2009年 09月 30日 ( 1 )

アレテクメモ 9/30

今日は新しく体験の方が来られたので、最初の導入部分の復習の時間になりました。
いままで覚えていたようで忘れていた事を復習出来たのでよかった。
体験の方が短時間でどんどんと変化して行く様子を間近で見れるのはとても面白いです。


以下はレッスンのメモ
体験の方がこられた時はいつもここから始めるのですでに3回くらいは聞いている話なんですが、忘れている事が結構多かったです。


Q アレキサンダーは何処出身?

オーストラリア、それも本土ではなくてタスマニアの方だったらしい。
てっきりイギリスの人だと思っていました。


Q アレキサンダーは何を専攻していた?

朗誦 
詩句などを声高に読むこと。朗読。(三省堂 大辞林より)

シェークスピア等をやっていたようです。それでイギリスの方だと思っていました。


Q 自らの朗誦に問題があると感じていたアレキサンダーは問題を解決する為に何をしたのか?

まずは病院に行って原因を探したらしいです。ただそこでは問題点を発見する事は出来なかった。
そこで目の前に鏡を置いて朗誦を行いながら自らの問題点を探したようです。


Q そこでアレキサンダーは何を発見したのか?

自分の朗誦が上手くいかないときに

1 首の筋肉が収縮して頭が後ろに、下に移動していた。
2 呼吸が口呼吸になっていた。
3 頭が後ろ、下に動く事により喉の声帯を圧迫していることに気付いた。

この中で自力でなんとか出来そうだと考えたのが一番目にあげた首の筋肉の収縮だったとのこと。


ここでチェアワークを開始。

・先ずは体を動かさずに首を左右に振る。
 頭蓋骨と首との接点(AO関節)を意識する。

・上半身を股関節を意識して前に倒す。
・座骨の上に体重をのせる。


今まで何度も繰り返している動きなので大分スムーズになってきたと思う。
ただ、慣れてきたためか無意識に動いてしまっているとも感じた。
無意識で行動してしまうとそこから先には習慣しか現れない。そこで一時立ち止まる"抑制"が必要になる。


意識的に動かす為に

・自分を取り囲む空間を意識する。
・自分の身体の感覚を自覚する。


一番基本だけれど大切なことです。
何回言われていても意識から抜け落ちる時はあるんだなあと思いました。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-09-30 22:30 | 雑記 | Comments(4)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi