前にもうお腹がいっぱいになってしまって劇場に足を運ぶ事は無かったこの作品。結局1年と2ヶ月遅れで見る事になりました。タイミングを外すのはいつもの事なんですけど。


子供が楽しめる様に作った、という宮崎さんの言葉を信じて何も考えずぼーっと見ようとしていたのですが・・・二人一緒に見た感想は一致してました。


「なんじゃこりゃ!?」


CGを取り除いて全て手書きで作り上げたと言う正に心血を注いで作られた狂気のアニメーションの幻想世界、その世界に浸れば浸る程広がるなんとも不思議な違和感。その奇妙なテンションは最後まで解消される事無く、あの有名な主題曲が歌われるエンドロールになるとその違和感はMAXに。


「ぽーにょ、ぽーにょぽにょさかなのこ〜♪」

って
「工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工」

最後にこの歌を聴いた時に子供がギャップを覚えない様に映画を作るんじゃなかったんですかい?
違和感MAXですよ!
ってそういえばもう子供ではなかったか・・・監督には子供の世界が見えてるのかな。


これは・・・一体何が起った?
後から思い返すたびに広がってくるこの居心地の悪さは一体どういう事?
直前に「魔女の宅急便」を見ているだけに、その余りの手触りの違いに呆然とする。


それから誰かこの違和感を上手く説明してくれている人がいないかな、と思ってネット上でレビューを色々と読んでみるとこれ以上無いという形で表現してくれている方がいました。「サルまん」で有名な竹熊健太郎氏です。


宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢



正にそれ!
つげ義春の「ねじ式」の世界でした。


見終わった後の衝撃度といったら劇場版エヴァンゲリオンに匹敵するんじゃないか、いや、でもエヴァンゲリオンはそういう作品だっていう了解が十分にされていたので劇場に見に行くお客さんはある程度の覚悟をして見に行ったはず。まさか「国民のアニメ」宮崎アニメでこの様な狂気の世界が展開されようとは想像してもいませんでした。外れの無いと評判のレストランで美味しい食事を楽しもうと思ったら、出て来たのは見たことも無い素材を使った独創的かつ前衛的なチャレンジメニューだったというこの衝撃。劇場で見なくて良かったのか悪かったのか。


"芸術というものは人の心を揺さぶるもの"


と定義するならこれ以上芸術的な映画も無いと思います。
宮崎アニメの大体の有名作品には目を通してきましたが、過去の作品群と比べてもインパクトという一点に絞れば間違いなくナンバーワンだと感じました。これからの宮崎駿さんの向かう方向にこれまで以上に興味がわいてきます。ただどうしても腑に落ちない事があるとするなら、


「この映画は誰に向けて作ったものなの?」


という一点につきます。
これ劇場に見に行った子供さんはホントにどう思ったんだろ?



P.S

国民のアニメとか書いてましたが、よく考えたらもう「もののけ姫」辺りから表現がぶっ飛んでたなと思いました。あれも相当強烈な表現のオンパレードで他の誰がやったって世の中に認められる事は無かったでしょう。世界中で宮崎駿のみに許された特権だと思いました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-21 10:04 | 雑記 | Comments(6)

アレテクメモ 9/16

今日のレッスンはいつもとは違う部屋で行われた。
普段は入室すると黒板に言葉が書いてあり、それを元にレッスンを進めるのだが今日の部屋には黒板が無いので、口頭でのやりとりになった。


「努力とは」

この単語の後にアレキサンダーはどんな言葉を続けたのでしょうか?
という質問について考える事が今日のレッスンの骨子となった。

自分が考えた言葉は

「努力とは日常との闘いである」

いかにルーティーンな作業にしないかが鍵かなという風に考えていたのでこういう言葉がでてくるのだと思う。当りではないが遠くないというところ。
実際にアレキサンダーが残している言葉は

「努力とは自らが出来る事(知っている事)を強化するということに他ならない」

とのことでした。

自らが知らない事、出来ない事に対して努力は出来ない。
ただ努力しようとしてやっている事の中に習慣的な癖がありそれを意識出来ずに続けていくと、そのうちに悪い癖を形成してしまうことがある。
自分が行っている事からどれだけ習慣を取り除く事が出来るかということが最も大切なことで、それが出来さえすれば最小の努力で最大の効果を取り出す事が出来る様になる。

そして人それぞれの思考のパターンがその人の身体の動かし方を形成して行くという話が続く。
考えるという事は身体の動作の中に現れる習慣(無意識)を意識するということ(だったかな、この辺はちょっとはっきり覚えていない)

ギターを持ちながらのチェアワークを行い、その中に現れる習慣を探す。
ギターを持って座る時に肘が伸びてギターと身体の一体感が損なわれる事に気付いてその修正を行う。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-16 23:07 | 雑記 | Comments(0)
イーグレ姫路の3Fあいめっせホールで行われた朗読とギターとコカリナによるイベント「わすれられないおくりもの」が終りました。


朗読による中島敦の「山月記」にアドリブでBGMを付けたりや谷川俊太郎の「じゅうにつき」をコカリナとギターで曲を付けたりと今までに無い体験をいっぱいさせて頂きましたが、最初から最後までステージに出ずっぱりでした。流石に疲れた〜


ただ、今回はいいステージを作れたという手応えがハッキリと残ってます。
これは自分一人の力では断じて無く、朗読の伊藤さん、コカリナの小榑さん、グループはこべの皆さん、裏方としてステージを作って下さったスタッフ、そして会場に来てくれた沢山の皆さんの力があって初めて為し遂げられた事です。そしてその中で自分も欠かす事の出来ない役目を果たせたという事がとてもうれしいです。


今回はこの手応えを得ることが出来たということがとても大きな収穫でした。
関係者の皆様、どうもありがとうございました。



P.S

これを機にアドリブを本格的に勉強してみようかな。
アドリブの楽しさと可能性を本番の舞台の中で感じる事が出来ました、もっと自由に即興が出来たらさぞ面白かろうと思うのです。でもどうやったらいいものかねえ・・・
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-15 20:35 | おんきち | Comments(1)

ペペロンチーノ

d0077106_205154.jpg


この前のパスタのリベンジにペペロンチーノを作ってみました。

前回と変えたところ。

・オリーブオイルを多めに
・ニンニクの香りの抽出時間を長めに
・パスタを茹でるお湯の塩を多めに
・味のもとを使った

バジリコを振りたいところですが無かったのでシソを刻んで載せてみました。
ペペロンチーノは基本はオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、塩だけで作るシンプルなパスタなのですが、それだと日本人の舌には旨味分が足りなく感じるようです。
それでベーコンを加えてさらに味の素を足してみたんだけどまだ少し足りないかんじでした。


また挑戦してみようと思いますが、ペペロンチーノは食べるタイミングを間違えると周りに結構な迷惑をかけるのでまた改めて人と会わない日に挑戦してみます。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-14 20:59 | 雑記 | Comments(4)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー