ギタリストたちの饗宴

d0077106_23494842.jpg荘村清志、福田進一、鈴木大介に大萩康司、マリア・エステル・グスマン。知ってる人は知っているクラシックギター界のビッグネーム。これだけでもあり得ない程の豪華メンバーなのに、トドメにjazzギターの巨匠渡辺香津美。

スターそろい踏みでソロから5重奏、たっぷり三時間半にも渡る大立ち回り。遅れて来た真夏の夜の夢ならぬ初秋の昼の夢。しかしどんな経緯で姫路まで来てこのドリームマッチを開催することになったのかが未だによく分かりません。

記録のためにプログラム残しときます。

program

一部

ボッケリーニ:序奏とファンダンゴ(福田&荘村&鈴木&大萩)
トゥリーナ:セビリア風幻想曲(大萩)
ファリャ:スペイン舞曲第一番(鈴木&大萩)
アルベニス:椰子の木陰(鈴木&大萩)
チマローザ:2つのソナタ(荘村)
ヴィヴァルディ:コンチェルトグロッソ(福田&鈴木&大萩)
デュアート:アメリカーナ(福田&荘村&鈴木&大萩)

二部  渡辺香津美 オン・ステージ

マイルス:マイルストーンズ
ジャンゴ:ヌアージュ&マイナースイング
月の砂漠(だったよね)
渡辺香津美:血の逃亡
渡辺香津美:イベリコのホニャララ(忘れた)
禁じられた遊び(ゲスト福田進一)

三部

アルベニス:アストリアス(グスマン)
ブローウェル:ミクロピエサス(福田&大萩)
マラツ:セラナータ・エスパニョーラ(鈴木)
プーランク:エディット・ピアフ讃歌/シューベルト讃歌(荘村&グスマン)
ブローウェル:舞踏礼賛(福田)
武満徹:不良少年(福田&グスマン&荘村)
ディアンス:ハムサ(福田&荘村&鈴木&大萩)

アンコール

ヴィラロボス:ブラジル風バッハ5番よりアリア


正直行くかどうか直前まで悩んでました。この中の誰かのソロコンサートなら即予約してたと思います。これだけのメンバーが集ると逆にピントがボケてしまうんじゃないかという不安があったのですが、すっかり杞憂に終りました。3時間半に渡る長丁場を最後まで飽きる事なく聞かせたのは流石としか言いようがないです。

皆数々の大舞台を経験している強者ばかり。物腰は柔らかくても、大きな会場と満員の客を圧倒する雰囲気を醸し出していたのが印象的でした。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2007-09-29 23:00 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31