2009年 12月 16日 ( 1 )

アレテクメモ 12/16

この日はプライマリーコントロールについて。


よく使っている言葉だけど改めていわれるとどういう意味合いの言葉だったか直ぐに頭に浮ばない。
日本語に訳すと「根源的協調作用」となるんだけど間違えて「根源的調整作用」だと覚えていた。

協調:(スル)互いに協力し合うこと。特に、利害や立場などの異なるものどうしが協力し合うこと。

調整:(スル)ある基準に合わせて正しく整えること。過不足などを正してつりあいのとれた状態にすること。

大辞泉より

似た様な言葉だけど微妙にニュアンスが異なる。
調整は自らの力で修正して近づけていくというニュアンスで、協調は自分の力とそれ以外の力を折り合わせていくという感じかな。

プライマリーコントロールが最も働いている部分は後頭下筋郡と呼ばれている頸椎と頭蓋骨を繋いでいる筋肉群。この部分の筋肉が緊張していると全身の運動に支障が出てくる。

この部分の筋肉の動きを確かめるために、椅子に座りながら首を左右に旋回する動きをする。
前から感じていたけれど右側に回る時は左に回る時よりも若干視界が狭くなっている。
先生のサポートを受けると首の右側の筋肉が緩んでくる感覚が伝わってくる、そして回転も滑らかに視界も若干広くなった。

椅子から立ち上がってまた座るという動作の練習。立ち上がった時に足裏の角度が若干開き過ぎていると感じたので座る前に微調整をしてから座ってみたが結果としては上手くいかず。
行動を起こす前の微妙な修正は上手くいかない事が多いらしい、ある程度のところは許容範囲内にして動いた方が良いとのこと。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-12-16 13:01 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31