金谷幸三 ルネサンスアルトギターライブ

d0077106_845611.jpg


金谷幸三さんのライブが神戸のロッコーマンホールで開催されます。

開演は14:30
入場料は2000円

とのことです。

日本、いや世界的に見ても珍しい11弦のルネサンスアルトギターの使い手。

11弦アルトギターは単純に弦の本数が増えたという様な物ではなく、普通のクラシックギターに慣れた者から見れば全く異なる楽器というイメージで、持ち替えには相当の苦労があったはずです。
以前のライブを伺った際には本人はまだまだ使いこなせていないと仰っていましたが、そんなことは微塵も感じさせない素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

特にドビュッシーやサティーの編曲は、単純にピアノ譜をギターに移し替えた様なものではなく
11弦の特性を活かした非常に効果的なものでした。

今回のライブはドビュッシーやサティー、バッハやパーセルなど鍵盤楽器からの編曲物が中心になるようです。お時間のある方は是非3/5(土)に神戸ロッコーマンを訪ねてみてください。
[PR]
Commented by ほら吹き at 2011-03-06 07:24 x
こんにちは

 『ルネサンス』アルトギターって、どんな楽器でしょう?
セルシェルとかの11弦アルトとは違うのかな?
聴きたかったです。
Commented by onkichi-yu-chi at 2011-03-08 06:35
>ほら吹き さん

それです。セルシェルの使ってるヤツです。
制作されたのは日本の方だったと思いますが、スゴく奇麗な音が出る楽器でした。
Commented by ほら吹き at 2011-03-08 21:57 x
 やはり、そうでしたか。
CDとかではありますが、生でも聴きたいものです。

 『ルネサンス・・・』は、調弦はルネサンスリュートと同じかな? でも、11弦(コース)だとバロックリュートに近いかなと思い、ルネサンス・・と呼ぶのは少し違和感があります。
~セルシェルのバッハのイメージが強烈だからかなぁ?~
Commented by onkichi-yu-chi at 2011-03-08 23:44
>ほら吹きさん

通奏低音の先生に習ってた時にルネサンスとバロックのリュートを見せてもらいましたが、イメージ的にはルネサンスの方が近かったですね。ルネサンスリュートは音が軽いのですが、バロックリュートは低い音が厚いイメージです。

セルシェルが11弦アルトで素晴らしいクオリティーのルネサンスアルバムを録音したみたいです。(不勉強ながらまだ聞いてないんですけど…)
by onkichi-yu-chi | 2011-02-28 08:03 | Concert information | Comments(4)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31