2010世界フィギュア選手権

トリノで行われた世界フィギュア選手権は見事浅田真央選手が優勝しました!
日本は男子の高橋選手、ジュニアの羽生選手、村上選手もそれぞれ表彰台の頂上に立つと言う個人種目を完全制覇するという快挙、層の厚さが際立ってます。

浅田選手も難解なプログラムといわれて賛否が分かれていたラフマニノフの「鐘」をほぼ完璧に滑り上げて見事に完成させました。



怒りや恐れといった負の感情、それに打ち勝つ力強さ、神々しさなど荘厳で重厚なこのプログラムは妖精の様に軽やかな浅田選手には似合わないと言われ続けながらも逃げ出す事なく挑戦を続け、シーズンの最後に完全にものにしましたね。乾坤一擲の出来・・・いや一か八かの乾坤一擲ではないですね、完全にコントロールしきっていました。素晴しい以外の言葉がありません、歴史に残る名プログラムだと思います。

しかし、この完璧に滑り上げたプログラムは何故かオリンピックよりも評価が低く、二回のジャンプミス、滑りの出来も全体的に低調だった決して本調子と言えないキムヨナよりも低くなってしまってました。これは一体どういう事?現在のフィギュアの採点システムは破綻していると言われても仕方ないでしょう、これは。

浅田選手は自分の成績に決していい訳はせず、採点への不満を口にする事はありません。どの大会でも目標はあくまでも「完璧に自分のプログラムを滑りきる事」と言いきり、そのために黙々と努力を積み重ね、世界の第一線で闘い続けています。アスリートの鑑です。ただそれは決して正当に評価されているとは言い難い。浅田選手は結果はあとから付いてくるといつも口にしていますが、こうも偏向したジャッジの中ではモチベーションを保つのは至難の業・・・何故、自分自身以外にジャッジとまで闘わなければいけないのでしょうか?

あれだけの会心の演技をして浅田選手としては珍しく氷上でガッツポーズ。
その笑顔がキス&クライで凍り付く様は見ていて痛々しかったです。

何も点を盛れとは言いませんが、頑張った選手が頑張った分だけ報われる様な採点システムになってほしいものだと切に願っております。



ユーロスポーツでの中継ですが、解説を聞いているとすかっとします、言いたい事を全て言ってくれています。以下のサイト様に翻訳があるので興味のある方は読んでみてください。

胸のすくような神解説

完璧だったと思われたトリプルアクセルも謎のダウングレード。
フィギュアの採点は難し過ぎる・・・客観的に判断出来ずに個人の主観で判断するしかないのなら採点競技としては破綻していると思うんだけどな。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2010-03-29 15:05 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31