2009年 06月 10日 ( 1 )

梅雨入り

例年より10日程遅いらしいですが、近畿地方も梅雨入りしたそうです。

今日もしとしとと雨が降っています。
間違いなく梅雨いりですね〜。

これで雨が降っている間は水やりに行かなくて良くなったのですが、植物の種類によってはあんまり湿気っててもよくないヤツも植えてあるので少し注意が必要です。

水道代が節約されていいのですが、水やりは楽しみな作業だったのでちょっと残念。
乾いた土に水を与えると、土中からプツプツ、プツプツとまるで炭酸水が弾けるような音が聞こえてくるんですが、それはまるで土が水を与えられて思わず

「ウメェ〜」

と喜びの声を上げているように聞こえるんです。
その土の音を聞くのが最近の楽しみだったもので・・・

それと水やりをした後、草を引くのも好きだったりします。
高校時代、授業中に退屈しのぎにヒゲをプチプチ引き抜いてたのを思い出します。
なんであんなことをしてたのか今でも良くわからないんですが、妙に癖になるんですねw

d0077106_15147.jpg


ナスにもようやく実がつきました。
これで4種類の野菜全てに実がつきました。
成長を楽しみに見守っています。


_____


最近、バッハのリュート組曲を練習してますが歯応えあります。
歯応えある、なんて余裕ブッこいてますが、実際は逆に噛んでる歯の方がへし折られそうな程の噛み応えです。やりごたえ満点すぎる。

バッハの楽曲は小さな応答が有機的に繋がり全体としてみると大きな物語が出来ているという感じなのですが、小さな応答をしっかりと決める為には極短いフレーズをしっかりと完結させる瞬発力、決断力が必要で、大きな物語として完結させるには全体を見通す目が必要になります。

そしてミクロ、マクロ両方の視点でしっかりした方向性を求められるので、あいまいなどっちつかずの音はアウト。小さなフレーズをどのように完結させるかにより次の方向が決まる、そしてその進んだ先でまた新たな決断をせまられる、一つを完結させない限り決して次の物語は始まらない。


絶え間なく浴びせかけられる質問を瞬間的に判断し明確に応答する。
ハッキリした方向性を持って歩く。
先を見通す目を持つ。


・・・・ってこれは音楽だけでなく、人生全般で必要になる技術だな、と改めて考える。

特に決断力に乏しい自分にとっては足りないものをがんがんと見せ付けられるような思いです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-06-10 15:29 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー