<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ボサノバ誕生50年

12月14日(日)に神戸館でフルーティストの田代依里さんとボサノバを中心としたライブをやるのですが、その件で神戸新聞の地域ニュースの記事に載りました。

ボサノバはブラジルではお年寄りの音楽らしいのですが、日本では結構根強い人気を持ってます。ボサノバ系のBGMっていつでも何処でも流れてますし。
リズミカルだけど押し付けがましくない。親しみやすいようで複雑で繊細、微妙な陰影。どんな曲でも取り込んでしまう柔軟性。日本人の感性に馴染むんでしょうね。

12月14日のライブは15時からと16時からの二回、
それぞれ30分くらいです。
美味しい珈琲やケーキと一緒にお楽しみ下さい。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-20 23:31 | 雑記 | Comments(0)

書写の里にて

d0077106_23271994.jpg

書写の里・美術工芸館のギャラリーコンサートで演奏してきました。

書写の里は周りを竹林に囲まれたとても雰囲気のある建物です、四季折々に自然を楽しめる環境の中で様々なイベントが行われています。

演奏会場となったのはエントランスから入ってすぐの展示室A。広い空間を感じる事の出来る雰囲気抜群のスペースです。階段の様なスペースに配置されているのは様々な表情を持った泥仏。演奏しながら自分も一体の大きな泥仏のように見えてるのかなと思ったりしながら演奏しました。

この週末は書写山もみじ祭りでさらに入館料も無料ということもあり一回目、二回目ともに数多くのお客さんがご来場して下さり、足を止めて演奏に聞き入ってくれました。

ご来場下さった皆さん、この場を提供して下さった書写の里・美術工芸館の皆様どうもありがとうございました。

書写の里・美術工芸館さんのblog
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-17 23:13 | おんきち | Comments(2)
d0077106_21251017.jpg
書写の里・ギャラリーコンサート
日時:11月16日(日)
一回目 13:00〜13:50  
二回目 14:30〜15:20
場所:姫路市書写の里・美術工芸館

プログラム

11月のある日/ブローウェル
リュートのための6つの小品/作者不詳
日本のうたより/三宅榛名編
友人へのスケッチ/ヘッド
禁じられた遊び/作者不詳
そのあくる日/ゲーラ


事前申し込み無用
どなたでもご覧いただけます
当日は「関西文化の日」で入館料無料です!
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-10 21:40 | Concert information | Comments(0)

November Song

16日のコンサートに向けてBrian Headの「友人へのスケッチ」を練習練習。

3曲目の出だしに謎の11拍子が?
ここ、なんでこんな拍子にする必要があったんだろ
特にこの拍子にする意味は無いと思うのだが・・・

d0077106_23101990.jpg
前から分からなかったのだが
ふと、タイトルを見て気付く。
あー、「11月」の歌だからなのか。
納得。


部屋にこもって練習して煮詰まってくると
時々気晴らしに散歩に出ます。

自転車で川辺を走る。

夕日が、夕日が・・・

眩しい!
写真撮ったら目がくらくら

d0077106_23131893.jpg
少し落ち着いた夕空。
沈んだ太陽の残滓の柔らかいオレンジ色
グラデーションがかかって空がだんだん青くなる

この色が好きですね。
この青がほとんど黒になる程深くなってくるともっといいんですけど、それはもう少し秋が深まってからかな。

どーんと構えてる工場。昔は圧迫感がありすぎて好きになれなかったけど、今では見慣れた景色の一つになりました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-05 23:26 | 雑記 | Comments(0)

御大

「お前らの作品は所詮コピーだ」——富野由悠季さん、プロ論を語る

トミーノ御大が語る語る。
気持がいいほどぶった切りまくり。
ちょっと長いけどね。

なるほど〜と納得させられる記事でした。
しかし元気な人だ。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-11-04 20:10 | 雑記 | Comments(2)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30