Man Always Remember Love Because Of Romance Only

レッスンに行く前に思ったことをつらつらと・・・

華やかな「魔笛」の変奏曲に比べて、やや感傷的、牧歌的な印象の有る曲。Introからして、さあこれから楽しい物語が始まりますよーという感じてはなく、じいさんが昔を懐かしみながら、「そうさ、昔はこんなことがあったんだが、さてなにから話そうかのう?」と孫に語りかけているようなイメージ。また、その後に続くThemeがとっても美しい。延々となり続けるDのペダルの上でメロディーが朗々と歌い、その後に続く後半の和声の変化も鮮やかで、このテーマは大好きですね。

6弦をDに変えるのは、ギターにとっては常套手段でわざわざ変調弦というのもなんですが、5弦のA、4弦のDと共鳴する弦が多く、6弦Dのベース音の上でメロディーを歌うと、実際の音程以上の幅、深さを感じるのでとっても気持がいい反面、演奏が重くなる、しつこくなる、共鳴する弦が多く消音が面倒等・・・まあ、とりあえずあまりねちっこくならないように注意は必要かなと思います。あとMarlboroじゃなくてMalborough。

さて実際のレッスンで金谷師匠に言われたことを簡単にまとめると、

Intro Andante largo

次のThemeがAllegrettoなので、対比をだすためにももう少し遅く。出だしは自由に(それこそ独白みたいにしてもいいか)、終盤のAのペダル上で上昇して行く音型は素直に(自然に)アゴーギクを変化させる(どうしても突っ込み気味になりがちで、ちょっと怖い所です、バランスって難しい)

Theme   Allegretto

きれいに弾けてるらしい、ただ鳴りっぱなしの低音は新しいフレーズに入る前にしっかり消すこと。終盤D7への進行は慎重に。

Var.1

(スピードを早くということではなく)推進力を持つこと。後半部冒頭のアルペジオ部分、アルペジオに気を取られず、A→Dのメロディーを6/8のリズムに乗せて軽快に表現すること。

Var.2 Andantino mineur

やはり消音を注意される。最高音Dの前に下に溜まった澱んだ音を取り除くこと。最後の4小節、分厚い和音のテンションとその後の高音とのコントラストを有効利用。

Var.3 Tempo primo majeur

一番派手な変奏。出だしのテンポに戻ると考えると思っていたよりはかなり早くなる。オクターブの運指についての考察、歯切れ良く弾くのはなかなか難しい。

レッスンのテープを聴きながら書いてますが、師匠の音が毛筆ならこっちの音は太さの変らないマジックのように聞こえる・・・タッチのスピードの問題もあるんだろうけど、それだけでもないだろうと思う。なかなか壁は厚い、挑みがいあります。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2006-07-31 00:30 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30