ギター掃除・弦の張り替え1

今日はコンサート前の定番作業、弦の張り替えとギターの掃除をしました。


d0077106_17141186.jpg作業前に用意するもの以下

○弦
○ギターを拭くクロス
○クロスにつけるポリッシュ
○ストリングワインダー
☆作業中に聞くCD(勿論なくても構わないですよw)


サイモン・ラトルの指揮によるシベリウスとニールセン、普段はあまり聞かないやつですが昨日N響で聞いたフィンランディアが素晴しかったので久しぶりに引っ張ってきました。



d0077106_17143880.jpg

張り替える前の弦です。4・5・6弦は張り替えて一ヶ月も経ってないのにこの有様・・・練習後必ず拭くようにはしていますが汗っかきなので弦の消耗が激しいです。



d0077106_1715777.jpgストリングワインダーで弦を外しています。
糸巻きをくるくると巻くのは結構手間と時間がかかりますが、これがあると非常に楽に弦の張り替えが出来ます。

製作家さんの中には電動ドリルの先をワインダーに替えたものであっという間に弦の張り替えをしている方もいらっしゃいます。目の前で見たときはビックリしました!

普段はあまりやる事のない弦の巻き替えも製作家さんにとっては日常業務ですからね、少しでも手間を省く為に使ってるみたいです。でもあれは自作したのかな・・・売ってても需要はなさそうだし。



d0077106_17153338.jpg取り外した低音弦。
うわー、これはヒドい。汗を吸った弦が緑色のサビを浮かせてます。

学生時代このサビを落とせば音が復活するかもとの噂を聞き、洗剤で洗って洗濯バサミに挟んで干してリサイクルに挑戦した事があります。

張り直すと音はベコンベコン、復活するどころか前よりヒドい音になってしまいました・・・以来リサイクルには挑戦していませんw




d0077106_17155830.jpg  

当然ギターの方も無事で済むわけもなく・・・

手垢とサビが浮きまくり。



d0077106_17162334.jpgギターに着いた手垢とサビをクロスとポリッシュで落としていきます。

クロスは学生時代にコンクールの参加賞で貰ったもの、かれこれ10年は使ってるんじゃないか?もう使い込み過ぎてボロボロです。ポリッシュは各種ギター用のものが出ていますが、ピアノ用のヤツを試しに使ってみたら何の問題なかったのでそれ以来ずっと同じ物を使ってます。




d0077106_1716476.jpg汚れを落とした後、ポリッシュをつけたクロスとはまた別のクロスで乾拭きします。

最初に使ったクロスは洗剤で手洗いして汗とサビを落としてから乾かしてまたの機会に利用します。




d0077106_17171366.jpg

お、すっきりしたんじゃない?




結構長くなってきたので張り替え作業は次回に回します。

弦を張り替える頻度は人により様々です。
一週間と経たずに張り替える人もいれば二ヶ月以上同じ弦を張りっぱなしにする人まで。

私の場合は高音弦(1、2、3弦)は1ヶ月くらい
低音弦(4、5、6弦)は(出来れば・・・)2週間に一回くらい張り替えます。

高音弦は安定するまで時間がかかるけれど長持ちする、低音弦は安定するのは早いけれどへたれるのも早いという特徴があるのでこういうサイクルになってます、しかしとても困った事にへたりが早い低音弦の方が圧倒的に値段が高い・・・

高音弦並の耐久力を持つ安価な低音弦が開発されるのは何時の日のことか?
全てのギタリストが待ち望んでますよ〜。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-06-08 18:02 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31