第三回美山ギター音楽祭

d0077106_9524888.jpg8月23日から27日の5日間に渡って行われた美山ギター音楽祭に参加してきました。

期間中の宿となった民宿「いそべ」の前で、美山ギター音楽祭特別講師ステファノ・グロンドーナとのツーショット。

ちなみにグロンドーナ氏とはこんな方です

第一回、第二回に続いて三回連続の受講となりましたが、その時の自分が何処にいるのかを確認出来る貴重な場所となっています。

優れたギタリストであり、それ以上に優れた音楽家である氏のレッスンには一切の妥協がありません。素晴らしい勉強になるのですが、受講後にはかなりくたくたになります。こんなに密度の高いレッスンを四日間もぶっ続けで行った氏の体力と音楽への情熱には脱帽します。

美山には過去の回からのお馴染みの人、今回初めて会う人、様々な人が集ってきましたが、みな音楽好きギター好きという点は共通しているのですぐに10年来の顔なじみのようになりました。ギタリストはギタリストが好きなのです。

初日のリサイタルから始まり4日間に渡る高密度なレッスン、最後のファイナルコンサートに至るまで全く息つく暇が無い、灼熱の時を過ごしました。

参加している時は時間の感覚が麻痺していてずっと終わらない時の中にいる様な気がしてたのだけど、もう終ってから一週間も経っています。なんだか不思議な気持です。

「音楽を通じて心の交流を」

よく聞く言葉ではあるけれど、それを実際に体現出来る場がどれほどあるのか・・・美山がその貴重な場所の一つであることは疑いありません。今回で3回目を迎えたこの音楽祭がこれからも続いていくことを強く望みます。

全ての参加者に感謝。
All the Best......
And see you next time!
[PR]
Commented by めだか at 2008-09-04 22:58 x
「その時の自分が何処にいるのか」を知るというのは,大切なことだと今更ながらに気づかされたよ。
そうか,それは常に意識しておかないといけないね。
今も変わらず頑張っているんだね。
Commented by onkichi-yu-chi at 2008-09-05 18:28
初心に帰って勉強出来る場所がある。
有難い事だね。
生涯勉強です。
Commented by つっき at 2008-09-06 09:26 x
美山音楽祭は第一回から第三回まで、それぞれ回でそれぞれのドラマがあり、それぞれ参加者にそれぞれの流れがあると思いました。私事だけど、僕は今回は何度も途中で帰りました。けど、それが自分の今回の非常に大切な流れだと思っています。それは、この音楽祭に対して情熱が無いと言うものではありません。自分なりに最良の関わりが出来て、とても充実しています。この音楽祭で繋がった感覚は、これからお互いに自分一人じゃない、心からの愛情をベースとした色々な物を抱えていかなければならない時が来ても、自分の原点を見つめる非常に大事な灯火となるものだと思います。グロンドーナにメール送ってみようよ。彼との、芸術的友情は形にして屈託無く伝えてあげるという事も、大事なんじゃないかなと最近思っている。勿論グロンドーナだけじゃなく…ケンゾさんや渡部さんや美山組の仲間達も。。
Commented by onkichi-yu-chi at 2008-09-08 21:17
>つっき
きみの音楽への情熱は今更疑う余地がないよw

グロンドーナ、この会を主催した渡部さん達、そして美山で出会った仲間達、みな忘れ難い仲間だと思ってます。またいつか交差する日が来るだろう。

あと、5日間この音楽祭に参加出来るという環境に恵まれた事、これは感謝しないとね。
by onkichi-yu-chi | 2008-09-04 10:24 | おんきち | Comments(4)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30