北野異人館

神戸旅行の二日目は北野の異人館を見て回りました。

三ノ宮駅から北に急勾配の坂を上りながら目的地を目指します。
これはいい運動になる、というかはっきり言ってキツかった。

しかしこの急勾配の坂を自転車で平然と登る強者もちらほら。
日本からツールドフランスの覇者が出るとしたら神戸の北野から出るやもしれん、等と考えながらもくもくと坂道を登ります。

d0077106_1749984.jpg


公開異人館 ”本家” オランダ館!
(但しこの日は休み)

豪華なドレスが飾ってあり、公開日にはドレスに着替えて記念撮影も出来るようです。


d0077106_1756536.jpg


続いて訪問したのはオーストリア館
オーストリアといえば勿論・・・


d0077106_17582342.jpg


モーツァルトですね〜
この部屋はモーツァルトの寝室を再現した模様です。
思ったより簡素な住まいだったんだな。
この部屋で次々と傑作を産み出していたのかな。


d0077106_1801835.jpg


モーツァルトの楽譜のコピーです。
装飾的で華やかな楽譜だな〜。

ベートーベンの楽譜に比べたら断然綺麗で読みやすい楽譜ですね。
手書き譜にはその人の個性が滲みますね。


d0077106_1863181.jpg


続いてオランダ館、こっちが分家になるのでしょうか?


d0077106_187329.jpg


中ではオランダの民族衣装を着ての写真撮影をしたり世界で一つだけのオリジナルの香水を作製したり出来ます。館内は香水の薫りが充満していました。


d0077106_1895411.jpg


屋外にポツンと置かれた黄色いポスト。
これは自動販売機のルーツらしい。フランス製です。

何が売られていたのかが気になるところ。
[PR]
Commented by 古代エジプト人 at 2009-08-23 18:57 x
最初の自動販売機といわれているのは紀元前215年頃、古代エジプトの神殿に置かれた聖水(いけにえの水)の自販装置である。てこの原理を応用し、投入された5ドラクマ硬貨の重みで内部の受け皿が傾き、その傾きが元に戻るまで弁が開いて蛇口から水が出る。これの記述図解はアレクサンドリアのヘロン著『気体装置(Pneumatika)』にあるが、だれが発明したかは不明である。

日本では、俵谷高七が1888年に発明して内国勧業博覧会に出品された煙草自動販売機が最初であるとされている。特許の申請という観点では俵谷に先んじること9ヶ月前、小野秀三が後に特許第848号が与えられる「自動販売器」を申請しているが、俵谷が1904年に発明した「自働郵便切手葉書売下機」が現存する日本最古の自動販売機とされ逓信総合博物館に所蔵されていることもあり、また前述の煙草自動販売機が博覧会に出品されたことから日本最初の自動販売機発明者としては俵谷の名前が広く知られている。

と言う事は、聖水か? なかなか面白い。。。
Commented by 古代エジプト人 at 2009-08-23 19:12 x
http://www.ohmsha.co.jp/robocon/magazine/no057/no57PDF/57_100_hajimete-seigyo.pdf#search='アレクサンドリア%20ヘロン%20自動販売機'

↑おもしろい
Commented by onkichi-yu-chi at 2009-08-24 22:39
古代エジプト人さん

紀元前から自販機あったんですね。
しかも聖水の自動販売機とは・・・

日本でも19世紀末期に開発されてたってことはこの写真のヤツとそんなに時期が変らないですね。
日本もスゴいな。
by onkichi-yu-chi | 2009-08-22 17:41 | 雑記 | Comments(3)

姫路のギタリスト渡辺悠也のblog


by onkichi-yu-chi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31