<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

WBC制覇!!

d0077106_049983.jpg

サムライジャパン、魂の震えるような感動をありがとう!!

しかしもの凄いゲームだった。双方魂のこもったプレイの連続でホームまでが中々到達出来ない。最後まで気を抜くことのできない息詰まる熱戦でした。こんなに面白いゲームは滅多に見れるものじゃありません。日本中が白球の行方に一喜一憂していたのではないでしょうか。

ハマの首位打者ウッチーは攻守に大車輪の活躍。原監督には左ピッチャーを打つ為に呼んだと言われてましたが今日は右も左も関係なく打ちまくり、そりゃ左だけしか打てなかったら首位打者なんて絶対に取れないですからね。守備でもファインプレイの連続で、今日は正にMVP級の大活躍でした。

そして村田・・・好調を維持しながら決勝ラウンド前にまさかの戦線離脱、痛過ぎる(ベイスターズ的にも・・・)だけど村田の魂はチームと共にあったはず。内川の粋な計らいで優勝トロフィーに村田のユニフォームがかけられたのには泣けました。

そしてイチローやっぱりスゴい。どんだけ絶不調でも肝心な場面で出番が回ってきて、決定的な仕事をする。やはりスターなんだなと改めて思いました。決勝点を挙げたあの場面はこれからも末永く語り継がれる伝説の一打となるでしょう。


今回のWBC、進行的には色々と問題ありでした。特に韓国と五回も闘うというのはちょっとどうだろう?ほとんど日韓戦、合間に他の国と練習試合、そんな感じの大会でした。次回があるならこの点は是非改善して欲しい所、もっと他の国との試合を見たかった。

だけど裏返せば韓国と日本のレベルがずば抜けていたということ。両国の選手と監督が言っていた通りこの2カ国が世界一の座を競う戦いの場に立ったという事は、アジアの野球のレベルの高さを証明したということであり、非常に誇るべきこと。

この素晴しい戦いも韓国の実力の高さ無しには決して実現される事はなかったでしょう。日韓の間には複雑な歴史の問題、感情の拗れがあり、マスコミの過熱報道も加わってお互いを正当に評価する事が難しい関係にあります。今日の勝負は日本の勝ちで終った、だけど勝敗を越えた深い感動が今日の戦いにはあったと思います、国境を越えて伝わる熱い思いが。これからもアジアの両雄として切磋琢磨を繰り返して欲しいです。

でも日韓戦はもう一大会2回くらいでいいです、もうお腹いっぱいです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-03-25 01:21 | Comments(0)

CIRCLE MIRACLE

d0077106_17524599.jpg

毎回参加させて頂いている美山ギター音楽祭。その音楽祭から派生したCIRCLE(シラクルと読みます、京都を中心にコンサートの企画等プロデュースに携わってます)が素晴しいイベントを実施するようです。以下、募集要項。


≪募集要項≫

◇ギターレッスン募集定員
受講生 9人(年齢 : 何歳からでも可~22歳まで)
聴講生 制限なし

◇レッスン
講師 松永一文、エリカ・シュトローブル、渡部延男
アドバイザー 岩永善信
 ※ 期間中、受講生は無料で3回のレッスンを受講出来ます。レッスン曲は自由。

~公開レッスン日程~

4月18日(土) 19日(日)

5月2日(土) 3日(日) 16日(土) 17日(日) 30日(土) 31日(日)

6月13日(土) 14日(日) 27日(土) 28日(日)

≪受講スケジュール終了後≫

8/22 京都、府民ホールアルティにて

「シラクル☆ミラクル ガラ・コンサート 」!!

優秀な受講生はガラ・コンサートで
世界の名だたる演奏家と共演することができます☆☆


◇オーディション
2009年4月5日(日)に京都芸術センターでオーディションを行い、受講者を決定します。

◇会場
京都芸術文化センター
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL 075-213-1000 /FAX 075-213-1004
阪急京都線「烏丸(からすま)」駅 京都市営地下鉄「四条」駅より徒歩約5分。
最寄出口=22番出口

◇申し込み締め切り
受講エントリー 3月31日(火)必着
聴講 随時受付

◇お申し込み・お問い合わせ
シラクル 代表: 木曽尾好美
〒603-8054京都市北区上賀茂桜井町93番地プリムヴェール北山102   
tel:080-5710-9526
メールアドレス:circle2008@excite.co.jp
web:http://circle2008.exblog.jp


***

4月から6月にかけて京都芸術センターにて世界的なキャリアを持つ実力派ギタリスト達によるマスタークラスを核とした講習会が行われるます。

講師の名前を見ると日本を代表する実力派のギタリストが勢揃いしているのですが、驚くべき事にこのマスタークラスの受講料はタダ!

全て公開レッスンになっているので聴講もオッケーです。

年齢制限があり下限はないですが上は22才まで。締め切りまであと10日程しかないですが興味のある若手ギタリストの皆さん、思い切って応募してみては如何でしょうか?
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-03-19 18:11 | おんきち | Comments(2)

啓蟄

なんだか、暖かくなってきました。
気温がどんどん高くなってきて、そろそろ春の気配が漂ってきました。

最近暖かくなったなと思うのは風呂の沸く早さの違いです。冬の間は暖まるのにかなり時間がかかるし冷めるのも早いんですが、昨日同じ様に風呂を沸かしたらアツアツの熱湯風呂になってしまい、しかも水増ししても中々冷めてくれない。
足を突っ込んでは上げ突っ込んでは上げを繰り返してなかなか入れず、風呂を前にしながら寒くて震えてました、なにやってんだか。

季節の変わり目は色々な所で現れるのですが、こんなところで感じるとは・・・
ガス代安くなっていいんですけどね。
d0077106_152527.jpg


家の近くの桜です。流石にまだまだつぼみも見えない。

P.S スケジュール久々に更新しました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-03-11 15:27 | 雑記 | Comments(0)

徒然草

先日、姫路のロータリー倶楽部で演奏させて頂く機会があったのですが、その時に1000文字程度でなにかエッセイみたいなものを書いてもらえないかという依頼があったので、簡単なギターの(大雑把過ぎる)歴史みたいなものを纏めてみました。

以下、転載。

「ギターは楽器のチャンピオン!メロディーやハーモニーは勿論、ベースにパーカッションも表現出来る。何より弾きながら歌も口笛も出来るし、ピアノと違って持ち運びも簡単。芝生に寝っ転がって夕日を見ながら演奏出来るんだ。」

これはかの有名なエレキの神様こと寺内タケシ氏の言葉ですがこれ程端的にギターの魅力を語った言葉もないでしょう。そしてこの言葉を裏付ける様に今の世の中にはギター音楽が溢れています。最近のドラマ等のBGMにギターが使われている場面の多い事に驚かされますし、音楽番組でギターの入ってないバンドなんて滅多に見かけません。街を歩けばフォークギターを抱えて歌うミュージシャンの数々。ギターの音を耳にしない日なんてないのではないかと思う今日この頃です。

ギターの起源は古くアラビア半島からスペインに伝来されたリュートがその直接の先祖とされています。リュートはルネサンス、バロック時代に舞曲の伴奏に使われる様になり宮廷音楽の花形となりました。リュートはバロックの終焉と共に一時その役目を終えましたが、リュートから変化していったギターは19世紀の古典期に黄金期を迎えます。この頃のギターは現在のギターに比べて小振りであり、音量も小さいものでした。この時代は優れた演奏家兼作曲家が集っており、彼等の作曲した楽曲は現代でも変らずギター音楽の宝となっています。ただ時代と共にクラシック音楽は長大化、巨大化の道を辿り、音量の小さなギターはクラシックの世界から一時取り残されてしまいました。

19世紀の末期にクラシックギターは名工アントニオ・トーレスの出現により現代のギターとほぼ同じサイズになり、大きなコンサートホールでも通用する音量と表現力を獲得しました。後にクラシックギターはスペインの巨匠アンドレス・セゴビアの尽力により再びクラシックの表舞台へと立つ事になります。一方トーレスとほぼ同時期にアメリカでマーティンがスティール弦を用いたアコースティックギターの作製を開始します。アコースティックギターはポピュラーミュージックと強力に結びつき、後に製造されるエレキギターと共にあっという間に世界中に浸透していきます。

振り返って見ると現代に通じるギターの基礎が確立されたのはおよそ100年前。そしてこの短い時間で世界中に浸透し、様々なジャンルが確立され、多彩なギターヒーロー達が観客を沸かせています。改めてギターの柔軟性と懐の深さに驚かされます。

同じ弦楽器属のバイオリンは誕生した時から現在と同じ形をしていたとのことですが、ギターは誕生した時から絶えず変化を繰り返し、そして現代になってもその変化は留まる所を知りません。今日もまた新たなジャンルと共に新たなギターが産声を上げているのかもしれないのです。

交通網と情報網の整備により世界との距離が縮まり、音楽のジャンルの壁も次第に取り除かれている現代。ギターは様々な境界線を繋ぐツールとして新たな黄金時代を迎えているのかもしれません。



1000文字って短過ぎる・・詳しい人が見れば色々と突っ込みたくなることもあると思います。ご容赦下さい。ギターは昔から庶民の友達だったと勝手に思ってましたが、普及してきたのは意外と最近なのかなと改めて思ったりしました。こうやって纏めてみると頭が整頓されていいですね。

参考サイト様:ギターの歴史
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-03-09 15:31 | 雑記 | Comments(0)

キーボード

d0077106_2395066.jpg
最近パソコンから遠ざかる日々が続いてました。意図的に離れてたのではありません。キーボードがぶっ壊れてしまったのです。熱いお茶をうっかりこぼしてしまい、不機嫌になったキーボードは文字入力を一切拒否、ブログにログインする事も出来なくなってしまいました・・・

一週間くらいキーボードを干して、使える様になるかな〜と淡い期待を抱いてたのですがやっぱりダメでした。一部キーが混線しているみたいでまともに文字入力が出来ない。仕方なく近所のPCショップで新しいキーボードを購入してきました。

なんだか微妙にくねってます、人間工学に基づいたデザインとかなんとか。
microsoftですがmacにも対応してます。
すこぶる快調に動いてます、ついでに新調したマウスもいい反応です。

起動時にDVDの読み取り口が勝手に開いてしまいますが・・・まあ大した問題ではないです。なんでこんな事が起るのかは分かりませんが。


そういえばどうでもいい事ですが、アクセス解析をすると「emac」「メモリ増設」でこのブログにアクセスしてくる方が多いのでビックリします。同じ様な悩みを持った人って結構いるもんですね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-03-06 23:32 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31