北陸旅行の思い出 越前松島水族館3

まだまだ水族館の記録が続きます。

d0077106_6574311.jpg


腕にたかる無数のお魚たち。
これがピラニアやカンディルなら大惨事ですが勿論違います。
今、美容等で注目を浴びているドクターフィッシュです。皮膚の表面を突っついて角質等を食べてくれるのでお肌がすべすべになるとか。


どんな感触なのかと思ってビクビクしながら手を突っ込んだんですが、丁度携帯のヴァイブレーションのような振動が魚の口から伝わってくる様な感じでした。最初は気持悪かったのですが、慣れてくるとけっこう気持いいです。水から手を引き上げて触ってみるとなんだかお肌がすべすべになった様な気がします。これは効果ありかも・・・


子供も手を入れていましたが、子供よりも大人の方に寄っていくみたいです。やっぱり大人の肌の方が老廃物が多いということでしょうか、いっそのこと顔ごと突っ込んでみたいとも思ったのですが人目もあるので止めておきました。


最近は少しずつドクターフィッシュも流行ってきているようで各地の温泉施設やヒーリングの一環、果ては家で飼育もされているようです。でも結構なお値段がするみたいなのでここの入場料を考えたらここだけでも十分に元をとった気がします。あまりお客さんがいないのをいいことに10分以上手をつけっぱなしでしたw 
最後には角質が無くなったのかお腹がいっぱいになったのか、魚もだんだんと離れていきましたが。


d0077106_7141496.jpg


割と最近オープンしたという「海洋館」
なんか何処かで聞いた様な名前ですが・・・


d0077106_714456.jpg


ここの売りはアクリルガラス越しに上から水槽を眺めることが出来ることです。大丈夫だと思っていても最初踏み出すのはちょっと怖かった。


d0077106_7151237.jpg


イワシが巨大な渦を巻いています。


昔、スイミーってお話が教科書に載ってましたがあれは多分イワシですよね、突然変異で一匹だけ赤くなったイワシ。




あと一回くらい水族館のことを書きます。

そういえば


d0077106_7241819.jpg


この前載せたこの写真について彼女から補足説明を頂きました。

一匹だけ反対側に上がっているこのイルカ、どうやら勘違いしてこっちに上がっちゃったみたいです。他の二匹は正面のステージにあがっているのに自信満々に反対側に上がってしかもポーズまでとってるらしい。

飼育員さんが「あいつ、ホンマにアホやな〜」といいながら反対側のステージに走っていったとか・・・なんでそんなに面白い情報を私は聞き逃していたんでしょう?
あまりにも堂々とやっているので間違えてるなんて欠片も思ってなかったですよ( ゚д゚)ポカーン


このイルカはかなりの天然さんのようです。
[PR]
by onkichi-yu-chi | 2009-10-22 06:56 | 雑記 | Comments(0)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31