吉田裕文ピアノリサイタル ピアノの魔術師リストを弾く

d0077106_2194280.jpg

最近、自分の演奏情報じゃなくて人の演奏聞いた感想ばっかり載せてます。
このままではいけませんね…

それはさておきピアニスト吉田裕文さんのコンサートを聞きに姫路のキャスパホールまで行ってきました。


当日のプログラム

ハンガリー狂詩曲 第10番「前奏曲」
ラ・カンパネラ
コンソレーション第3番
ハンガリー狂詩曲 第2番

二つの伝説
 小鳥に説教をするアッシジの聖フランチェスコ
 波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ
愛の夢 第3番
ます
献呈


今年はリスト生誕200年という区切りの年ということもありプログラムはオールリスト。
リストイヤーの締めくくりに相応しいプログラムになっています。

吉田さんの独奏の演奏を初めて聴いたのは東高60周年記念コンサートの時で、その時はハンガリー狂詩曲 第2番と愛の夢を弾かれていました。あと毎年パルナソスで行なわれている上田晴子ピアノスクールでもリストの曲を何曲か弾かれており、リストイヤーということを除いてもこの作曲家には何か特別の思い入れがあるんだろうなと思いました。
色々な機会で聞いた事のある曲が並んでいましたが、ソロリサイタルという一人での舞台を聞くのは今回が初めて。どのような舞台を作るのかとても楽しみにしていました。

舞台上の吉田さんは非常に余裕がある様に感じられました。リストの音の洪水に飲み込まれる事無く、鮮やかに音をコントロールしている様に見えます。コンサートに向けて研ぎすまされていた成果か、音がいつにも増してカッコ良かったです。一緒に並ぶと分かるのですが吉田さんはものすごいガッチリした体格をしていて打鍵が非常に力強い、でも粗いということはなく音の中に力強さと品の良さがバランスよく備わっている感じです。キラキラとした輝かしい音が会場に振りまかれていました。

ご本人は最近になってようやく技術的な問題に振り回されずに音楽に取り組める様になってきたと仰っていました、この辺りは長年上田晴子氏に師事を受けてきた成果が上がっているのでしょうね。こういう言い方をするのはなんですけど聞くたびに安定感が増して上手くなっておられる気がします。年齢を重ねる度に新しい発見を積み重ねて道を進んでいく姿というのは見ていてとても励みになります。

プログラムは前半が特に面白く聞けました。後半も良かったのですが、あまりにキレイなタイプの曲が並んでしまったのでちょっとうとうとしてしまいました…申し訳ない。アンコールに弾いた魔王みたいな曲が途中に入ってたらアクセントになって良かったかなと思いました。

しかしピアニストの薬指と小指はスゴいな〜あれ見てたらギタリストの指の鍛え方はまだまだ足らないですね、
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2011-12-14 02:18 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31