ファンタジア 終演

d0077106_750754.jpg

当日は写真を撮れなかったので竹田さんのブログから写真をお借りしてます。

ギターとピアノのための「ファンタジア」終了しました。
足下の悪い中多数のご来場ありがとうございました。

ピアノとの合わせという事で今回はアンプを使っての演奏ということになり、ギター本来の響きを楽しんでもらえたかという不安はありました。音量ではなんとかピアノとのバランスを取る事は出来たかな、と思います、しかし微妙なニュアンスの表現はどうしても犠牲になるし。改めてピアノのパワーには驚かされますね…

今回はあまり演奏機会のない邦人作品が中心のプログラムになりました。おそらくご来場された方のほとんどがご存知ではないプログラムだったんじゃないかなと思います。演奏する方はなかなか面白かったのですが、聴いてくれた方はどうだったのかな? プログラミングは改めて難しいなと思いました。一度くらい誰もが聴いた事のある曲だけでのコンサートをやってみたいなと思います。それが一番難しいんですけどね(笑)

共演した竹田さん、当日手伝ってくださったみなさんとご来場くださった皆様に改めて感謝です。
[PR]
Commented by ほら吹き at 2011-05-04 19:03 x
こんにちは

 あまり生では聴くことのないピアノとギターの組み合わせでとても楽しめました。
 掛け合いの妙や変化にとんだリズムも良かったですが、それ以上に感じたのが両者の音色の違いです。
 ピアノの音は、水とか 光、風・・とか、自然的なところに近づこうとしているのか~より純粋で侵さざるもの?~
 一方ギターの音色は、より人間的で混沌としたもののような~心の内なる想い?~、と言うか、、、

 ごめんなさい、良い喩えが出てきませんがそんな風に感じました。
Commented by onkichi-yu-chi at 2011-05-08 16:20
>ほら吹きさん

ご来場ありがとうございました。
ピアノとギターは発音のシステムは良く似てますけど、やっぱり個性の違う楽器ですよね。

音量はピアノの方が大きいけど、時々ギターの音の方が重くなるな〜と感じる時がありました。ギターの方がより人間臭い楽器なのかもしれないですねw

素敵な感想ありがとうございます。
by onkichi-yu-chi | 2011-04-24 07:49 | おんきち | Comments(2)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31