M-1グランプリ2008

M-1グランプリ2008、テレビの前で正座して見てました。面白かった。
今回はテレビであまり見ないメンバーが本選に残り、果たしてどうなるんだろうと思っていましたが、蓋を開けてみれば過去最高レベルの戦いだったんじゃないかなと思います。以下はなんちゃってM1レポートです。

「ダイアン」
前回より断然面白かったと思うけれど、一番くじを引いてしまうという不運。くじ運が良ければひょっとしたかも知れない。非常にクラシックで完成度の高い漫才でした。一組目から完成度が高く、今日の激戦が予想されました。

「笑い飯」
今はもうM1の顔というくらいの常連コンビ。両方がボケをこなせるという特徴を活かして目紛しく展開する、音楽で言うと転調を多用するスタイル。ただ展開が目紛しいということは裏を返せば全体の統一性が欠けるという欠点になるのかなとも感じました。2番手ながらも最後まで決勝の座を争ったのは流石。

「モンスターエンジン」
結成2年目の新星。神々の遊び、仁鶴師匠モノマネ、鉄工所シリーズ、とコント、ピンネタですでに爆発的な人気を持っているコンビだけど漫才を見るのはこれが初めて。初の舞台で緊張していたのか本来の実力は出し切れなかった感じを受けた。ネタももう少し練れるんじゃないかなと思いました。来年以降また期待です。

「U字工事」
訛を多用した関東地方のみのネタに特化した地方漫才。ある意味でもの凄く尖ってる灰汁の強いコンビだけどやっている事は極めて正統派の漫才。個人的には一番面白かったと思いました。ほとんど馴染みのない関東ネタであれだけ笑えるとは思わなかった。ただサンドイッチマンがいってた通り関東以外の人達には笑えないという人も多いかもしれない。惜しくも決勝には残れなかったけれどこのスタイルは貫いて欲しいと思いました。

「ザ・パンチ」
レッドカーペッド等で常連。ツッコミのコメントが印象的なコンビです。ただ緊張しまくってたのがパッと見にも分かる程の上がりっぷり。実力を出し切れずに最下位という残念な結果になってしまいました。緊張して口がカラっからになると口臭くなっちゃいますよねw

「キングコング」
TVであれだけ活躍しながら、それでも挑戦し続ける姿勢が素晴しいです。前回惜しくも2位に終り、漫才のライブを精力的にこなしながら満を持しての再挑戦。
面白かった。面白かったんだけど、何かが足りない感じを受ける・・・安定感はあるんだけれど、前回の様な爆発力を感じなかった。完成度は高いんだけれど、小さくまとまってしまった様な感じを受けた。数多くこなしてきたと言う経験値と自信がひょっとして裏目に出てしまったのか・・・審査員の言葉を聞く西野さんの無念そうな顔が忘れられないです。


決勝に残ったのは「ナイツ」「NON STYLE」「オードリー」の三組。予選の得点が高い順から出演順番を選び上記の順番で本戦が始まる。


「ナイツ」
ほとんど聞かない名前だけど、M1に挑戦する芸人の中ではその実力の高さが噂されていたという関東からの刺客。予選では圧倒的な上手さを見せて順当に決勝に残りました。

予選を突破した際に冗談で100回くらいボケたとか言っていましたが、とにかくボケが圧倒的に多くて細かい、余りにボケが多いのでツッコミも細かくなりボケとツッコミが同時進行で対位法的に進んでいくという正にバロック音楽的な漫才スタイル。淡々とボケ続け的確にツッコミを加えていくこのスタイルはボケ、ツッコミ共々相当な技量が必要なんだろうなと感じました。

どんどんと笑いを積み上げるというスタイルだけど、爆発的に笑いを取るというスタイルではないのが最後に響いたのか結果は3位。決勝のネタよりも予選の方が面白いと感じたのもちょっとマズかったか。


「オードリー」
敗者復活戦で並みいる強豪を押しのけて本戦出場、そしてその勢いそのままに本選では出場メンバー中の最高得点をたたき出し、一気に優勝候補に駆け上がった正に今大会のダークホース。

とにかくこのコンビはボケの春日さんの圧倒的な存在感が印象的。敗者復活の勝ち上がりの際にコメントを求められたときリズムが食い違って話す前にマイクを取り上げられてしまった瞬間に思わず爆笑してしまいました。

ボケとツッコミのリズムの違いを活かしたポリリズム漫才。ツッコミのリズムを無視しての春日さんの唐突でマイペースなボケが会場に爆弾を投げつけた様な笑いを誘います。恐らく積んでいる火薬の量は全コンビの中で一番だったのではないかと思うのですが、決勝ではその爆弾に火がつかず不発弾に・・・ボケだけが空回りしてしまった様な印象を受けました。導火線に火を付けるツッコミがレベルアップすれば更に圧倒的な笑いを取れるコンビになるのかなと感じました。敗者復活からの勝ち上がりの2位はお見事!


「NON STYLE」
こちらもあまり聞かなかった(失礼な事いってます、スイマセン)コンビだけどダイアンやキングコングとコンビ歴は同じという、多分お笑いに詳しい人には知る人ぞ知るとかなんとか言われているタイプではないかと勝手に推測。なんと活動始まりはJR三ノ宮でのストリート漫才ライブという結構ご当地のコンビ!

二人で平行してお話を進めていきながら、決め所でボケが3〜4回程立て続けにボケてそれに対してツッコミがリズムよく突っ込んでいくという古典音楽を彷彿とさせるスタイル。とにかくリズミカルでテンポよく、瞬発力、全体の構築力の高さを持ったコンビでした。決勝三組の中で最も完成度が高いと感じました。審査の結果も票が大きく割れる事もなく順当に優勝。



漫才はクラシック音楽に似てるな、と改めて思いました。ボケがテンションを作りツッコミがそれを解決させていく基本。伏線を散りばめながらそれを回収していく作業。瞬間的な笑いだけでなく終った時に一貫したストーリー性が必要なため、最初から最後までを見渡す構成力が必要になること。最初からしっかりと聞いていかないと何をやっているのかが分からないため聞く側に集中力が必要になる点等々、見ていてとても勉強になる点が多かったです。

ただ、漫才でこれだけの完成度を誇った「NON STYLE」もフリートークでのだだ滑りを上沼恵美子や紳介に突っ込まれる等々、現在のTVで必要とされている能力と漫才の資質とはまた異なるのかも知れないですね。

とにかく本選に残ったメンバーも、惜しくも予選で散ってしまった方々もお疲れさまでした。本当に楽しませて頂きました。また来年のM1を早くも今から楽しみにしています。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2008-12-21 22:17 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31