ハチクロ

  

ほっといたら一週間も放置プレイの罠。少しずつでも書く習慣をつけていこう。

ハチミツとクローバー(映画)

 最近見た映画の中ではかなり良かった。まずキャストがうまくハマってる、それぞれがキャラクターの特徴をうまく捉えていて、これはキャスティングした人が素晴らしい。

 ロケの場所もいい。みんなが下宿していたアパートが特に気に入りました。ボロボロできったないんだけど、存在感のあるあのアパートはどこにあるんだろ?

 音楽も必要な場所でちょろっとだけ挿入されていて、またそれがうまくハマってる。言葉ではうまく表現できないような感情の微妙な変化をしっかりと捉えていて、これは巧いな誰だろ?と思っていたら菅野よう子さんでした。一番最後に使われていたスピッツの曲も涙もの。この映画の為に書いた曲だったのね。

 なによりも嬉しかったのはハチクロという作品をしっかりと終らせてくれたこと。迷走を続けている原作(8巻以降はなんか読む気が無くなってしまった。)に対して本来あり得るべきエンディングをしっかりと提示してくれた気がする。

 全体的にシリアスでコメディ的な要素は多少カットされているものの、原作で表現したかったことをある意味原作以上に表現してくれた作品だと思います。何はなくとも時間と未来への希望に溢れていた大学時代を思い出して懐かしくなりました。
  
[PR]
Commented by つっき at 2006-09-10 02:10 x
あれは見にいこうか、悩んだけど、いかんかったわ。なんでやろ。イン京都シネマ。
by onkichi-yu-chi | 2006-08-12 21:57 | 雑記 | Comments(1)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31