成長の物語の共有

最近、吹奏楽がらみのあまり気分の良くない記事を見たばっかりなのですが、タイムリーというかなんというか教え子と元教え子の中学生が出場してる吹奏楽コンクールの予選があったので観戦に。

おそらく中学から吹奏楽を始める子がほとんどだろうから、先生の熱意と指導力の差がそのままバンドとしての練度の差になるのだろうと思われる。先生も責任重大だわ。それが行き過ぎて閉鎖的になってしまったり独裁的になってしまうという指摘も分からないではないけどそれは吹奏楽に限った話じゃない。一つの事に打ち込ませるのも大切な事だし、それ以外の世界に目を向けさせるのも大切な事。でもそれには経験と多くの人の手助けがいると思う。

ギターのレッスン中に自分はあんまり器用じゃないってこぼしてる生徒さんはなんだかんだでバンドの中で自分の居場所をしっかり作ってるみたいで安心した。これからさらに成長して行くと思うと楽しみ。

ニ年前に中学入学と同時にギター教室を辞めてしまった生徒さんは今日が中学生で最後の大会。バンドでの演奏を聴くのは初めてだったけどしっかりと音楽に向き合っていたみたいで、驚く様な成長を見せてくれて胸が震えるほど感動しました。

成長する姿というのはこんなにも人の心を打つんだなあ…
色々言われているけど、吹奏楽に打ち込む青春も悪くないんじゃない?と思いましたよ。

d0077106_1424108.jpg

あんまり良かったのでついCDを買ってしまった。全部のバンドの曲が入ってるのかと思ったら一枚に一校のみ、しかも1500円!!思い出をすぐさま商売に変換するそのフットワークの軽さは見習わないといけないですね。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2014-07-31 14:24 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31