DREI TENTOS

d0077106_0375273.jpg

ヘルダーリンによる三つの断章 三つのテントスの楽譜。

机の上に置かれているのはリュートと楽譜?そして切断された一本の腕。
30代で狂気に陥り、塔に幽閉されたヘルダーリンを暗示してるのかな。

この曲を初めて聴いたのはNaxosのJeffrey Mcfadden のCDでした。
硬質、金属的な響きの中に浮かび上がる病的かつ官能的な歌。
一発でファンになりました。
こういうタイプの曲、ギターにはあまりないんですよね。

7/10に美山ギター音楽祭を共にした仲間たちとコンサートを開きますが、
その中で演奏させて頂くのがこの「三つのテントス」です。


Summer Concert 〜 美山音楽祭で出会った仲間達

7/10(日)14:00開場 14:30開演
会場:大野ホール
阪急宝塚線「服部駅」下車
線路沿いを宝塚方面に徒歩三分
入場料 500円

チケットはありません。当日受付にてお支払い下さい。

プログラム

ソル/モルソー・ドゥ・コンソール
タレガ/アルハンブラの思い出
ブリテン/ノクターナル
バッハ/BWV1001
ジスモンチ/水とワイン




500円の入場料で色んなタイプのギタリストの演奏を堪能出来る大変お得なコンサートです。是非皆様のご来場をお待ちしております。


この楽譜にはギターソロの「三つのテントス」と歌とのアンサンブル物、「三つのヘルダーリンの断章」が含まれてます。この歌もまた絶品です。いつか歌の方と一緒に完全版を演奏してみたいものです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2011-07-09 00:49 | おんきち | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30